元々、自分勝手で粗暴でうまく生きられない人間がいる。人の言うことは一切聞かず、無理に押さえ付けると激しく怒りを吐き出して暴れる人間がいる。

他人に指図されるのが心底嫌いで、しかも自分以外の人間を人間とも思わない。そのため、平気で暴力をふるい、暴言を吐き、裏切り、足蹴にする。約束も守らない。気に入らないとすぐに相手を恫喝する。

態度も悪く、口の利き方も横柄で、わざと相手を怒らせたり、物を壊したりする。世の中には、そのようなタイプの人間が一定数どこの国にも存在する。

こうした人間は表側の「組織」に馴染めないので、早い段階でドロップアウトしていく。表社会には、彼らの居場所はどこにもない。まったく共生できないのである。

表社会にいられないのであれば、裏社会にいくしかない。

ここで言う裏社会というのは、もちろんギャングだとか、暴力団だとか、マフィアだとか、そのような「組織」が支配する世界である。

ところで、こうした裏側の「組織」にも上下関係もある。

課される仕事もあれば、守らなければならないルールもある。自分勝手で粗暴で平気で他人を裏切る人間を、こうした裏社会の組織はどのようにしてまとめているのか。


なぜ、こういった極端なシステムが必要だったのか


暴力的で、横柄で、人を人と思わない人間たちを、裏社会の組織は大量に吸収する。表社会の「組織」に馴染まない人間を、裏社会の「組織」はどんどん飲み込んでいく。

いったい、表と裏では何が違うのか。人間関係の構築ができないはずの人間を、裏の「組織」ではどうやって、組織に馴染ませたのか。

それは、「裏切れば死ぬ」という究極のルールによって、組織に従わせている。明確な上下関係とルールを課し、意図的に裏切れば殺し、ルールを破れば制裁する。

それによって「組織」に馴染まない人間を組織に馴染ませているのである。

こうした裏社会の組織は、だいたい「一度入ると抜けられない」世界となっている。また、表社会以上に結束を大切にし、上下関係も非常に厳しく、人間関係をガチガチに拘束する。

すべて、「裏切れば殺す」という厳格なルールの元でそれは行われる。

組織を裏切ったら殺す。裏切らないように、最初から独特の刺青を入れさせることもある。そうすれば途中で改心しても、その独特の刺青のせいで表社会に戻ることができない。組織以外に受け入れてくれる場所がないように仕向ける。

なぜ、こういった極端なシステムが必要なのか。

それは、基本的に彼らが勝手に人間関係を断ち切る気質があるからだ。本来は組織活動に向いていない人間を無理やり組織化するために考えられたのがこのシステムなのである。

基本的に、裏切る気質を持った人間たちの集まりなので、彼らは、個人の意志など最初から重視していない。裏切る前提で「裏切れば殺す」というルールを課している。

裏社会は「必要なときには人間はすぐに裏切り、自分の都合で関係を切ってくる」と達観していることが分かる。




南米で有名なギャング組織マラ・サルヴァトルチャ。アメリカにも進出している。

裏社会の組織が「淘汰」の仕事を請け負っていた


では、この裏社会の厳格なるルールにも馴染めないほど自分勝手な人間はどうなるのか。

そもそも、そんな人間はいるのか。

もちろん、いる。世の中は死の恐怖でもってしても組織に馴染めない極度の自己中心的性格の人間がいる。そういった人間はどうなるのか。

一言で言うと、「淘汰」される。

裏社会では「組織を裏切った者は死ぬ」というルールが徹底されているのだから、見せしめに殺されるのが、このタイプの人間になる。

どこにも馴染めない者は、もはや社会で生きていくことは不可能なのだから、遅かれ早かれ「淘汰」されることになるのは必然なのだ。

ちなみに一匹狼は、やや特殊だ。

一匹狼は表か裏のどちらかの社会にきちんと馴染むことができており、その上で必要に応じて社会と孤立を行き来しているので、どちらも弾かれて行き場を失った人間ではない。

どちらからも距離を置いて生きているだけで、排除されているわけではないのである。

「淘汰」されるのは、表社会でも受け入れられず、裏社会でも自己中心的性格ゆえに裏切ってしまう人間である。「淘汰」とは文字通り殺されることである。

表にも裏にも居られないのだから、社会から完全に消される。幸か不幸か、凶悪犯罪を起こして刑務所に長期間隔離されることもあるが、それも社会的に言えば抹殺されたのと同じようなものだろう。

このように考えると、人間社会でもそこに順応できない人間を「淘汰」しながら成り立たせている社会であるというのが分かるはずだ。

裏社会の組織が「淘汰」の仕事を請け負っていた。

なかなか気付かないことだが、社会の「異物排除」はそのようにして自然に回っている。









こうしたギャング集団の独特の刺青は、途中で改心してもその独特の刺青のせいで表社会に戻ることができない効果がある。組織以外に受け入れてくれる場所がないように仕向ける。



〓 関連記事