ブラックアジアでは2015年から「ブラックアジア・イン・ジャパン」として、日本の風俗の中心となっているデリヘルを取り巻く状況や、デリヘル嬢と実際に会って話を聞いたり関わったりした記事をたくさん書いてきました。

この中から、実際にデリヘル嬢が自らを語っている内容の部分を抽出して一冊の電子書籍としてまとめ、『デリヘル嬢と会う 〜彼女は、あなたのよく知っている人かも知れない〜』と題してアマゾン・キンドルにて刊行しました。

アマゾンのページはこちらです。
デリヘル嬢と会う

日本の風俗に関しては、私自身はこの「ブラックアジア・イン・ジャパン」を始めるまでまったく何も知らなかったので、実際に彼女たちと関わるまでどんな世界が待っているのかまったく分かりませんでした。

私自身は自分の好みや関心が東南アジアの女性たちに偏っているので、日本の女性たちとはうまく関わりを持てないのではないかと恐れている面もありました。

日本の真夜中の世界がどうなっているのか、デリヘルというのはどんな世界なのか、そもそもどうやって女性を呼べばいいのか、それすらも分かりませんでした。

そんな中から現在までに手さぐりで30人以上の日本女性に会ってきたのですが、そこから22名の女性を取り上げたのが本書です。かなり濃い内容に仕上がっていると思います。


デリヘル嬢と会う』ダウンロード先


デリヘル嬢と会う
 彼女は、あなたのよく知っている人かも知れない




本書で取り上げた女性たち

・デリヘルの女
・中卒であることを気に病む
・援助交際から風俗
・太客(ふときゃく)
・パネマジの女性
・鬱病の母、兄の性的な問題行動
・美しき高級デリヘル嬢
・「熟女」
・巨大な鯉を背負った女
・身長180センチの女
・金銭感覚
・普通の主婦を抱く
・「聖水しようよ」
・外国人の男を相手
・誰が彼女を風俗に堕としたか
・フェラチオができない
・臨月の風俗嬢
・超熟女
・OLデリヘル嬢
・本指名トップの女
・転々虫


そんな私が日本女性に関心を持つようになりました


ブラックアジアは東南アジアや南アジアの女性たちにどっぷりと浸っているサイトだったのですが、それなのに日本の風俗や日本の女性のことを取り上げるようになったのは、もちろん大きな理由が存在します。

それは、いよいよ日本の女性にも「貧困が忍び寄るようになっている」ことを感じるからです。

独身女性の3人に1人が貧困であるとか、年収が200万以下の女性も珍しくなくなったとか、ブラック企業にいいようにこき使われて過労死や自殺に追い込まれたという暗いニュースが日本を覆い尽くすようになっています。

こうした中で、普通の女性がセックス産業に流れるようになっている現実が出てきています。つまり、貧困で女性がセックス産業に堕ちるようになってきているのです。

これは、まさに私が東南アジアで見てきた光景とまったく同じものであったわけです。

東南アジアで起きていた「貧困からセックス産業へ」という流れが、日本女性もなぞるようになったというのが私にとっては大きな関心となりました。

だから、私は「日本で起きていることを実際に知りたい」と思うようになり、自分なりの方法で女性とコンタクトを取って会うようになっていきました。

本書『デリヘル嬢と会う 〜彼女は、あなたのよく知っている人かも知れない〜』は、その過程で生まれたものです。日本の社会の裏側で女性に何が起きているのかを、ひとつひとつ拾って書いています。

東南アジアの売春地帯に浸りきっていた私が、日本女性に関わるということに違和感を感じる読者もいます。

しかし、私が日本女性に関わるようになったというのは、日本の社会がゆっくりと貧困を取り込んでいる証(あかし)でもあると考えてもいいのかもしれません。

私は貧困がもたらす社会的矛盾や、貧困が生み出す暴力や、貧困に堕ちた女性の地獄に深い関心を持つ人間です。そんな私が日本女性に関心を持つようになりました。

これは、最初の一歩です。是非とも読んで頂ければと思います。





このサイト『ブラックアジア』にも同じコンテンツが掲載されており、さらにそこから派生した大量の記事があります。もちろん東南アジアを含め、世界中で起きている地獄の惨状が剥き出しになって存在しております。

ご関心をお持ちの方は、こちらもよろしくお願いします。



ブラックアジアの登録はこちらから。



1年契約5,000円(システム登録時より365日間有効です)
1年限定で、自動更新機能はありません。