2017年7月3日、兵庫県で少し奇妙な事件が起きている。

無職の男が県迷惑防止条例違反で逮捕されたというものだが、警察に訴えたのが72歳になる父親、逮捕されたのが40歳になるその息子だった。

この40歳の息子は何をしたのか。父親の家に何度も何度も押しかけて毎回、数千円を要求するという「嫌がらせ」を行ったのだという。

実はここ10年間、この息子は定職に就かずにしばしば父親に金を借り続ける生活をしており、すでに父親は退職金から2000万円以上を息子に渡していた。

あまりにもたびたび息子が金をせびりにやってくるので、父親は困り果てて2017年4月に警察に相談、一度は警察が口頭でこの息子に注意を与えていた。

しかし、息子の「せびり癖」は治らず、その後も父親の家におしかけては数千円単位で金を毟り取りにやってきた。たまりかねた父親がとうとう警察に電話して逮捕してもらったという事件だった。

迷惑防止条例違反というのは、痴漢、押し売り、盗撮、スカウト、ピンクビラ等に当てはめられることが多いのだが、金をせびりにやってきた息子に適応するのは珍しい。

......