ロシア人とアメリカ人は、実はあまり仲が良くないことで知られているのだが、その理由は文化的な相違から来ていると言われている。

アメリカ人は誰とでも気軽に挨拶して知らない者同士でよく笑い合うのだが、ロシア人はまるっきり逆で用もないのに笑っている人間を見ると「馬鹿なのか?」と考える。

だからアメリカ人にしてみれば、挨拶してもまったく無表情で親愛の情を見せないロシア人が得体の知れない薄気味悪い民族に思えて反発を感じる。

一方でロシア人からしてみれば、友人でも知り合いでも何でもないのに、ニヤニヤと笑いながら馴れ馴れしく話しかけてくるアメリカ人に薄気味悪く感じて腹立たしく思う。

ロシア人が知らない人間に対して笑わないのは有名で、ウエイトレスも店員も客に愛想笑いすることはほとんどない。

仕事をしている時に笑うというのは、ロシア人からすると真面目に仕事に打ち込んでいないということを意味している。真剣に仕事をしている場面で笑みを浮かべるというのは、ロシア人の「常識」に反していることなのである。

実はこの傾向はウクライナ、ラトビア、ルーマニア、セルビア等の東欧の人々にも受け継がれていて、個人的な差異はあるとしても、文化的には「他人に笑みを向けない」のが普通になっている。


「仕事中に笑うのは不真面目だ」と思うロシア人


アメリカや日本や東南アジアの国々にとって、知らない人に笑みを浮かべるというのは親密さを示すものである。敵意がないことを表すものでもある。互いに笑みをかわすのは、言ってみれば「礼儀」でもあると考える。

ところがロシアにおいては、まったくそうではない。他人に用もなく笑みを向けるのは「正直ではない」「真剣ではない」ということになるので、ぶしつけなことなのだ。

場を明るくするために笑うというのも実に馬鹿げたことであり、そんな無駄なことをする人間は「不真面目極まりない人間にしか見えない」と思うのがロシア人だ。

もちろん、ロシア人も笑うこともあるのだが、笑う時は明確な理由がある時だけである。親しい人たちの間で、理由がある時だけ笑う。

ドイツ人もロシア人ほど極端ではないのだが、見知らぬ人にいちいち笑みを浮かべるというのは一般的ではない。

こうした文化的差異があるので、ロシア人と初めて接したアメリカ人はロシア人の態度に呆然とするし、理解できないし、場合によっては大きなショックを感じて拒絶反応を示す。

一方のロシア人もニヤニヤ笑うアメリカ人に拒絶反応を示し、互いに相手を「理由は分からないが何となく嫌いだ」と思うようになっていくのである。

「笑うのが常識だ」という文化と「笑わないのが常識だ」という文化がぶつかって、互いに拒絶反応を見せる。

そういった意味で、笑みを浮かべる文化圏にある日本人も、アメリカ人と同じようにロシア人の態度にカルチャーショックを受ける民族であると言えなくもない。

常識が違う。「笑み」の問題は分かりやすい常識の違いであり、これらの文化的な常識の差異は無数にある。

これは、日本から一歩出ると日本社会で培ってきた「常識」は何の役にも立たないということを意味する。




「絶対的に正しい常識」というのはあるのだろうか


そう考えると、ロシアに住むよりタイやインドネシアやカンボジアやベトナムと言った東南アジアの方が住みやすいし、分かりやすいと日本人は思う。

実際、これらの国には多くの日本人が住み着いている。しかし、こういったマイルドな文化の東南アジアですらも、住むとなると文化的摩擦から常識の衝突が引き起こされる。

海外に数ヶ月いた人は、それがどこであっても「常識」というのは一様ではないのだということに気付く。ところが変われば常識も変わる。

たとえば、タイ人は日本を愛してくれているが、ではタイに移住すると日本で暮らしていた延長で日本人がタイで暮らせるかというと、細かい常識がいちいち違って苦闘する。

時間に対する感覚も違うし、ゴミに対する感覚も違うし、清潔感に対する感覚も違うし、家族観も、生活観も、宗教観も、食習慣も、仕事観も、マナーも、交通ルールも、何もかも違っている。

「日本では雨が降ろうが風が吹こうが雪が積もろうが遅刻や欠勤は許されない」と言っても、タイでは土砂降りの大雨が降ったら遅刻や欠勤は文化的に許容されている。

タイ人からすると、土砂降りの大雨なのに身の危険や苦難を背負って時間までに会社に行かなければならない日本人の方が奇異に思っている。

奇異と言えば、日本は交通ルールを厳格に守り過ぎるのも理解されないかもしれない。

日本人は、まわりに人がいなくても車は赤信号で止まり、逆に車が走っていなくても人も赤信号で待つ。それで不意の事故を防止できるというのが日本人の発想だ。

しかしタイ人のみならず、ほとんどの国は自分が目視で危険がないと分かったら、赤信号を頑なに守るというのは愚かだと考える。

こうした文化の人たちから見ると、車が来ていないのに赤信号が青になるのを待つというのは、融通の利かない愚か者にしか見えないのである。

今、信じている常識も、10年経てば非常識に


では、「絶対的に正しい常識」というのはあるのだろうか。答えは言うまでもないが、そんなものはない。

常識というのは、その文化の中で培われてきた社会的な決まりである。その社会が「それが正しい」と考えるのであれば、それは他国の常識と違っていたとしても、その文化圏の中ではそれが正しいことになる。

だから、日本人の感覚や常識が唯一絶対ではないし、逆に欧米や東南アジアの常識が唯一絶対のものでもない。自分が守っている常識がいつも正しいのだと思うのは愚かだ。

世の中にはまったく違う常識が存在するのである。

そもそも同じ日本であっても北と南では生活習慣が違うし、生活習慣が違えば常識も違って当然だ。

東京では知らない子供にハイタッチを求めたら変質者と思われるが、沖縄では知らない子供とハイタッチするのは日常の光景になっているという。

東京ではエスカレーターは左に寄って立つが、大阪では右に寄って立つのが普通だ。間違えて立っていると、「常識を知らない奴だ」と睨まれることになる。

東京では「自分、我(われ)」は、まさに自分自身のことを指す言葉だが、大阪では相手を指しながら「自分、我(ワレ)」と呼ぶ。まるっきり逆転しているのだが、地域によって言葉まで逆転することすらもある。

国の中でもそんな状況だから、国が違えば本当は何もかも違っていると思った方がいい。

私たちが守らなければならないと思っている常識や、当たり前と思っている常識は、一歩国を出たらまるっきり役に立たないものになる。

どちらが正しいとか間違っているというのはない。ただ単にそれは違っているのだ。常識がまったく違っており、違った文化の中で生きている人たちがいるのだ。

こうした差異を面白いと思うかどうか、柔軟に受け入れられるかどうかで住める場所も決まってくるのかもしれない。あなたは、違いをどこまで受け入れられるだろうか……。



「日本では雨が降ろうが風が吹こうが雪が積もろうが遅刻や欠勤は許されない」と言っても、タイでは土砂降りの大雨が降ったら遅刻や欠勤は文化的に許容されている。


タイ人からすると、土砂降りの大雨なのに身の危険や苦難を背負って時間までに会社に行かなければならない日本人の方が奇異に思っている。



〓 関連記事