中東では、イスラムのスンニ派とシーア派が骨肉の争いを繰り広げている。スンニ派がイスラムの主流であり、その最大勢力はサウジアラビアである。

一方、シーア派はイランで強固に根付いており、その勢力をじわじわと広げていこうとしてスンニ派と激しい衝突を繰り広げている。

どちらもイスラム社会の中で支配権を獲得しようとしており、暴力で相手をねじ伏せようとしている。

中東が結束できないのは、このスンニ派とシーア派の衝突が解消できないからである。一方が主導権を主張すると、もう一方が必ず反発する。だから、中東は常に波乱含みと化す。

こうした二大勢力の争いは、中東の各地域にしばしば代理戦争を引き起こす。現在、悲惨な状況になっているのは、アラビア半島の南端に位置するイエメンである。

イエメンは34年にも渡ってアリー・アブドッラー・サーレハが独裁していた国だが、2011年のアラブの春の中でアブド・ラッボ・マンスール・ハーディーに大統領権を委譲した。

ところが、サーレハは突如として大統領権委譲の交渉を打ち切って、自分が継続して権力を掌握することを宣言した。その背景にはシーア派イランの支援があったと言われている。


イスラムの暴力集団がイエメンに結集してしまった


ここにサーレハ支持者とハーディー支持者との間で内戦が勃発し、イエメンは混乱状態になった。

この混乱を支配権の拡大と捉えたイランが内戦に介入してサーレハを支援すると、シーア派の影響力が広がるのを恐れたサウジアラビアも介入してハーディー派を支持することになった。

イエメンは一瞬にしてスンニ派とシーア派の代理戦争の場となって、戦いは終息しなくなった。

この混乱の中で、イエメンのそれぞれの部族が利害で有利な側に付いて戦い、さらにイエメンに存在していた過激イスラム集団「フーシ」も権力掌握のためにサーレハ側に付いた。

そんな中で、ISIS(イスラム国)やアルカイダもイエメンに拠点を作るようになって、イエメンの暴力はイラクやシリアにも匹敵する凄まじいものと化した。

イスラムの暴力集団がまるで磁石に引き寄せられる金属のようにイエメンに結集したのである。

サーレハ派が勝利すれば、イエメンはイランの影響が強い国家が生まれてしまうことを危惧したサウジアラビアは、市民を巻き込んで空爆を繰り返している。

これによって、イエメンの主要都市は瓦礫の山と化した。

もともと、中東の最貧国であったイエメンは脆弱なインフラしかなかったのだが、このインフラも長引く内戦によって完全に破壊してしまい、人々は石器時代同様の生活を余儀なくされている。

主要都市間の道路は分断され、商業も農業も破綻したイエメンは国民全員が、飢餓と水不足に苦しむようになっている。

国際社会の反応も鈍い。世界各国は中東という「異次元」には最初から関心がない。まして自分たちに何の影響もないイエメンなど、国がどこにあるのかどころか、名前すらも聞いたことのない人も多い。

先進国各国の目は、石油を産出するイラクの動向には気を配るがイエメンはどうでもいい。かくして、イエメンは過酷な暴力の中で国際社会からも見捨てられるようになった。








もともと、中東の最貧国であったイエメンは脆弱なインフラしかなかったのだが、このインフラも長引く内戦によって完全に破壊してしまい、人々は石器時代同様の生活を余儀なくされている。

彼女は再び飢餓に陥ってしまう運命が待っている


国際社会から孤立し、激しい武力衝突の中で放置されたイエメンには水不足と食料危機が発生している。現在、イエメンでは約1410万人の人々が食料不足で苦しんでいる。

約1410万人と言えば、イエメンの人口の半分である。

いくら国連でも、これだけの人数に無償で食料を配布することはできない。そのため、体力のない子供と老人からバタバタと倒れて死んでいる。

さらにコレラ感染も拡大していく一方だ。

現在50万人近い人がコレラに感染しているのではないかと言われている。コレラが蔓延するのは、清潔な水が飲めないからである。(清潔な水がいつでも使える。それは日本人が気付かない幸せ

この食料不足と水不足で、イエメンの人々は極度な飢餓状態に陥っているのだが、食糧不足に苦しむ人々の中で700万人近くが飢餓寸前になっているのである。

飢餓寸前で死にかけている人たちの中で、WFP(国連世界食糧計画)が救助した中のひとりにはサイーダ・バヒリという18歳の女性がいた。

彼女はホデイダで保護されたのだが、18歳の彼女は病院に運ばれた時はもはや話すこともできず、ほとんど死の直前にまできていた。

体重は11キロ。もはや栄養失調というレベルを越えて、ほとんどミイラ化している状態だった。これで生きていた方が不思議なくらいだった。

彼女の重篤な状況を見て、医師はすぐに栄養治療を開始したが、これほどの飢餓の中にあれば臓器も損傷を受けている可能性が高く、彼女が助かるかどうかは分からなかった。

しかし、彼女は奇跡的に助かった。彼女は今でも充分に食べられるほどの体力は持っていないが、時間をかければ回復する可能性が高い。

しかし、深刻な現実がある。

彼女の父親は充分な収入を得ることができず、すべてが破壊されたイエメンに放り出されると、サイーダ・バヒリは再び飢餓に陥ってしまう運命が待っていることだ。

飢餓で助かっても、再び飢餓に陥るしかない。それが今のイエメンなのである。









深刻な飢餓からサバイバルしたサイーダ・バヒリ。しかし、彼女の父親は充分な収入を得ることができず、すべてが破壊されたイエメンに放り出されると、サイーダ・バヒリは再び飢餓に陥ってしまう運命が待っていることだ。飢餓で助かっても、再び飢餓に陥るしかない。



〓 関連記事