風俗産業は裏ビジネスなのだが、実は表社会の人たちが想像する以上に超巨大産業である。最近のデータでは、風俗業界の市場規模は5兆7000億円となっている。

これは、出版業界よりも、新聞業界よりも、人材派遣業界よりも、宅急便業界よりも、タクシー業界よりも、ホテル業界よりも巨大な市場なのだ。

しかし、これだけ巨大な産業であるというのに、まったく目立たない。なぜ、この産業が目立たないのかと言うと、男たちは誰も「風俗を利用している」と言わないし、そこで働く女性たちもまた「風俗で働いている」と言わないからだ。

セックスがそこに絡んでいる。

道徳を語っている表社会の人々にとって、それは後ろめたい不品行である。だから人はそれについて押し黙る。風俗で働く女性も、多くは自分が風俗嬢であることを言わない。

こうしたアンダーグラウンドに関わるという行為は、現代でも身近な人に知られたら、糾弾されるべき行為だからだ。そんな「性的な秘密」は、誰にも知られたくない。

そして、彼女たちは自分のやっていることを隠さなければならなくなる。その結果、どのような行動パターンを辿ることになるのか?

......