ブラックアジア in ジャパン
凄まじく激安のデリヘルが密集しているのは鶯谷が多いのだが、鶯谷は「安かろう悪かろう」の密集地でもある。

それでも30分で4000円もしないデリヘルもあったりするので、金はないが女を求めている男たちには一定の需要があって店はそれなりにやっていけている。

それにしても日本で約4000円で性サービスをする女性がいるというのは尋常ではない。これはタイの通貨で言うと1150バーツである。ゴーゴーバーのタイ女性は、もはやこの値段でペイバーを受ける女性はほとんどいない。

ストリート売春をする女性がこの値段で身体を売るが、タイの路上の女性たちと同じ値段で日本で性サービスをする女性たちが出てきているのだから、これはまぎれもなく価格破壊である。

彼女たちがいかに安い価格で身体を売っているのか分かる。ただし、こうしたデリヘルに「普通の女性」はほとんどいないというのは考えただけでも分かる。

30分で4000円だとすれば、これを店で折半したら女性に入るのは2000円でしかない。2000円で身体を売るというのは日本の物価で考えると絶対に割りが合わないというのが誰が考えても分かるはずだ。

しかし、2000円を手に入れるために身体を売る女性がいるのである。なぜか。

......