ブラックアジア in ジャパン
日本の風俗では普通では食べていけない多くの女性が流れ着くのだが、女性であれば誰でも風俗に面接すれば食べていけるわけではないのは確かだ。

見るからに容姿が劣ったり、太っていたり、老け込んでいたりすると、どれだけ面接に行っても受からない。門前払いだ。店も稼げない女性を置いておく余裕はない。

男たちが求めているのは「容姿が標準以上」の女性である。もし、仮にパネマジで騙して客を釣ったとしても、クレームがきて面倒な上にリピートもなくビジネスが続かない。

ところが、奇妙なデリヘルもある。

「デッドボール」という店はそんな奇妙な店の筆頭で、風俗業界ではカルト的な人気があるデリヘルである。何が奇妙なのかというと、この店は最初から「地雷専門店」と謳っており、自ら「レベルの低さ日本一」と堂々と告知している。

それは嘘でも偽りでもなく、本当に他店では絶対に受からない女性でも断らずに入店させており、容姿でどうしても受からない女性たちの「最後の砦」となっているのである。

デリヘルのメッカである鶯谷と池袋で営業しているのだが、このデリヘル店の看板になっている女性が「アボット」という源氏名の女性だ。

......