この世には光があれば闇もある。表もあれば裏もある。社会の表と裏の境界線は「昼」に生きているのか「夜」に生きているのかで分けられる。この相反する2つの世界はまるっきり違っている。

生き方も、考え方も、儲け方もまったく違う。

表では正しく生き、堅実に暮らし、人々に感謝されるような仕事をして儲ける。それが「真っ当な生き方」だ。しかし、アンダーグラウンドはおおよそ逆であると考えてもいい。

アンダーグラウンドの悪人たちは、ずる賢く生き、派手に暮らし、誰かを搾取するような仕事をして儲ける。

たとえばセックス産業だとかホストのようなビジネスは、「女性に稼がせてその上がりを毟り取る」というやり方で稼ぐ。つまりピンハネのビジネスである。

だから、アンダーグラウンドは「うまく搾取できる女はどこかにいないか、自分が支配できる女はどこかにいないか?」と血まなこになって探している。

血も涙もない悪人たちが求めるこうした女性は存在するのだろうか。もちろん存在する。「7つの問題」を持つ女性がアンダーグラウンドでは好まれている。それはどんな女性なのか。(鈴木傾城)

......