若い頃、何かの週刊紙で書いていた内容を覚えている。「アジア人は女の顔に夢中になり、アメリカ人は女の乳房に夢中になり、アフリカ人は女の尻に夢中になる」

この文章を読んだ当時、あまりにも人種をパターン化しすぎているので当たっていないと考えていた。アメリカ人も相当「面食い」だし、アフリカ人も胸ここだわる男も大勢いる。だから、それはステレオタイプだと思った。

しかし今になって、大きな傾向で見るとやはり民族や人種で女性にセックスアピールを感じる部位は違うのだろうと思うようになっていった。個別で見ると多種多様なのだが、大きく俯瞰すると確かに傾向がある。

一番分かりやすい例はブラジルだ。この国は本当にヒップが好きだ。女性の顔や乳房よりも圧倒的にヒップが強調される。

Tバックもブラジル発祥で、ビーチやリオのカーニバルではTバックだらけだ。ブンブン・ダンスもブラジルから来ている。最も美しいヒップを選ぶ「ブンブン・コンテスト」もこの国ならではのものである。

現在、ブラジルで最も美しいヒップを持つと言われ、2017年のブンブン・コンテストの優勝者となってブラジルを熱狂させているのはロジー・オリベイラという女性だ。28歳の女性なのだが、1700万人が彼女のヒップが最も美しいと評価した。(鈴木傾城)

......