ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆「自分が好かれているかどうか」を一発で知るFBI捜査官の方法 ◆生き方に問題があると18歳の少女のように生き埋めにされる ◆大勢の女性に子供を生ませても批判されない合法的な手段 ◆身体が変質し、異星人のような状態で見つかった売春女性
◆イラン女性は、いったいどんな美しさを隠し持っているのか? ◆塚越裕美子。高田馬場駅異臭事件の犯人の正体とその肉体 ◆カンボジアで、心優しいシンガポールの女性が殺されたこと ◆30ギガの昏睡レイプ動画流出。ジャスティン・リー209年の刑

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-03-22

インド。極度の混沌(マサラ)が生み出す至福のものとは?

2018年3月9日から11日までの3日間、インド・マハーラーシュトラ州のナグプールでヒンドゥー教徒保守派の文化保護のための会議が開催されていた。

そこで大きな警鐘が鳴らされていたことがある。

それは、小規模な共同体の中で話されている少数言語が話者の減少により次々と「絶滅」していることだ。最近のインドでは「英語」が爆発的に好まれる言語となっており、インドの少数言語はまったく顧みられることがなくなった。

そのため、このままではインドは英語とヒンドゥー語のみが影響力を持って、他の重要な言語、たとえばカンナダ語、マラヤラム語、タミル語、テルグ語までもが衰退していくのではないか、と危機が叫ばれている。

グローバル化がインド社会に入り込むことによって、人々はより話者の多い言語を覚え、話し、日常的に使うことになるのだが、その結果として話者の少ない言語はどんどん侵食されて話されなくなっていく。

インドでは「ヒンドゥー至上主義者」が「インド文化を守れ」と声を上げているのだが、表層的な部分だけでなくインド古来から話されてきた言語の保護にも目が向いている。

なぜか。言語が失われれば歴史の連続性が消えてしまい、過去と未来が分断されてしまうからである。そのため、どんなに少ない話者の言語であっても、それは大切なものだという意識を強烈に持つ人も存在する。(鈴木傾城)






2018-02-14

顔面を完全破壊するアシッド・アタックは日本でも広がる?

閲覧注意
私たちはインドやパキスタンで、女性たちがアシッド・アタックを受けていることを知っている。(酸攻撃。被害報道が女性をさらに危険に落とす地獄の悪循環

パキスタンのイスラム原理主義者は、イスラムの法を守らない女性や、自分の言うことを聞かない「生意気な女」には、アシッド・アタックでモノを分からせるという残虐な方法を取ってきた。

強酸で顔を焼かれた女性の顔は、もう二度と元に戻らない。

女性は、一生、顔面の損傷と、苦痛と、精神的なダメージに苦しみながら生きていかなければならない。だから、それは「見せしめ」として強い効果を得ることができる。

こうした犯罪は、インド圏だけでなく、イラン等の中東圏でも起きている。東南アジアではカンボジアでしばしば起きるので有名だ。

私、鈴木傾城がカンボジアに沈没していた2000年前後、タット・マリナ事件が起きていた。

私が「アシッド・アタック」という犯罪を知ったのは、これが最初だったので、大きな衝撃を受けたものだった。(バイオレンス。カンボジアに渦巻く暴力の裏に何があるのか






2017-07-30

地獄の社会で悲惨な末路の中で死んでいく女性を見つめよ

閲覧注意
インド圏では相変わらず女性の顔面に強酸を投げつける「アシッド・アタック」が止まらないのだが、最近はバングラデシュで売春する女性に酸を投げつける事件もあった。

なぜ売春する女性に酸を投げつけるのか。なぜ彼女たちは見知らぬ男に標的にされるのか。それは彼女たちが「不品行でみだらな女」だとして社会的に批判されているからだ。

売春する女性を愛する男もいるのだが、世の中のほとんどの人間は、昼間から公然と身体を売って歩いている女たちに対して激しい怒りや嫌悪を感じている。

そのため「こんな女たちには罰を与えるべきだ」と考える人間も一定数いる。特にバングラデシュのようなイスラム国家では、不品行に染まった女たちは神の名において排除される対象になりやすい。

男たちがしっかりと稼いで女性を守らないから、底辺の女性が売春に追いやられているという現状は考慮されることはない。女性は何があっても不道徳なことをしてはならないのだ。

だから、不特定多数の男たちに身体を売りながら生きながらえている女は不道徳の極みであり、「そんな女は破壊してしまえ、殺してしまえ」ということになり、アシッド・アタックのような犯罪が蔓延することになる。



 


2016-07-18

パキスタンの保守的風土を限界まで挑発して殺された女性

パキスタンは凄まじく保守的な国で、今もなお名誉殺人が横行していて、家族の名誉を穢したとされる女性は家族によって殺される。1年間に800人以上の女性、事故として処理された疑惑の事件も含めると数千件以上もの女性が、家族によって殺されるのである。

家族の名誉を穢したというのは、「妻が不倫した」とか「娘が結婚もしていないのに男と付き合っていた」とか「親が認めない相手と駆け落ちした」というものが多い。

しかし、中には「勝手に外出した」とか「色付きの派手な服を着た」とか「親や夫に反抗して言うことを聞かなくなった」というものもある。

殺害方法は様々だ。アシッド・アタックしたり、父親が剣で娘の首を切り落としたり、ガソリンをぶちまけて生きたまま焼き殺したりする。

斧で顔面を叩きのめされて、脳が見えるほどの損傷を負って生き残った女性もいる。(17歳の少女が、顔面を破壊されなければならない理由とは

縛り上げられ、顔面を破壊され、眼球を生きたまま潰された女性もいる。(浮気を疑われ、鼻と耳と舌を削がれ、眼球を潰された女性

パキスタンは女の地獄である。(パキスタンという女の地獄。この国で男に逆らったら命はない

そんな「女の地獄」で、2016年7月15日も、またひとりの女性が「名誉殺人」で殺された。彼女はどんな女性で、何をして殺されたのか?



 


2016-06-03

焼き殺された19歳の女性と、「妻を軽く殴ってもよい」法案

パキスタンで再び凄惨な事件が起きている。

2016年6月1日にパキスタン北東部の小さな村で私立学校の教師として勤めていた19歳のマリア・サダカットという女性が、男たちに集団で襲撃されて、最後にガソリンをかけられて生きたまま火を付けられて殺された。

彼女は身体の85%が焼けただれ、病院で苦しみながら死んでいったという。

何があったのか。

彼女は自分が勤める私立学校の校長の息子から一方的に求婚されていて、それを拒んでいた。その男は30代の後半であり、離婚歴もあった。19歳の彼女にはその男が結婚相手としては考えられなかったようだ。

しかし、あまりに執拗に求婚されるので、彼女は困り果てて教員を辞めた。

そこで、「プライド」を傷つけられた男はマリア・サダカットにやり場のない怒りを感じ、自分の手下に彼女の襲撃を命じ、男たちは集団で襲って彼女に火を付けたのだった。



 


2016-04-03

まるで火傷を負ってしまったかのような凄まじいアトピー

閲覧注意
歓楽街で絶対に勤まらない女性がいるとすれば、それは皮膚にトラブルを持った女性であると言われている。

皮膚にトラブルと言ってもその種類や程度は様々なのだが、皮膚のなめらかさを失わせる疾患はその見た目から避けられることが多い。

本来はそんな女性が歓楽街にいるはずがないと思うのだが、歓楽街はどんな女性でも存在する。皮膚にトラブルがある女性がいても何ら不思議ではない。

さすがにメラノーマ(悪性黒色腫)を発症した女性が売春地帯にいるはずがないと思う人もいるかもしれない。

しかし、そんな女性ですらも存在する。私はひとりのタイ女性が左乳房の上部にメラノーマを発症していながら売春ビジネスをしているのを目撃して驚いたことがある。

かと思えば、アシッド・アタックされて背中がケロイドになった女性が売春地帯にいるのも見たことがある。(売春地帯で、初めてアシッド・アタックされた女性を見た日

皮膚にトラブルがあるというのは、見た目からして男に衝撃を与えることが多く、そうした女性はなかなか歓楽街のような世界では生きていけない。

皮膚のトラブルはそのどれも容姿に影響するので大変だと思うが、中でも大変だと感じるのはアトピーの女性たちだ。



 


2016-02-06

ラクシュミ。アシッド・アタックされた女性の勇気と恋愛

インドではレシュマという女性がアシッド・アタックされて顔面破壊されている。

しかし彼女はそれにも負けず、ユーチューブで「レシュマによる美容のヒント」と題する動画で自分の顔を見せながら、インドで何が起きているのかを世界に知らしめた。(顔面破壊されてしまった女性が教える「美容のヒント」の真意

インドでは激しいレイプ事件が延々と続いている国だが、問題はレイプだけではなく、こうした女性への凄まじい虐待もあることだ。

インドの女性虐待は、インドにはカースト制度という身分制度が下地にあると言われている。身分の低い女性は人間扱いされていなかった。

そのため、身分の低い人々に対する虐待が横行する歴史が続いていたのである。つまり、「身分の低い人間は何をしてもいい」という意識が培われてきて、それが女性に対する暴力、虐待、レイプにつながっていた。

インドのカースト制度は今も残っている。欧米からの人権意識が徐々にインドでも浸透するようになり、都会から変わりつつあるのだが、それでもなお歴史にこびりついた汚点は消えることがない。



 


2015-11-27

浮気した夫を責めるのか、それとも相手の女を責めるのか

人間社会は一夫一婦制にも関わらず、人間の性は多数の相手を求める傾向がある。

そのために、結婚しても違う異性を求めたり、自然に配偶者以外の相手と深い関係になることも世の中には多々ある。これを「浮気」という。

浮気は決して珍しい現象でも稀な現象でもない。

日本ではコンドームメーカーが行った統計で、交際(結婚)相手以外に性的な行為を行うパートナーがいると回答したのは、男性で26.9%、女性で16.3%であると言われており、全体では21.3%が浮気をしていることが判明している。

ざっと言えば5組に1組は配偶者が浮気をしているということになる。

もっとも、こうした統計は本人の自己申告なので、実際には浮気をしているのにしていないと言う人もいれば、逆に見栄で浮気をしたことがあると言う人もいるので当てにならないと考える人も多い。そのため、数字の信憑性はあまり意味がない。

意味があるのは、人間社会で「浮気」という現象は珍しいものではなく、自分がその渦中にあったり、自分のまわりでそれが問題になることは必ず起きるということだ。

そして、浮気はたいてい自分の配偶者に気付かれる……。



 



お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら