ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆台湾のビンロウ売りをする女性たちの、あまりに刺激的な恰好 ◆危険なストリート売春をする女性が体験している7つの地獄 ◆「熟女」と呼ばれるカテゴリーでセックスの仕事をする女性 ◆トレイシー・ローズが未成年だったのは見抜けなかった?
◆海外のロリコンたちが「これはOKなのか」と驚いた女優 ◆堕ちた女性に襲いかかる危険な2つの「ヤミ」とは何か? ◆貧しい女性は弱肉強食の最も弱い部分だと男は知っている ◆クリフォード・オチェ。自国で大批判、他国で大絶賛の理由

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-09-22

貧困、格差、少子高齢化。危機が分かっていても避けられない

2017年9月15日、国連は2016年から世界の飢餓人口が再び増加していると報告している。現在、飢餓人口は約8億1500万人であると言われているのだが、これは全人口の約11%に当たる人口だ。

東南アジアでは飢餓人口が減っているのだが、南アジア、中東、アフリカ大陸では依然として飢餓人口が多いままで推移している。全人口の約11%が生存ギリギリなのだ。

この飢餓人口は、紛争・災害・世界経済の善し悪しですぐに1億人単位で変わってくる数字である。

たとえばリーマン・ショックの翌年である2009年は飢餓人口が10億人を突破していたが、この年は人口増加と天候不順に金融危機が重なって飢餓人口が拡大した年でもあった。

2009年の10億人という飢餓人口は最高水準だった。貧困国の飢えは絶望的なものがあるが、その飢餓が先進国の人口にも生まれていたのが特徴的だった。

先進国の人間が飢餓に陥るのは、もちろん貧困に落ちるからである。貧困に落ちる最大の原因は失業である。失業問題は世の中がグローバル化してより深刻化している。

単純に言えば、今まで先進国の労働者がやっていた単純労働などは、貧困国の労働者が安い価格でするので、先進国の労働者は仕事が見つからなくなってしまったのである。






2017-09-18

清潔な水がいつでも使える。それは日本人が気付かない幸せ

2015年からイエメンでは大統領戦を巡って、暫定大統領と前大統領が凄まじい殺し合いを繰り広げている。

互いに外国勢力を味方に付けて相手を支持する国民を殺し合っているのだが、このために国内の建物、道路、家屋、インフラのすべてが破壊されてしまい、文字通り瓦礫の山がイエメンに広がっている。

この中で12万4000人以上もの人々がコレラに感染し、ここ数ヶ月で1000人以上が死んでいく悲惨な有様となっている。死んでいく人たちの多くは子供たちである。

ところで、なぜこれほどまでコレラが蔓延することになったのか。それは「清潔な水が手に入らなくなった」からである。

コレラ菌は激しい下痢や嘔吐によって外部に排出されるのだが、このコレラ菌が汚水に混じって再び別の人に感染し、それが繰り返されて爆発的な蔓延となる。

汚水が飲料水に混じるというのは、要するにイエメンで危機的な水不足になった人たちが汚水をも飲んでいるということになる。

水道をひねったら清潔な水が出てくるわけではない。水が手に入らなければ汚水を飲んででも生き延びるしかない。しかし、それによってコレラの蔓延が止まらなくなっている。






2017-08-29

国の中の90%以上の女性が文字をまったく読めないとしたら?

ひとり当たりの年間所得が最も少ない国をIMFの2016年のデータから拾い上げると南スーダン、マラウイ、ブルンジ、中央アフリカ、マダガスカル、モザンビーク、ニジェール、ガンビア、リベリア、コンゴ……と続く。

ここで上げた国は、人が貧しいというよりも国そのものが極貧にあって、経済発展はなかなか厳しいものがある。

もうほとんど報道されなくなっているのだが、南スーダンでは国土の6割が戦乱地区と化しており、中央アフリカでもコンゴでも大量虐殺が続いている。

アジアでも、アフガニスタンやネパールは非常に貧しい地区であり、EU(欧州連合)には、アフガニスタン難民も大量に入り込んでいるのはあまり知られていない。

政府が脆弱な国は、貧困が蔓延している。戦争が吹き荒れる国もまた貧困が吹き荒れる。

その結果、多くの人たちから教育の機会が奪われる。

生きるか死ぬかの瀬戸際で、人々が安全な地区を目指してさまよい歩いているような地区で、あるいは教育を与える必要がないという声が支持される地区では、意図的に教育の機会が踏みにじられるのだ。

中でも、女性の教育が犠牲になることが多い。






2017-08-20

世界を揺るがす移民問題とは、つまり形を変えた貧困問題だ

かつて、ユダヤ人や、中国人や、インド人は、世界中あちこちを流浪する民族だと言われた。実際、これらの国民は、今でもあちこちの国を流浪し、居住している。

流浪と言えば、ヨーロッパで大きな問題になっているのがロマだが、かつてジプシーと呼ばれたこの民族も国境を無視してあちこち流浪して生きている。

大勢でやってきて勝手に適当な広場に居ついて、泥棒、売春、物乞いをビジネスとして行ったりするので地域社会からもひどく嫌われている。

現在、国をまたがった人の移動が大規模に起きている地域はEU(欧州連合)なのだが、EUは「ヒト・モノ・カネ」を自由にする実験的試みだった。

その結果、EUの中で比較的貧しい東欧の若者たちが自国を捨ててイギリスやドイツに住み着いたり、逆にリタイアした高齢者がフランスやギリシャの景勝地に移動したりする動きが普通になった。

それだけでなく、アフリカや中東からも大量に異民族が移民・難民として流れ込むようになっており、それが治安の悪化、文化的な軋轢、テロの増加と、大きな悪影響を及ぼすようになってきている。






2017-08-05

レイプと殺人が横行する国と、暴力性の裏側にあるもの

閲覧注意
どこの国でもレイプは重大犯罪であり、レイプ犯には十年以上にも及ぶ懲役刑が科せられる。なぜか。もちろん、女性の心身を破壊することもあるのだが、それだけが理由ではない。

こういった事件を放置していたら、国中がレイプ犯罪で覆い尽くされるという恐怖があるからでもある。

まだ法が人々を縛る前は、宗教が法の役割を担っていて、必死になって人々に性の自制を説いていた。なぜか。レイプは、いつでもどこでも起こり得たからである。

日本は女性が真夜中にひとりで歩ける国だ。しかし、日本を一歩出ると、普通の若い女性が真夜中をふらふら歩くというのはレイプされても文句が言えないような状況だ。

途上国は特にそうだ。貧困層の住むスラム地区は、若い女性にとってはとても危険な場所でもある。そこではレイプが日常茶飯事であり、犯人が誰なのか知っていても、報復を恐れて警察に訴え出ることもできないような場所もある。

中南米やアフリカの治安が悪い国々では昼間も歩けない地区がある。そしてそこでは、毎日のようにレイプされて殺された女性の死体が見つかっている。法や秩序が弱体化したら、男が野獣のようになって女性に襲いかかっていく。

ところで、いったい何が男たちを突き動かしているのか?



 


2017-07-30

地獄の社会で悲惨な末路の中で死んでいく女性を見つめよ

閲覧注意
インド圏では相変わらず女性の顔面に強酸を投げつける「アシッド・アタック」が止まらないのだが、最近はバングラデシュで売春する女性に酸を投げつける事件もあった。

なぜ売春する女性に酸を投げつけるのか。なぜ彼女たちは見知らぬ男に標的にされるのか。それは彼女たちが「不品行でみだらな女」だとして社会的に批判されているからだ。

売春する女性を愛する男もいるのだが、世の中のほとんどの人間は、昼間から公然と身体を売って歩いている女たちに対して激しい怒りや嫌悪を感じている。

そのため「こんな女たちには罰を与えるべきだ」と考える人間も一定数いる。特にバングラデシュのようなイスラム国家では、不品行に染まった女たちは神の名において排除される対象になりやすい。

男たちがしっかりと稼いで女性を守らないから、底辺の女性が売春に追いやられているという現状は考慮されることはない。女性は何があっても不道徳なことをしてはならないのだ。

だから、不特定多数の男たちに身体を売りながら生きながらえている女は不道徳の極みであり、「そんな女は破壊してしまえ、殺してしまえ」ということになり、アシッド・アタックのような犯罪が蔓延することになる。



 


2017-07-17

時代は個人の人生を破壊する凶暴なエネルギーを持っている

未来という言葉の中には明るい雰囲気が含まれている。しかし、未来が常に明るいと考えるのは現実的ではない。

私たちの人生は、否が応でも時代に翻弄されてしまう。生まれた場所、生まれた時代が良ければ、自分の好きなことを追求して、自分の好きなように生きる人生もある。

逆に生まれた時代が悪ければ、生き延びることだけでも精一杯で、ときには個人の力ではどうにもならなくなって力尽きることもある。

恐ろしいのは、今がいくら輝いていても、それが最後まで続いていくとは限らないことだ。未来は必ずしも、良くなるとは誰も約束してくれていない。

たとえば、1920年代に生きていた人たちは稀に見る好景気の中で暮らし、「未来は夢がある」「未来には可能性がある」と考えていた。

ところが、1930年代に入ると、彼らの思いとは裏腹に、時代は一転して史上最悪の世界恐慌に突入していった。

この1920年代当時の人たちが味わった未来とは、失業と自殺の嵐だった。それが第二次世界大戦をも引き起こすことになった。当時、未来に輝きがあると考えていた人たちは、深い絶望の中に放り込まれたのだ。






2017-07-07

現代の女性の異様な巨大ヒップは何を意味しているのか?

SNSとユーチューブの時代になり、誰もがインターネットに「自分自身」をアップできるようになった今、女性に顕著な変化が生まれている。

過剰なまでの化粧による変身や、整形手術による肉体改造をする女性がどんどん増えているのだ。それも、世界的に同時並行で起きている現象でもある。

もはや「整形手術に罪悪感がある」と言っているような女性はほとんどいなくなった。

若い女性の多くはSNSに写真をアップして、いかに自分を見てもらって「いいね」をしてもらうかに人生を賭けており、そのためには過剰な化粧も、コスプレも、ギリギリのヌードも、タトゥーも、整形手術も、人体改造も、何でもするようになっている。

もはやそれが「時代」なのだ。

日本はコスプレや化粧で普通ではない雰囲気を演出するのだが、海外では人体そのものを整形手術で「改造」してしまう人も多い。

人体改造と言えば、多くの女性は今でも胸を巨大化させるのだが、それが当たり前のものになっていくと今度はヒップを巨大化させる動きの方に向かった。現代の女性のヒップの大きさは何を意味しているのか?



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら