ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ありとあらゆる悪い男を引き寄せる女性最悪の習慣とは? ◆2013年9月9日、カッパドキアでふたりの日本人女性が死傷 ◆女性はどんどん若さを失っていき、最後には何が残るのか? ◆市街戦。物陰に隠れて生き残れると思っていないだろうか?
◆台湾のビンロウ売りをする女性たちの、あまりに刺激的な恰好 ◆ガート・コパール。部屋にベッドすらもないスラム売春地帯 ◆プライバシー、セックス、すべて完全流出する日が訪れる ◆トリニダード・トバゴの誰も知らないアンダーグラウンド

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-05-20

現代プノンペンの姿を大量の写真で一挙に見る(昼間編)

カンボジアが成長期に入っているというのは、ストリートをうろつき回れば本当によく実感できる。

古い建物がどんどん取り壊され、新しい建物がどんどん建つ。そればかりか、今まで沼地や畑だったところが埋め立てられ、新しい土地、新しい道が生み出されて、高速道路も建設途中にある。プノンペンが「拡大」しているのが見て取れる。

街がぐんぐんと成長し、活気に溢れ、躍動している。これは1980年代後半に私がタイで見たのとまったく同じ光景だ。

まずは首都プノンペンが新しく作り替えられ、たくさんの仕事を生み出し、地方の人たちが仕事を求めて都市に流入し、新しいアパートがどんどん建設され、地方との格差を拡大させていきながら、プノンペンは可能な限り膨張していく。

現在はその過程にある。

だから、現在のプノンペンは古いものの隣に新しいものがあり、新興区画と共に旧区画がある。旧区画は誰かが住み、誰かが土地を売ったり立て替えたりするのを拒絶するので変わりにくいが、もともと何もないところは変わりやすい。

そんな変わりゆくプノンペンの現在の姿を写真に収めた。現代のプノンペンがどうなっているのか、街を駆けずり回りながらたくさんの写真に収めてみた。



 


2017-05-15

監視カメラ。視線を上げると、そこに監視カメラがあった日

私は最近になって新宿歌舞伎町をうろうろとさまようようになっているのだが、この歌舞伎町は犯罪多発地帯なので警視庁が管理する監視カメラが195台も備え付けられている。

警視庁が管理する監視カメラは1373台と上智大学教授の田島泰彦教授は報告しているのだが、だとしたら何と監視カメラの約14%近くは歌舞伎町に集中しているということだ。

私がうろうろする姿もさぞかしよく記録されているだろう。

日本では渋谷や池袋や銀座のような主要な大都市には、ネットワーク化された監視カメラが24時間動いていて、しかもそれがリアルタイムで警視庁に送られている。

そして、今後は電車内に防犯カメラを設置するかしないかで議論が行われている。痴漢や盗難など電車内で起きる犯罪も多いので、なし崩しに防犯カメラは設置されていくことになる。

ただ、これほどの膨大なデータが送られても人間がすべてを監視できるはずもないので、必要になって来るのが人間の顔を判別するソフトウェアである。

これはすでに完成している。もう稼働していて、何かあったら監視カメラで犯人像を追えるようになっている。






2017-05-11

鳥葬。遺体を鳥に食べさせて、死んだ人は鳥と共に天に昇る

閲覧注意
アメリカの作家エドガー・アラン・ポーの小説に『早すぎた埋葬』というものがある。

「全身硬直症」という持病を持った人が、ある時目が覚めると真っ暗で狭い場所に入れられていて自分が埋葬されたと恐怖する……という内容の小説だ。

この人は生前に、このまま昏睡した状態が長く続くと生きたまま土葬されると思い、「自分がそのような症状になっても絶対に早まって土葬しないでくれ」とまわりに頼んでいた。ところが、恐怖が現実になってしまった。

その『早すぎた埋葬』の恐怖を延々と描いたこの小説は1844年に書かれたものだが、今でも長らく読み継がれている。

当時の時代は土葬が当たり前で、ごく普通に誤診があって仮死状態の人が棺桶に入れられて埋められ、後で何らかの事情で掘り返すと、棺桶の内側で暴れて死んでいった遺体が多く見つかったのが報告されている。

今の先進国では医学が発達して「早すぎた埋葬」は遠い昔のフィクションとなったが、この当時は身近で切実で恐怖のシチュエーションだったのだ。

子供の頃、私はこの小説を読んで「自分が死んだら土葬だけはして欲しくない」と心から望んだものだった。






2017-05-09

ベッグパッカー。先進国のバックパッカーが物乞いを楽しむ

東南アジアのスラムをうろうろしていると必ず物乞いがやって来て金を無心する。その時に私が「金は持っていない」と言うと、彼らは激怒してこのように言う。

「お前は嘘つきだ。金がなければここに来られない」

彼らにしてみれば、どんなに安っぽい格好をして安い屋台で食事をしていても、外国人が異国まで来ているということはそれだけの金を持っていることを知っているのだ。

売春する女たちも、どこの国の男がどれくらい金を出せるのかというのをよく知っていて、アメリカ人に吹っかける値段と、シンガポール人に吹っかける値段と、日本人に吹っかける値段はそれぞれ違っていたりする。

欧米先進国から来た男たちは「見かけがどうであれ金を持っている」というのが彼らの認識であり事実その通りである。世の中はグローバル化に突き進んでいるのだが、先進国と新興国ではまだまだ賃金格差が是正されていない。

しかし最近になって、奇妙な欧米人のバックパッカーが増えていると言われている。

彼らは趣味で長期の貧乏旅行に出かけ、その冒険をSNSやユーチューブにアップしているのだが、彼らがその旅行先で、堂々と物乞いを「楽しんでいる」というのである。






2017-05-08

ベトナム流出。今度はミスコン女性のセックス動画が漏れた

ドナルド・トランプ大統領は、1996年から2015年までミス・ユニバースの事業に関わっていた。このミス・ユニバースが運営するコンテストには世界中の美しい女性たちが集まり、そこでは熾烈な競争が繰り広げられている。

その中では自分が選ばれるための枕営業もあれば、競争相手のスキャンダルをマスコミに売り込んで失脚させるものまで、ドロドロしたものが渦巻いている。そして、これがしばしば表側にスキャンダルとして顔を出す。

ドナルド・トランプはアルコールも飲まなければドラッグもしない男だが、その代わり「カネとオンナ」には異常な執着を持っていると言われている。

ミス・ユニバースの運営に関わっていたのは、こうした美しい女性たちを手に入れるための手段だったのではないかとアメリカのタブロイド紙はずっと書き立てているが、かなりの部分で事実だったのだろう。

自分を売り込むためにセックスを提供する。それで賞を取ったのに今度はその実態が流出して失脚する。

最近、「ノバランド流出事件」が起きて大騒動になっているベトナムだが、今度は「ミス・ユニバース・ベトナム」の出場者のセックスまで流出する騒ぎとなった。立て続けの流出スキャンダルだ。



 


2017-05-07

ベネズエラ危機。ニコラス・マドゥロ政権は、もう持たない

いよいよベネズエラが最後の局面に入ったのかもしれない。この国は、これ以上どうにもならないところにまで追い込まれてきている。

ベネズエラは石油価格が暴落に入った2014年半ばから急激に経済悪化が進んで、2016年1月15日にはニコラス・マドゥロ大統領が「経済緊急事態」を宣言する騒ぎとなっていた。

それ以後、事態は悪化し続けるばかりで、2017年4月に入ってから抗議デモが首都カラカスだけでなく多くの都市で連日のように発生して数百万人が暴徒と化している。

それでもマドゥロ大統領は大統領の座にしがみついており、クーデターも噂されるようになっている。

ベネズエラがこのようになったのは、原油価格の暴落に原因がある。ベネズエラは産油国であり、輸出の95%を石油に頼っている国である。

つまり、この国の浮沈は石油価格にかかっていたわけで、石油が暴落したらこの国も危機に陥る構造だったのだ。原油価格は2014年の半ばから怒濤の如く暴落するようになっており、今もまだその傾向が続いている。

ベネズエラの国内経済は大混乱し、インフレ率は2015年で210%を記録していた。食料も、衣料品も、日用品も不足して、人々は何も買えない状態に陥ってしまった。






2017-05-06

フェイスブック震撼。父親が11ヶ月の娘を殺す一部始終

閲覧注意
2017年4月16日、アメリカのオハイオ州の路上で、男が通りすがりの74歳の男性を射殺する殺人動画をフェイスブックにアップする事件があった。

殺害者はスティーブ・スティーブンスという37歳の男だったが、この男は社会福祉サービスで働く低賃金労働者だった。ギャンブルで借金まみれになり、破産宣告を受けた過去もあった。

この男は通行人を射殺した後、2日ほど逃げ回って車の中で自殺しているのが発見された。犯行の理由は分かっていないのだが、生きるのに自暴自棄になっていたのではないかとも思われている。

問題はこの射殺シーンが2時間にも渡って視聴されるようになっていたということだった。

視聴者はすぐにフェイスブックに連絡したのに、問題動画の削除に時間がかかった。「通報があったのに、なぜそんな時間がかかったのか」とフェイスブックは批判された。

この事件の衝撃が冷めない4月24日、今度はタイのプーケットで、ひとりの男が11ヶ月の娘を殺害し、自分も自殺する動画がライブ中継されるという事件も起きた。

この動画も通報があった後に削除されたが、その時はすでに他にも拡散していて、今も父親が11ヶ月の赤ん坊を殺す動画を誰もが見ることができる。それは、どんなものだったのか。



 


2017-04-30

パタヤは燃えているか。退廃の「入口」として最適な場所

日本は正月や夏期休暇のような特別な時期でないと休みが取れない社会だが、その中でゴールデンウィークは勤め人でも長期の休みが取れる貴重な時期となっている。

この休みを利用して海外に出ている人も多いだろう。

東南アジアで堕落と退廃を見るのであれば、今も昔もタイが最も相応しい。ブラックアジアの読者の多くは、今頃タイに向かっているのではないだろうか。

雲南省河口の「人肉市場」が知られざる売春地帯であるとすると、タイの売春地帯は真逆の「誰もが知っている売春地帯」であると言える。(河口『人肉市場』。知られざる売春地帯を読者が写真に

現在のプラユット政権は、イギリスのタブロイド紙でタイが「セックス・シティ」と紹介されたのを激しく嫌って浄化作戦をじわじわと進めており、タイも時代が変わりつつある。

売春地帯をただの歓楽街にして、あからさまなセックスを消そうとしているのが現代の動きだ。

しかし、タイは売春地帯を中心にして発達してきた「不都合な歴史」があるので、そう簡単に売春ビジネスが消せるわけもなく、政府の浄化作戦は常に一進一退となる。

私自身がこのタイの売春地帯を揺りかごのように生きてきた人間のひとりでもあり、タイの堕落と退廃が消えるのはとても寂しく思う。できれば、生き残って欲しい。(電子書籍『バンコク売春地帯』をアマゾンにて発売中

現在のタイの売春ビジネスの中心地はバンコクからパタヤに移りつつあるが、今ごろはパタヤの売春地帯も多くの男たちで燃えるような熱気になっているはずだ。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら