ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆二股をかけていた女性の殺害と、浮気していた妻の殺害 ◆イタリアの路上売春する女性たちの、あまりに刺激的な恰好 ◆ひとりの女性を仲間の共有物にして絆を確認するという行為 ◆片目の白人セックスワーカーがアメリカで逮捕されていた
◆性奴隷としてイスラエルに送り込まれる旧ソ連女性と啓蒙活動 ◆男は最初から分かっている。売春は男の方に罪があることを ◆日本でも家庭が荒み、家庭内暴力がここ10年うなぎ登りに ◆1日平均12件も誘拐が発生している治安崩壊国家ブラジル

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-04-09

多文化押し付けに対する抵抗は、大きなうねりとなっている

2017年10月、英国家統計局はイングランドおよびウェールズ地域を対象とした最新の犯罪統計を発表した。それによるとロンドンの治安はどんどん悪化していることが判明した。

犯罪率は13%増。女性への暴行事件は22%増。ナイフを使った犯罪は26%増。銃を使った犯罪は27%増。イギリスは、もはやニューヨーク以上に危険な都市になっていたのである。

移民出身のサディク・カーン氏がロンドン市長になってから事態がより悪化してしまったのは皮肉なことだ。

移民政策に疑問を抱くアメリカのドナルド・トランプ大統領はこの情報を得て、このようにツイートしている。

『ちょうどレポートが提出された。イスラム過激派が勢力を広げる中、イギリスの犯罪率は13%増を記録した。まずい状況だ。私たちはアメリカの安全を守るべきだ!』

イギリスはEU(欧州連合)の移民政策に共鳴して大量の移民を受け入れたのだが、その結果犯罪率はうなぎ上りに上がっており、それが今も止まっていないのが見て取れる。

イギリスはユーロ圏と共に「多文化共生」を追求してきた国であり、首都ロンドンもインド系、アフリカ系の移民、そして世界各国のイスラム系移民でごった返している。(鈴木傾城)






2017-08-17

イギリスの社会荒廃が生んだパンクな女たちを愛せるか?

1945年に第二次世界大戦が終結した後、イギリスは勝戦国の側にあったが、国土は荒廃し国力はズタズタになっていた。

ナチス・ドイツは1940年9月から8ヶ月に渡ってロンドンを激しく空爆し、4万3000人が死亡、100万人以上が家を失うという凄まじい被害が発生していたのだ。

戦後、イギリスは労働党によって再建がなされるのだが、ここで取られた政策が、「ゆりかごから墓場」までの安定を約束する福祉充実と、石炭・石油・通信・鉄道・鉄鋼等の産業の国有化だった。

戦争によって壊滅した国土を復興させるためには、国が強い指導力と産業保護をしなければイギリスは立ち直れなかったはずであり、この政策は当初は正しいものであった。

しかし、やがて10年経ち20年経つとこの「ゆりかごから墓場」までの福祉政策が国を停滞させるようになっていった。

国営企業は非効率で保守的な運営をし、人々もまた厚い福祉政策にどっぷりと浸って新しい時代を切り拓く能力を失った。人々はこれを「英国病」と呼んだ。

さらに1970年代の石油ショックは停滞していたイギリス経済を直撃し、急激に社会が疲弊して活力が失われ、底知れぬ貧困と閉塞感が次第に強まっていった。そして、アンダーグラウンドで何が生まれたのか?



 


2016-09-23

貧困の増大と社会システムの行き詰まりは暴力を産み出す

イギリスと言えば紳士の国だとか貴族の国というイメージがいまだに強く、国自体は裕福だと思い込んでいる日本人も多い。しかし、それはまったくの間違いだ。

イギリスもグローバル経済に飲み込まれてから、中産階級が続々と没落しており、相対的貧困に堕ちる人々が爆発的増加する結果になっている。

イギリスは2016年6月23日にEUを脱退したが、この根幹には移民がなだれ込むことによって低所得層の仕事が奪われていき、元々住んでいた白人系イギリス人が急激に没落したことの怒りも背景にある。

イギリス国家統計局によると、現在は少なくとも100万人の子供が適切な住居で暮らしておらず、空腹のまま学校に行かざるを得ない状況に陥っていると言われている。

ホームレスも増えて、バッキンガム宮殿のまわりにもホームレスだらけと化している。移民もまた昨今の不景気で次々とホームレス化している。

イギリスに来て成功している移民もいるが、逆に苦境に堕ちている移民も多い。低賃金と不安定な雇用でいつまで経っても生活の基盤が安定せず、白人系の低所得層と共に貧困に喘いで対立している。



 


2016-08-08

彼女は裏の顔を隠していたのか、それとも裏が表だったのか

2005年。ナイジェリアに石油掘削のプロとして雇われていた45歳のイギリス人、ギャレス・マッグラー氏は、ナイジェリア最大の都市ラゴスで、ひとりの現地女性に恋をした。

彼女の名前はジェシカと言った。彼女は優しく、魅力的で、知的で、優しかったという。

ジェシカは当時26歳。ギャレス・マッグラー氏はたちまち彼女に恋をして、ナイジェリアで電撃結婚した。

結婚式の後のパーティーは、彼女の家族と共にレストランで盛大に行った。やがて、ギャレス・マッグラーのナイジェリアでの仕事が終わると、彼らはロンドンに居を移してそこで暮らし始めた。やがて、ふたりは子供にも恵まれた。

ジェシカは敬虔なクリスチャンだった。嫌がるギャレス・マッグラーを引っぱってでも教会に連れて行き、貧しい人たちを見かけたら、いつも手持ちのお金を寄付していたという。

そして、彼女はビジネスの才もあった。彼女は「黒人用のウィッグを売るビジネスをする」と言って、イギリスに来てからずっとそれをしていたのだが、そのビジネスは羽振りが良かった。

彼女には友達がたくさんいて、誰もが彼女を好いていた。そんな女性が殺され、彼女が何者だったのか誰もが彼女の「正体」を知ることになった。



 


2016-04-27

自暴自棄。64件の犯罪疑惑と36の前科を持つセックスワーカー

2016年4月にイギリスでひとりの女性が有罪判決を受けている。

彼女はドラッグとセックスに溺れた白人女性だったのだが、彼女の地元であるプリマスの警察では知らない者がいない女性だったという。

何しろ、25歳にして64件もの犯罪疑惑と36の前科を持つ女性で、最近はほぼ刑務所とシャバの往復で人生を消耗していたのだ。言わば犯罪の常連だ。

彼女の犯罪は、そのほとんどが売春ビジネスに絡むものばかりだった。

イギリスではストリート売春は特に珍しいものではないのだが、彼女はあまりにも稚拙であり、あからさまであり、強引であり、自暴自棄なものだった。

今回、逮捕されたのはタクシー運転手に対する強制わいせつと暴行とタクシーの器物破損だ。

タクシー運転手が彼女に暴行したのではない。彼女が、タクシー運転手を殴りつけ、タクシーの一部を叩き壊したのである。被害に遭ったタクシーの運転手が彼女を警察に突き出し、彼女は逮捕された。



 


2013-06-28

売春女性への嫌悪が大量殺人に結びつく動きは止まらない

閲覧注意
売春女性を嫌う人は多い。どこの国でもそうだ。彼女たちは社会の底辺にいる。そして、いつも闇に立っていて薄気味悪いと思われる。

何にしても、彼女たちは不特定多数の男たちとセックスをして不道徳だ。教育もない。性病まみれだ。派手な格好をして嬌声を上げる。麻薬に溺れ、酒に溺れ、風紀を乱し、粗暴で、享楽的だ……。

表社会の人たちが彼女たちを嫌う理由は、それこそ山ほどあって、その嫌悪感はアンダーグラウンドに生きている人間には窺い知れないほどの強い感情がある。

表社会の人たちが彼女たちを嫌うのは、まさに彼女たちがやってはいけないとされているタブーや、なりたくないと思われている人間像のすべてを具現化しているからでもある。

そして、そういった売春女性に対する憎悪は、「社会のクズなら殺してもいい」「あの女たちを殺すのはゴミを片付けるのと同じだ」という犯罪の正当化にもなっていく。

売春女性への嫌悪は、往々にして大量殺人に結びつく。



 


2013-03-07

なぜ、男は女性の肉体をセックスの道具にしてしまうのか?

2013年1月15日にイギリスのガーディアン紙は、イギリスに巣食うアジア系のギャング9人が、11歳から15歳までの6人の少女を性奴隷にしたという罪で裁判になっていることを報じている。

国籍は書いていないが、名前からすると、恐らくパキスタン人か、その周辺国だろう。

2004年から2012年まで、この男たちは少女たちを拉致監禁した上、ドラッグ中毒に仕立て上げて、8年に渡って性奴隷にしていた。使われた麻薬は、ありとあらゆるものだ。マリファナ、コカイン、ヘロイン……。

少女たちはゲストハウスや空き家を転々とさせられていたのだが、そこで男たちは少女たちを代わる代わるレイプしていた。さらに性行為が終わったあとは、少女に向けて排尿していた。

少女たちは逃げられないように、時には熱い物を押し付けられたり、傷つけられたり、噛まれたり、窒息させられたり、侮辱的な行為をさせられたりした。

虐待には、ナイフ、バット、肉切り包丁などが使われたという。



 


2012-08-10

ステファニー・ヒューソン。レイプされた直後の写真を公開

2009年8月2日の真夜中。イギリスのウイットレイ・パークで、当時23歳だった女性ステファニー・ヒューソンさんは友人と別れてひとりで帰宅しているところだった。

そのとき、ひとりの男がうしろから近づいて来て、彼女を路地に連れ込んだ。青い服を着た、ショートカットの白人の男だ。

男は彼女を何度も殴り、蹴り、無抵抗にさせてからステファニー・ヒューソンさんをレイプした。

顔面を蹴り上げられたためにステファニーさんの左目は傷つき、鼻は折れ、下唇も切れていた。身体中が腫れ上がり、ボロボロになっていた。

そして、3年経った2012年7月5日。彼女は自分が公の場に出て、自分がレイプされたときの写真を公開して、捜査情報の提供を呼びかけた。

3年経った今も、犯人は逮捕されていなかったのである。



 



お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら