ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆遺体を川に捨てる犯罪者が「素人」と判断される理由とは ◆片足がなくても魅力的すぎる女性。足がないのは関係ない ◆山谷。かつて日本一のドヤ街だった街は、すでに朽ち果てた ◆途上国の貧困者が絶賛支持する「良い人身売買業者」とは?
◆「モニカと性的関係を持っていない」が嘘にならなかった理由 ◆1970年代以降にアジア歓楽街にいた男だけが知っている未来 ◆ナイジェリアで起きている残虐で猟奇的な売春婦殺害事件 ◆美しい女性でもストリート売春の価格が安いのはなぜか?

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-11-17

男は多様なのですべての女性が胸を大きくする必要はない

大きな胸を好む男が多いが、逆にそれほど胸の大きさにこだわらない男もおびただしく存在する。

普通の感覚を持った男であれば、付き合った女性の胸がどれくらいの大きさなのか、そんなことは大した問題ではないと考えている。

しかしSNS全盛期の時代に入り、社会的には「見た目の良さ」にひどくこだわる時代に入っているのが現実だ。こうした空気を敏感に感じ取っているのが女性である。

フェイスブックやツイッターやインスタグラムやユーチューブが社会に定着すると、次第に人々は自分の顔写真をアップしたり、動画をアップするようになっていった。

女性もそうだ。容姿をアップすることで人気を得て社会的にも大成功を収めるようになると、堰が切れたように多くの女性が自ら顔写真をアップするようになった。

目立つために、化粧も整形手術も当たり前になっていき、世界中の女性が「SNSのため」に豊胸手術もする。なぜなら、豊胸こそが男たちの目を惹きつけ、人気を得るのに手っ取り早いツールだからでもある。

胸の谷間ひとつで、女性は10万人や20万人の男の目を釘付けにして「いいね」を稼げる。胸の谷間ひとつは、どんな言葉よりも雄弁だというのをインターネットは証明したのだ。



 


2017-11-14

鈴木傾城、ダウン。風邪だと思ったがそうではなかった?

先週あたりから風邪をこじらせて、状況を悪化させていた。確かに最初は風邪だった。(風邪をこじらせて朦朧としながら、夜の世界の賃金を考える

すぐに病院に行かなかったのは、「インフルエンザにかかった時ですらも病院に行かずにそのまま治したのに、なぜ風邪ごときで病院にいかないといけないのか」と、自分を過信していたのもある。

そもそも私は、どこかに勤めているわけでも他人に雇われているわけでもないので、誰とも会わないと自分が決めれば1ヶ月でも2ヶ月でも誰とも会わないでも生きていける環境にある。

昔から、半年や1年単位で旅に出ていた時期から、病気になったら数日はじっとホテルの一室で動かないで自己治癒力で治すようなことをしていた。

風邪をひけば誰にも会わないで何日でも住処に潜んで治すというのをやっていたので、自然と今回もそんな選択をした。

しかし、激しい咳があまりにも止まらないので、仕方なく病院に行ったら「これは風邪ではない」と言われた。風邪だとしか思っていなかった私にとっては青天の霹靂である。



 


2017-11-05

死ぬのが怖いのではなく、生きるのが怖いと思うようになる

2017年10月30日、座間市のアパートで9遺体が発見されて白石隆浩という男が逮捕されている。この男は「首吊り士」という名前でツイッターに登録し、多くの女性を誘っていた。

この白石隆浩が会って殺していた女性たちは、みんな自殺願望を持っていたことが明らかになりつつある。

死にたいと願い、自殺を手伝ってくれる人をインターネットで探している孤独な女性たちが大勢いたのだ。そんな女性たちの存在が、この事件を契機に注目されるようになっている。

「自殺対策白書」によると、15歳から29歳までの若者たちの死因のトップは自殺であると記されている。若年層の死に自殺がトップに来るのは、先進国では日本だけである。

日本の社会の裏側で若い人たちが漠然と死を求め、そして夢遊病者のように死に歩み寄っているのだった。

白石隆浩に殺された女性の中には10代の女性もいた。

10代にして死にたいと思うのは、その多くが「いじめ」が原因だ。彼女たちは、自分の容姿や性格に自信がなかったり、社会に適合する能力に欠けていることを自覚している。

生きにくさを感じ、それを克服するよりも逃げたいと思っている女性が、究極の逃亡である「死」を求めて孤独にさまよっていた。






2017-10-31

無数のペニスを見つめてきた風俗嬢だけが書けるイラスト

男は自分のペニスをしげしげと見ることはあっても、他の男の勃起したペニスをしげしげと観察することも見つめることもほとんどない。

同性愛者(ゲイ)の男はそうするかもしれないが、普通の男はそうではない。

だから、意外に男は他の男のペニスがどうなっているのか、そしてペニスにはどんな種類があるのか分かっていないのかもしれない。最初から自分のペニス以外に関心を持たないし、持つべき理由もない。

ペニスに種類があると聞いても、私たちはせいぜい「大・中・小」の三種類とその派生しか思い浮かばないだろう。

そのため、風俗嬢にインタビューした時に「珍しいペニスのお客さん」の話を聞くと、奇妙な世界に迷い込んだ気分になることもある。

「そんなペニスがあるのか」と、話を聞いても信じられないようなペニスの話を彼女たちはするのである。

私が想像もしないようなペニスに風俗嬢は出会っているからである。では、いったい彼女たちはどんな種類のペニスに出会っているのか。



 


2017-10-28

男の性格、性器、性病。身体を売る女の心を破壊するもの

風俗嬢が出入りするサイト、ブログ、SNS等を片っ端からスクレイピングして大量に読んでいると、彼女たちを病ませる存在が「男」そのものであることがリアルに分かる。

彼女たちは客である「男」に収入を依存しているのだが、その男がまた超強度なストレスの元になっている。

「病む」と彼女たちは言う。「この仕事をすると病むから」と彼女たちはインターネットに本音を綴る。なぜ、彼女たちが「病む」のかというと、すべては「やってくる男が選択できない」というところにある。

彼女たちにも、男の好み、理想型があるのだが、仕事だからすべての男を受け入れる。それは彼女たちも覚悟している。それができなければ、風俗の仕事など到底できない。

問題は、彼女たちが覚悟する以上に許容しがたい客がやってきて、そんな客とも濃密な肉体接触をしなければならないことである。

「許容しがたい客」というのは本当に多岐に渡っているのだが、分類すると男の3つの「性」にまとめられるのではないか。それは、男の「性格・性器・性病」である。

風俗の女たちの心を破壊する「性格・性器・性病」とは何だったのか?



 


2017-10-18

玉の輿。金持ちの男に次々と出会う奇妙な「職場」がある

先日、ダークネスのメルマガの中で、女性が不労所得を得るための方法として「玉の輿」があると書いた。(なぜサラリーマンの「不労所得で暮らしたい」は危険なのか?

「玉の輿」というのは、金持ちに身請けされて結婚することだ。貧困に苦しむ女性にとって、玉の輿に乗るというのは今も昔も一世一代の大逆転である。

どんな女性が玉の輿に乗れるのか。一般的には、誰もが認める絶世の美人である。

世の中には、振り返って見つめずにはおられない信じられないような美貌を持った女性が稀に存在する。

こうした女性が金持ちの御曹司にどこかで会ったりすると一目惚れされて、強引に迫られ、結婚に至ったりする。強引と言っても金持ちの男に求婚されて拒む女性はほとんどいない。

愛があろうがなかろうが、金持ちと結婚すればその後の人生は悠々自適になるからである。

しかし、財閥の御曹司はそんなに存在するわけでもないし、上流階級は上流階級と付き合うのが一般的だから、玉の輿はほとんどない。玉の輿どころか、年収1000万円の男と結婚することさえ普通は難しい。

ところが、世の中は面白いこともいろいろある。



 


2017-10-17

山谷。かつてのドヤ街の光景から少子高齢化の未来が見える

日本は少子高齢化を放置してきたので、地方からどんどん寂れてしまっている。人口は急激に減少して、地方の僻地どころか、地方都市そのものまで人口が消えてマンションや民家に空白が増えている。

地方のこの惨状は、実際に自分の目で見て見ると「本当に日本はこのままで大丈夫なのだろうか?」と背筋に冷たい汗が流れるような恐怖に駆られる。

以前、広島の人口減で消えていく村や、廃墟になりつつある民家の写真を紹介したことがあるが、私は「人が消える」ということに居心地の悪い不安を隠すことができなかった。

これは実際に、誰もいなくなった限界村などを歩けば誰もが同じ不安を持つはずだ。もう一度、この写真を見て欲しい。それは「地方の死」に他ならないのである。(滅びゆく地方の光景。やがてそれは日本の致命傷になる

私は東南アジアの多くの地方都市や何もない郊外を、野良犬のようにほっつき歩いてきたが、東南アジアで同じような不安を感じたのはインドネシア・モロ島くらいだ。(不気味なインドネシア・モロ島と、打ち捨てられた村の女性

しかし今、改めて考えると不気味だと思ったモロ島以上に、日本の地方都市は人が消えて薄気味悪くなってきている。






2017-10-10

写真禁止と言っても、どんどん流出していく飛田新地の夜

基本的に売春地帯は「撮ってはいけない」ということになっている。しかし、もう無駄だ。時代が変わった。撮られるのは、絶対に避けられなくなった。

いくら店が恫喝しようが威嚇しようが、約束事を押しつけようが、もう何の意味もなくなった。

今は誰もがスマートフォンを持っているし、そのスマートフォンには一眼レフにも匹敵するような超高性能なカメラ機能が付いている。そして、やってくる男たちの99%はスマートフォンを持っている。

いくら禁止されていても、撮りたいという男はいるし、実際に撮ってしまう男もいる。

そして、彼らはそれをSNSやインターネットに嬉々としてアップするので、もはや「写真NG」という規則は有名無実化し、はっきり言えば「垂れ流し」になっている。

アンダーグラウンドの現場が、これほど垂れ流しになっている時代はかつてないと言っても過言ではない。「写真NG」という規則は、今後はもっと意味をなくすだろう。技術革新は止まっていないからだ。

だから、今まで決して一般の人たちが見ることができなかった売春地帯の現場までが出てきているのだ。たとえば、厳しく写真規制されている飛田新地の画像も、すでに鮮明なものが流出する時代になった。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら