ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆イラン女性は、いったいどんな美しさを隠し持っているのか? ◆性病の症状を発する女性を見たら、それは幸運だったのだ ◆マタ・ハリ。スパイとして知られているパリの「高級娼婦」 ◆ヒンバ族。身体すべてがダークブラウンの魅惑的なアフリカ女性
◆どんどん当たり前になる美容整形。あなたはどうするか? ◆近親相姦を引き起こした母親たちの心に何があったのか? ◆欠落した学歴・知能・容姿・性格・出身を一瞬で超越する ◆わずか6歳の少女をレイプ殺害していたロヒンギャ族の若者

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-04-18

不衛生極まりない売春宿と、女性の性器が放つ強烈な臭い

日本人の女性はとても清潔で、衛生的だ。

身体を清潔に保つ、衛生的に保つというのは、日本人にとっては当たり前だと思っている人も多いが、世界を見回すと、その当たり前が通用しない国も多い。

日本人ほど自分の身体を丁寧に洗って、毎日のように湯船に浸かる民族はあまりいない。日本人の潔癖さは、本当に世界でもトップレベルにある。

当然だが、どこの民族も清潔で衛生的であることの重要性は認識しており、多くの人はその国のレベルの中できちんと清潔さを保っている。

だから「日本人は清潔で、他民族は清潔ではない」という認識は間違っている。どこの国の人たちも清潔であるのは間違いないのだが、日本人の潔癖さはそれを上回るものがあるというのが一般的な認識だ。

そのため売春ビジネスの現場でも、途上国になればなるほど、日本人の潔癖さでは想像ができない現場に直面することになる。売春宿の状況も、女性の身体も、時には普通の日本人には耐えられないような不衛生さが存在する。

私が経験した中で忘れられないことも夥しくある。それぞれの国で驚かされることが多かった。



 


2017-03-03

インド女性は世界一美しいのだが太りやすいと言われている

インド女性は若い頃は非常に美しいのだが、それが三十路に入る頃になると一変していることが多い。突如として、もはや救いようがないほどに太ってしまう。

全員がそうではないのは当然なのだが、悲しいことにかなりの確率で別人のようになっていく。

今ではグローバル化の風潮が入ってきて、太った女性よりも痩せた女性の方が魅力的だという意識が若者たちの間から定着してきている。そのため、インドの中産階級より上の女性たちからダイエットに励むようになったと言われている。

しかし、かつてのインドは「太った女性の方が魅力的だ」という文化があった。

インドは圧倒的に貧困層が多い国で、貧困層は必然的に痩せていく。太った女性というのは夫や家族が裕福であるという証拠であり、だから太った女性は魅力的だと思われるようになった。

そうなると「豊かで魅力的に見られたい」という見栄のようなものが生まれるようになり、貧困層でも女性が必死で太るように努力するようになる。

また夫も妻が痩せていると「お前は妻に食わせることもできないのか」と言われるわけで、貧困状態であっても夫もまた妻を太らせようと何とかする。






2016-12-19

実は、とんでもなくエロチックでセクシーだったこの女性

誰でも見知らぬ人に見せる顔と、親しい人に見せる顔は違っているのだが、それが極端なのはインドである。

それぞれの性格や思惑があるので、一様に絶対そうだとは言えないのだが、インドの女性は初対面や知らない男には打ち解けないことが多い。

知らない男にもとりあえずは敵意をないことを示すために、にっこりと笑って迎える優しい日本人女性とは違い、氷のように無表情で、警戒心を剥き出しにし、時には敵意すらも見せているのではないかと思う女性もいる。

まず最初は警戒して睨むのがインド流だ。

そのため、インドの売春地帯に初めて行った男は、東南アジアの女性の人懐っこさやホスタビリティを知っている人であればあるほどショックを受ける。

にっこりと笑って迎える女性は少なく、それよりも無表情か、敵意丸出しでこちらを見ている女性も多いのである。

最近、このインド女性の性質をそのまま表しているような女性の写真があって、私は思わず苦笑してしまった。表で見せるどこか人を拒絶するような表情と、親しい男とベッドに上がった表情が同一人物なのか、と思うほど違うのである。



 


2016-12-04

平等は存在しない。しかし、全人類は「四苦」で平等となる

凄まじい資産を持つ超富裕層と私たちには経済格差がある。埋めがたい格差だ。彼らは最上位であり、99%の層は格差の下にある。彼らと私たちは資本主義社会の中では平等ではない。

資本主義の中では、いかに税制を変えようと、いかに社会福祉を充実させようと、この経済格差は絶対に埋めることができない。平等な社会は絶対に生み出せない。

それでは社会主義や共産主義が平等な社会を生み出せたのかと言えば、まったくそうではない。それはソビエト連邦時代の各国々や、毛沢東時代の中国を見ても分かる。

人間が制度を運営する限り、既得権益に授かれる一部の人間が私腹を肥やすことができるようになり、彼らがいかなる主義の中でも裕福になっていく。

そこから平等を生み出すというのは不可能に近い。

すでに現代社会は「平等」を生み出すことはできない。明確な身分制度は消えたかも知れないが、経済格差は新たな階級を生み出しており、金持ちが優遇されて貧困層が不遇に堕ちる社会は相変わらず続いていく。

平等というのは、絵空事であり、理想である。しかし、それでも実は「私たちはすでに平等である」と悟った人間がいる。超富裕層と極貧層が「平等である」と言えば、私たちは驚くしかないが、いったいどういうことなのだろうか。






2016-11-16

地獄を見るならインド売春地帯に行け。ただし問題がある

閲覧注意
日本で貧困問題が話題にならない日はなくなってしまった。それだけ貧困が切実なものになってきているということだ。

しかし、多くの日本人はまだ本当の地獄に堕ちていない。

なぜなら、多くの貧困は、まだ相対的貧困のレベルであり、絶対貧困ではない。さらに「貧困は問題だ」と議論してくれる人もいるし、生活保護もある。そして、先進国の豊かなインフラの中で暮らせる。

本当の地獄は、膨大な貧困層がホームレスのまま放置され、ホームレスの一家が路上で暮らし、もう誰もが貧困問題をあきらめて誰も貧困について議論しなくなり、生活保護も財政悪化で消えてなくなり、インフラも老朽化してスラムが生まれる社会を指す。

社会全体が貧困に堕ちたら、もう誰も貧困層を助けようという話はしなくなる。あまりにも貧困層が増えてしまうと、みんな貧困なのだから受け入れろという思考に転換する。そこからが本当の貧困、本当の地獄のスタートになるのである。

そんな社会は途上国にある。たとえばアジア圏で最も多くの絶対貧困層が溢れているのがインドである。貧困層は放置され続け、スラムが生まれスラムの女性は母も娘も売春したりして生きている。

本物の極貧地獄を見たければインドのスラム売春地帯に行けばいい。ただし、問題もある。



 


2016-10-22

インドでは、床に食事をよそわれて食べる貧困女性もいる

インドのアーンドラ・プラデーシュ州はインド大陸の南東部にあってテルグ語を話す人々が住んでいる。

この州はインド屈指のIT産業の地ハイデラバードのある州として知られているのだが、2014年にこのハイデラバードを含むテランガナ地区が独立して新しい州になった。

なぜこの地区は独立したかったのか。それはアーンドラ・プラデーシュ州のほとんどは農業が主体の貧乏州であり、ハイデラバードは完全に異質だったからだ。

逆に言えば、世界を代表するハイデラバードは「古いインド」を捨てたかった。この話は5年近く紛糾して揉めに揉めたが、2014年に州としての独立が実現した。

そして、アーンドラ・プラデーシュ州は見捨てられた。

干魃に苦しみ、収入を得る手段を失った農村に住む女性たちは、夫に売られ、仕事斡旋業者に騙されて、「ムンバイに仕事がある。コルカタに仕事がある」と甘言で釣られて次々と州を出て都会に消えていった。

彼女たちはどこに消えたのか。それが、ムンバイのカマティプラであり、コルカタのソナガチであった。人身売買は今でもインド最大の「闇」となってそこに存在している。この闇は凄まじい貧困が生み出したものだ。



 


2016-09-07

レイプ犯にはペニスと共に睾丸を切断した方が効果がある

閲覧注意
ベトナムやタイでは浮気したボーイフレンドや夫が、ガールフレンドや妻にペニスを切断されるような事件が頻繁に起きている。東南アジア女性は、激怒したら意外に恐ろしい。

ベトナムではそのために性器接合手術が発達して、単純に切断されただけのペニスはまた元に戻ることが多い。それを知って、女性は本気で男を懲らしめるために、切断したペニスそのものも微塵切りにしたりするという。

自分を裏切った男に対してペニスを切断するというのは、最大の復讐である。これによって男は性的能力を喪失し、一生苦しまなければならない。

そのため、モブ・ジャスティスが起きるような国では、しばしばレイプ犯のペニスが切断される。

最近では、2014年1月12日に、インド北部のガンガナガルで、少女をレイプしようとしていた男が村人に捕まえられてペニスを切断された事件が有名だ。

この男は村人に集団で1時間近く殴られた後、肉屋に連れて行かれて肉切り包丁でペニスを切断された。プロの肉切り包丁だ。さぞかし切れ味は良かっただろう。

インドでは他にも、レイプ犯を数百人が集団でリンチして死体を見せしめにするという事件も起きている。その時の凄まじい現場の光景はこちらだ。(リンチ、リンチ。インドでレイプ犯が集団制裁されて死亡



 


2016-07-25

穢れた女性が助けられても助かったことにならない理由とは

人類が「一夫一婦制」に収斂していくようになったのは、宗教や道徳や愛が原因ではないという英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズの研究発表が2016年4月12日にあった。

その説によると、人類が「一夫一婦制」を選択するようになったのは、「性感染症」を避けるためだったという。

かつて人類はあちこち相手構わず性行為に明け暮れる乱婚型だったのだが、やがて凄まじく性病が蔓延して「集団全体の繁殖率に悪影響を及ぼす」ことになった。

そのために乱婚の習慣が制限されるようになり、一夫一婦制のシステムが形成され、それが文化や宗教にも取り入れられたのではないかというのである。

かつて医学が未熟だった頃、様々な病気はウイルスや細菌によって引き起こされるという知識はなかった。しかし、古代人にも分かっていたことが1つだけあった。

それは「これらの病気は感染する」ということだ。

性感染症は古代から人類を苦しめ続けて来た。梅毒は15世紀から全世界に蔓延した病気なのだが、性行為をする相手が梅毒の症状を見せていたら、間違いなく自分に感染すると分かっていたのだ。

防止するにはどうするのか。相手構わず性行為をするのではなく、一夫一婦制を選択するしかなかった。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら