ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆売春を否定する7つの論理と、肯定する7つの論理とは? ◆2000年1月に自殺した少女が欧州の売春地獄を知らしめた ◆街のど真ん中で脱衣・脱糞・マスターベーションする女性 ◆プライドを回復して満足するか、人生崩壊を後悔するか?
◆被害者の肉体損壊に着目すると、レイプは戦争兵器となる ◆34歳まで性体験がない男性は約36%、女性は約38%の日本 ◆2013年9月9日、カッパドキアでふたりの日本人女性が死傷 ◆ラスベガス売春宿の苦境は、時代の変化を映し出している

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-03-22

売春地帯には大虐殺の中で両親が殺された女性さえもいる

閲覧注意
インドネシアのカリマンタン島には、「人食い族」「首狩り族」と呼ばれていたジャングルの原住民が存在していた。彼らは「ダヤク族」と呼ばれていた。本来、カリマンタン島の奥地でひっそりと暮らす民族だった。

しかし、ジャングルの木が金になることを知ったインドネシアの独裁者スハルト元大統領は、取り巻きの華僑に伐採権を与えて材木をどんどん国外に売り飛ばし、巨額のバックマージンを得るというビジネスを始めた。

東南アジア最大のジャングル地帯は切り拓かれ、プランテーションとなり、ダヤク族の生活は追い込まれた。

ところで、ジャングルを切り拓くために使われた民族がいる。それが「マドゥラ族」だった。よその島から連れてこられたこの民族は気性が荒く、金のためなら何でもしたのでカリマンタン島では嫌われ者だった。

ダヤク族とマドゥラ族。この2つの相容れない民族の間で、ジャングルの中で激しい憎しみが渦巻いた。そして2001年、いよいよカリマンタン島で大虐殺が発生したのだった。

互いに相手を殺し合い、生首を掲げ、相手の民族の女性をレイプし、虐殺した。それはインドネシア史に残る凄惨極まりない大虐殺だったと言われている。

その渦中にあって両親を目の前で殺されたマドゥラ族の女性と、私はカリマンタン島ポンティアナの売春宿で知り合っている。サリーという名の女性だった。



 


2017-03-21

「ゴミ部屋にする人は単にだらしがない」は正しい見方か?

私はカンボジアでもインドでも、ゴミ捨て場に暮らしている人たちと会っている。ゴミまみれの中で暮らしている人たちは途上国では馴染みの光景だ。(カンボジアの広大なゴミ処理場はこれからも子供たちが働く

貧困が生み出したこのような光景は悲惨だが、先進国であるはずの日本でも、最近は違った意味でゴミにまみれて生きる人たちがしばしば話題に上がる。

ゴミ屋敷やゴミ部屋に住む人たちだ。

部屋に足の踏み場もないほどゴミで埋もれてしまう人たちは、昔から一定数いたはずだが、なぜここに来て増えているように感じるのか。

それは、老若男女すべてで単身家庭が増えていることに関連性があるのではないかと言われている。

単身若年層では精神的に問題があってゴミ部屋に埋もれることがある。単身高齢層では認知症が進んでゴミ部屋になってしまうこともある。

いや、単身高齢層の場合は、認知症でなくてもゴミを捨てるのがだんだんと面倒になって、ふと気が付いたらゴミ屋敷になっていたというケースもある。






2017-03-13

電子書籍『真夜中のカリマンタン島』をアマゾンにて発売中

アマゾン・キンドルで売春地帯の小説をひとつアップしました。『真夜中のカリマンタン島(誰も知らない。ヘイズの島と売春する女たち)』というものです。

アマゾンのページはこちらです。
https://amzn.to/2mgo2qA

今回は、「小説」というスタイルでインドネシア・カリマンタン島の売春する女性たちの話をこの島特有の歴史や風土も交えて思い入れたっぷりに書きました。

カリマンタン島の話を書いた小説はほとんどないと思います。さらにこの島で売春する女性たちを取り上げた小説は、日本でもこの小説が初であると思います。

「小説」というスタイルではありますが、登場人物の女性すべてにモデルがいます。そして、登場する売春宿もまた実際にあった売春宿を書いています。

そういった意味で、フィクションには違いないのですが完全にフィクションであるかと言えばそうでもない小説であると言えます。カリマンタン島の売春する女たちはどんな女たちなのか、興味のある方はどうぞお読み下さい。






2017-03-06

たった1つのゴミが、女性の死を招いたかもしれない理由

閲覧注意
ゴミはどこに捨てるのか。それはゴミ箱だ。では、近くにゴミ箱がなければ、人はどこにゴミを捨てるのか。

それは、すでにゴミが捨てられている場所だ。

そこがゴミ箱ではなくても誰かが捨てたゴミを道ばたに見つけたら、人はそこにゴミを捨てようとする。まるで最初のゴミが次のゴミを待っていたかのように、そうなる。

逆に身辺をきれいにしておきたい人は、必ず身辺のゴミを片付ける。そうすることによってゴミを投げ捨てできない環境になる。それは「ここはゴミを捨ててはいけない場所だ」という無言のメッセージになるのだ。

この心理を解き明かしたのが「割れ窓理論」である。(「割れ窓理論」は、様々なところで応用される重要な経験則

割れた窓を放置していたら、それは「割ってもいい、破壊してもいい、何をしてもいい」というメッセージを発することになる。だから、どんどん窓ガラスが割られ、荒廃し、ゴミが増え、やがて荒廃が病原体のように広がり、街の雰囲気を悪化させていく。

ところで、国外で女性がレイプされて殺されていたりする現場を見ると、気付くことがある。女性の遺体も凄まじい破壊なのだが、それだけではないのだ。何があるのか。



 


2017-03-04

「16歳の少女と性行為は違法」が永遠に続くとは限らない

「16歳の少女との性行為は今は違法だが、それが永遠に続くとは限らない」などと発言すればどうなるだろうか。言った人は、恐らく激しい糾弾に遭うはずだ。

「お前は児童性愛者(ペドフィリア)なのか? 明らかに違法だし、それを合法にするのは狂っている」と誰もが思う。しかし、それは現代人の思い込みかもしれない。

かつての日本では、16歳で結婚するのは別に珍しいことではなかった。江戸時代から昭和初期まで、それは珍しいどころか、むしろ当たり前でもあった。

ちなみにアフリカでもアフガニスタンでもインドネシアでもインドでもバングラデシュでも、16歳で結婚など今でもザラにある。珍しくない。

私が2014年に知り合ったインドネシア女性は、15歳で結婚したと私に告白した。数十年前の話だとかではない。今の話だ。(イナ。15歳で結婚、16歳で出産、そして売春地帯に堕ちた

しかし、今では18歳未満の「少女」との性行為を持つことは青少年保護育成条例の「淫行」に値する犯罪なので逮捕される原因となる。社会の常識が変わった。

法律がそう決めたのは、社会が複雑化して人間の寿命も延びて早い結婚が少女のためにならないからである。それは女性の人生を守る上で、とても人道的で素晴らしい措置だ。

大人は少女の人生を守るためにも、未成年を性の対象にすべきではない。



 


2017-03-03

インド女性は世界一美しいのだが太りやすいと言われている

インド女性は若い頃は非常に美しいのだが、それが三十路に入る頃になると一変していることが多い。突如として、もはや救いようがないほどに太ってしまう。

全員がそうではないのは当然なのだが、悲しいことにかなりの確率で別人のようになっていく。

今ではグローバル化の風潮が入ってきて、太った女性よりも痩せた女性の方が魅力的だという意識が若者たちの間から定着してきている。そのため、インドの中産階級より上の女性たちからダイエットに励むようになったと言われている。

しかし、かつてのインドは「太った女性の方が魅力的だ」という文化があった。

インドは圧倒的に貧困層が多い国で、貧困層は必然的に痩せていく。太った女性というのは夫や家族が裕福であるという証拠であり、だから太った女性は魅力的だと思われるようになった。

そうなると「豊かで魅力的に見られたい」という見栄のようなものが生まれるようになり、貧困層でも女性が必死で太るように努力するようになる。

また夫も妻が痩せていると「お前は妻に食わせることもできないのか」と言われるわけで、貧困状態であっても夫もまた妻を太らせようと何とかする。






2017-03-02

サラ。楽しければ楽しいほど、あとで感じる寂寥感は深い

ハイエナの夜
2017年2月26日、ひとりの読者からメールを頂いた。ブラックアジアを開始して、インドネシア編を書いている頃からメールのやりとりがあったので、もう17年も私の文章を読んでくれていることになる。

17年。それは決して短い年月ではない。彼の文章には1枚の写真が添えられていて、「彼女を覚えていますか?」と私に問いかけていた。

そこには、ひとりの無邪気な顔をした女性が写っていた。その写真は以前、彼が投稿してくれた写真だったが、私は今もこの写真を大事に保管して持っている。

「サラか……」

私は懐かしさにしみじみと彼女の無邪気な顔を見つめずにはおられなかった。彼女のことはもう何年も、もしかしたら10年以上も思い出さなかったかもしれない。

しかし、写真を見るとすぐに名前が浮かび、そして彼女と一緒に過ごした一晩の出来事も思い出した。(サラの裸の身体に付いていた、異様で驚くべきものとは?

カリマンタン島から来た、とびきり変わったあの子を忘れるはずがなかった。懐かしくて息が止まった。



 


2017-03-01

2017年3月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ

2000年頃、貧困と言ってもまだ多くの日本人はどこか他人事のような態度がありました。「一生懸命に働いていれば、まさか貧困に堕ちることはないだろう」という漠然とした通念がそこにあったように見えます。

しかし、いずれ私は日本にも貧困が必ず広がっていくと悪い意味で確信していました。これは非常に強い確信でした。

世の中がグローバル化していき、日本の企業が「海外に出ていく」のを、その海外側から見ていると、新興国の人々が先進国の労働者の仕事を奪い、賃金を奪うことは明白でした。

あれから10年。いまや日本では貧困と格差が大きな問題となり、若者の貧困、高齢層の貧困、子供の貧困とどんどん問題が拡散しています。

そして、女性の貧困もまた深刻な問題になっています。女性は低賃金で雇われたり、不安定な職に押し込められたり、雇われなかったりするようになり、いよいよ普通の女性たちが身体を売るようになりました。

かつて東南アジアで見た光景が、日本の女性の間で広がるようになっていったのです。東南アジアの女性たちの苦境と日本の女性たちの苦境を同時に見つめているのが、このブラックアジアです。

ブラックアジア会員制には、東南アジアの女性たちや日本の女性たちの身体を売る姿が赤裸々に描かれています。



ブラックアジア会員登録

   ⇒ http://goo.gl/8Z7DN








お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら