ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆美しさは分かるが感覚が少し違うというギャップの面白さ ◆小向美奈子。覚醒剤を切れずどこまでも転落していく女性 ◆たったひとつのセミヌードが、取り返しがつかない事態に ◆貧困層は増えているのにホームレスの姿が減っている理由
◆アルビノの女たちの神秘的で異様なまでに美しいヌード ◆陰部を掻きむしる女性を見たら、気付かなければならない ◆アダルトビデオ業界が急激に政府と警察に絞められている ◆風俗嬢が漏らした社外秘の資料で見える夜の世界の残酷さ

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-02-22

処理できないゴミ。途上国の地獄は先進国も無縁ではない

2018年2月21日、CNNは『ゴミの山崩れ貧困層の住居直撃、17人死亡』として、モザンビークの首都マプトで巨大なゴミの山が崩落して女性や子供たちが被害にあったことを伝えている。

モザンビークはインド洋に面する自然の豊かな国だ。しばしばその海岸線の美しさが強調されるので「アフリカの美しい国」というイメージが強い。

しかし、一方で都市人口は過密し、貧困問題が深刻する中で首都マプトの一角に広大な「ゴミの山」が築き上げられていた。そして、悪臭が漂う中を、最も貧しい人たちがゴミの山を漁って極貧の生活をしていたのだった。

CNNは赤十字の広報担当者の声として、この現状をこのように伝えている。

『もともと安全性の懸念からこの場所からの退去を求められていたが、食べ物などを求めて戻ってきてしまう』『ここで暮らす以外に選択肢がないのだ』

実は、ゴミの山の崩落事件は2017年3月11日にエチオピアの首都アディスアベバでも起きている。この時は100人以上もの人々が亡くなっていた。

都市が過密化し、ゴミは大量に出され、処分できなくなったゴミが一箇所に投擲され、やがてそれが巨大なゴミの山となっていく。途上国ではお馴染みの「地獄の光景」だが、先進国も決して無関係ではない。(鈴木傾城)






2018-02-21

電子書籍『悪い場所で、悪い女が、悪い格好で誘ってくる』

新しい電子書籍をアマゾン(Kindle)で刊行しました。

会員制ブラックアジアの中で東南アジアの売春する女たちについて、鈴木傾城が深い愛着を持って書き綴っていた記事をひとまとめにしたものです。以下のものです。

『悪い場所で、悪い女が、悪い格好で誘ってくる: 東南アジアの売春する女たちへの憧憬=鈴木傾城』

通常、売春する女性たちに愛情を持つ男はそれほどいませんし、それはとても奇異なことでもあるので、一般の人たちから見ると相当な違和感を持つ内容ではあると思います。

しかし、違和感を持たれても、おかしいと言われても、女性団体に敵視されても、それこそ「女性を食い物にしている邪悪な男」だと名指しで糾弾されても、それは覚悟の上です。

私は東南アジアの売春する女たちに憧憬を抱き、高揚感や慈しみを捨てることはありません。

なぜなら、世間知らずの私にこの世の本当の姿を教えてくれたのが彼女たちであり、私に愛を教えてくれたのも彼女たちであり、今の私を形作ってくれたのも彼女たちだからです。






2018-02-21

電子書籍の新刊と、鈴木傾城の過去の書籍・電子書籍の一覧

『悪い場所で、悪い女が、悪い格好で誘ってくる』のプレゼント企画は終了しました。多数の応募、ありがとうございました。2月23日中には抽選の処理をして当選した方にはメールを差し上げます。

お待ち下さい。

現在、すでにアマゾンで発売されておりますので、買ってもいいと考えておられる方は、直接アマゾンよりご購入頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

『悪い場所で、悪い女が、悪い格好で誘ってくる: 東南アジアの売春する女たちへの憧憬=鈴木傾城』

なお、今まで刊行したブラックアジア関連の書籍はこちらでまとめております。ご関心のある方は解説文と共に書籍をご覧下さい。(ブラックアジア:私の人生の流浪とその時々を描写した書籍・電子書籍のこと






2018-02-16

気をつけた方がいい。フィリピンで絶対彼らに手を出すな

フィリピンをさまようハイエナが注意すべきことがある。フィリピン政府は2017年8月に「国家緊急事態」を発令した。「国家緊急事態」はドラッグ戦争のことなのかと誰もが思うはずだが、実はそうではない。

確かにドラッグ戦争も危機的だ。フィリピンは今、ドゥテルテ大統領が仕掛けているドラッグ戦争の真っ只中にある。(フィリピン麻薬戦争。これが現場の血まみれ殺害光景だ

2017年には少なくても1万2000人近くが殺されたと人権団体が発表している。

正確な数字が分からないのは、私刑を多用する警察が正確な数字を出さないのと、警察以外の「殺し屋」たちの殺害も横行しており、それがドラッグ戦争の殺人なのか抗争なのかも分からないような事件も多いからだ。

しかし、このドラッグ戦争の陰で、2012年からフィリピンで急激に深刻化しているものがドラッグの他にあった。それがHIV感染の爆発的増加である。

フィリピンのHIV感染は性的接触によるものがほとんどなのだが、その中でHIV感染を増やしている元凶は「すでに分かっている」とフィリピン政府は発表している。

売春に関係あるのだが、フィリピン政府が指摘しているのは売春する女たちではなかった。誰だったのか?



 


2018-02-14

顔面を完全破壊するアシッド・アタックは日本でも広がる?

閲覧注意
私たちはインドやパキスタンで、女性たちがアシッド・アタックを受けていることを知っている。(酸攻撃。被害報道が女性をさらに危険に落とす地獄の悪循環

パキスタンのイスラム原理主義者は、イスラムの法を守らない女性や、自分の言うことを聞かない「生意気な女」には、アシッド・アタックでモノを分からせるという残虐な方法を取ってきた。

強酸で顔を焼かれた女性の顔は、もう二度と元に戻らない。

女性は、一生、顔面の損傷と、苦痛と、精神的なダメージに苦しみながら生きていかなければならない。だから、それは「見せしめ」として強い効果を得ることができる。

こうした犯罪は、インド圏だけでなく、イラン等の中東圏でも起きている。東南アジアではカンボジアでしばしば起きるので有名だ。

私、鈴木傾城がカンボジアに沈没していた2000年前後、タット・マリナ事件が起きていた。

私が「アシッド・アタック」という犯罪を知ったのは、これが最初だったので、大きな衝撃を受けたものだった。(バイオレンス。カンボジアに渦巻く暴力の裏に何があるのか






2018-02-14

人種まで変わったのか? これが今の美しすぎるタイ女性

私にとって東南アジアの女性は永遠だ。タイ女性もカンボジア女性もベトナム女性もインドネシア女性も、今でも私の心を鷲づかみにしたまま離してくれない。

その中でもタイ女性は特別な地位を占めている。本当に好きだ。

私が人生で初めて心から好きになったのはタイ女性だった。私が虜(とりこ)になって離れられないと思ったのもタイ女性だし、私に人生の深淵を見せてくれたのもタイ女性だ。

私の人生はスタート時点から売春地帯に転がり堕ちることで躓いてしまったが、それなのにまったく後悔がないのも、あまりにもタイ女性が好き過ぎて、自分がドロップアウトしたことさえ気付かなかったからだ。

夢から醒めなかった。

そして、時代は変わり、国の置かれている状況も変わった。最近は数年ごとにタイに訪れるのだが、訪れるたびにタイ女性が「進化している」ように感じることがある。

昔ながらの古き良きタイ女性の雰囲気を持った女性も残っているのだが、まったくそうでない女性も増えた。若い女性たちは総じて垢抜けていて、「人種まで変わってしまったのか?」と思ってしまうほどの変わり様だ。



 


2018-02-12

2015年以後「児童ポルノ」に関わっていた男は震えて眠れ

2017年2月8日。タイでひとりの日本人が逮捕されている。小川友宏という43歳の男だ。この男はバンコクに住居を構えて不動産会社で常務執行役員をやっていた。

常務執行役員で実際に顧客を案内しながら仕事をしていたわけで、ビジネスの現場では有能な男であったのは間違いない。妻も子供もいた。

しかし、この男には裏の顔があった。

男児を好むロリコンで、自宅のパソコンに男の子の裸画像や動画が1テラバイト近くも保管し、こうした動画を愛好家たちと積極的にやりとりしていたのだった。

逮捕のきっかけは、2017年に神奈川県警が摘発した児童ポルノ事件である。

いくつかのブログ、動画サイト経由で販売されていた児童ポルノ販売サイトの関係者は、約7200人分の購入者リストを作っていたのだが、このリストが警察に押収されている。

このリストには検事や警察官、医師、地方議員、人気漫画家らの名前があって、『るろうに剣心』というマンガを書いていた和月伸宏という男も書類送検されている。

7200人分だから、今年は大量の児童性愛者(ペドフィリア)が逮捕されることになる。名簿はすでに警察が握っている。児童ポルノに関わっていた男たちは震えて眠るしかない。



 


2018-02-05

カンボジアで、客をめった刺しした売春女性が逮捕された

閲覧注意
2018年1月26日。カンボジア・カンダル州にある簡易宿泊所「サムナン・ナス・ゲストハウス」で、58歳の男が殺害された。部屋は乱雑に散らかり、男は全裸でベッド脇に横向きに倒れていた。

全部で17箇所もナイフで刺されており、容疑者が殺意を持っていたのは明らかだった。ふたりはカップルでゲストハウスに入っていったのだが、女性だけが先に出ていた。死体は掃除人に発見された。

すぐに警察がやってきて調査に入ったところ、貴重品がすべて盗まれていた。

逃げていった女性については目撃証言があったが、髪を金髪にしており、明らかに「売春ビジネスに関わっている女性」に間違いなかった。

殺された男はジャーナリストで名前をヌオン・ソプアップと言った。この男もジャーナリストは表の顔で、裏ではプノンペンでMP(マッサージパーラー)の経営にも関わっており、売春ビジネスと縁が深い男だった。

警察はすぐにこの男が深く関わっていた女性の数人の身柄を拘束したのだが、そのうちのひとりの女性が自供した。MP(マッサージパーラー)に勤める女性だった。



 



お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら