ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ケーララ州で逮捕された売春女性から、インド女性を思う ◆レイプされたことを表沙汰にすると、ますます傷つく社会 ◆私が好きだった堕ちた女は、みんな「それ」を愛していた ◆子供売買ビジネス。ハイチでもあった子供売買の邪悪な手口
◆行方不明者の統計が、殺人事件の統計よりも恐ろしい理由 ◆美しい長髪のマリーが、鏡の自分を見つめて自己陶酔していた ◆半世紀以上も前から、メンテン近郊は多くの売春女性がいる ◆日本人は、これからは動物のようにセックスを解放すべき

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-03-13

家族の誰かが女装していたら、あなたは許容するだろうか?

ところで、あなたは女装したことがあるだろうか。あるいは、家族の誰かが女装していたら、あなたは「きれいだね」と許容するだろうか?

国外では、金のために女装して売春で生計を立てる男がいる。タイではそんな男たちが山のようにいるのは有名だが、何もタイだけの現象ではない。

世界中で、女装した男が、金のために身体を売っている。

欧米でも、南米でも、東南アジアでも、どこでもそうだ。そういった男たちを見て「彼らも生活があるのだから仕方がない」と許容する人も多い。

しかし、金のためではなく「趣味で女装する男」についてはどうだろうか。そういった男たちも、最近は非常に目立つようになってきた。

こうした男のことを「オートガイネフィリア」と専門用語で言うようだ。趣味で女装してどうするのか、という疑問があるかもしれない。彼らはなぜ女装するのか。それは、「女性としての自分を愛する」からである。

女装した自分の姿を見て、性的興奮を覚える……。

同じ女装でも、性同一性障害とはまったく違う理由であることが分かるだろうか。彼らは自分が女性だと思っているわけではない。女装した自分に惚れているのである。



 


2017-03-10

HIV感染者の道連れセックスは、日本女性が標的になる

中央ヨーロッパに位置するチェコ共和国は目立たない国だ。首都プラハもあまり目立つこともなく、世界から忘れ去られているような雰囲気もある。

しかし、あまり知られていないが、このチェコはゲイのためのクラブがいくつかある。さらにゲイのためのポルノを製作する有名な会社もあったりするので、隠れたゲイ観光地になっていると言われている。

チェコはゲイ文化が地下で広がり、それが受け入れられていた国だったのだ。

ズデネク・ファイファーという男もゲイだったが、本国で無防備なセックスを繰り返しているうちに、いつしかHIVに感染してしまっていた。

普通であれば、ここで無防備なセックスは止めて治療に専念する。ところが、ズデネク・ファイファーは逆だった。自分がHIVに感染したと分かると、より乱脈なセックスに走ったのである。

これは、「道連れのためのセックス」である。

一部の自暴自棄に陥ったHIV感染者によく見られる行動で、「自分が不幸に堕ちるなら、みんな道連れにしてやる」という気持ちが湧くようだ。この男もそうだった。



 


2017-03-06

ワンマイ、美貌の21歳。今のラオス人はここまで美しくなった

2001年、シンガポールの売春地帯であるゲイランをさまよい歩いている時のことだが、今でも覚えていることがある。

ここでストリート売春をしていたひとりの女性がいたのだが、彼女はスラリとして背が高く、とても色白で美しかった。

私はしばらく彼女がタイ女性だと思ったのだが、「タイのどこから来たの?」と尋ねたとき「私、タイ人じゃないの。ラオ(ラオス)から来たのよ」と答えた。

私が知っているラオス人というのは、肌の色が褐色に近い女性たちばかりだったので、私は驚いて「こんなに白い肌のラオス人はいるの?」と思わず聞いたものだった。

「ラオス人と言っても、真っ黒の人もいれば真っ白の人もいるのよ。私はタイ人とラオス人のハーフなの」と彼女は答えながら柔和に私を見て笑っていた。

タイでもイサーン出身の女性は褐色の肌をした野性味溢れる女性が多いが、チェンマイ出身の女性は肌がとても白くて清楚な雰囲気を漂わせている女性が多い。

私はラオスのことはほとんど知らないのだが、ラオスにもそうした地域ごとの違いがあって、ひとことでラオス人と言ってもそれぞれ違っているのだと彼女を見てて思い知ったのだった。

肌の白いラオス人の女性のことは今も忘れていない。とても印象深い女性だった。






2016-12-19

実は、とんでもなくエロチックでセクシーだったこの女性

誰でも見知らぬ人に見せる顔と、親しい人に見せる顔は違っているのだが、それが極端なのはインドである。

それぞれの性格や思惑があるので、一様に絶対そうだとは言えないのだが、インドの女性は初対面や知らない男には打ち解けないことが多い。

知らない男にもとりあえずは敵意をないことを示すために、にっこりと笑って迎える優しい日本人女性とは違い、氷のように無表情で、警戒心を剥き出しにし、時には敵意すらも見せているのではないかと思う女性もいる。

まず最初は警戒して睨むのがインド流だ。

そのため、インドの売春地帯に初めて行った男は、東南アジアの女性の人懐っこさやホスタビリティを知っている人であればあるほどショックを受ける。

にっこりと笑って迎える女性は少なく、それよりも無表情か、敵意丸出しでこちらを見ている女性も多いのである。

最近、このインド女性の性質をそのまま表しているような女性の写真があって、私は思わず苦笑してしまった。表で見せるどこか人を拒絶するような表情と、親しい男とベッドに上がった表情が同一人物なのか、と思うほど違うのである。



 


2016-11-12

小説『裸足のシャーミカ』と、スリランカの時代背景の解説

アマゾン・キンドルで小説をひとつアップしました。小説『裸足のシャーミカ』です。この小説は400字詰め原稿用紙で言うと80ページほどの短編です。短編なので、ブラックアジア的な底辺の売春ビジネスの現場を凝縮したものとなっています。

アマゾンのページはこちらです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N3UFOKJ

「小説」とありますが、シャーミカにはモデルがいて実際にスリランカで売春ビジネスに堕ちていた女性です。彼女については思い入れが強くて、今も忘れていません。

そのため、内容のほとんどは小説というよりも、リアルな世界の描画となっています。スリランカの売春の現場のひとつはこんな世界なのか、というのが分かると思います。

短編であるがゆえに初期の頃のブラックアジアが持っていた売春する女性に対する強いこだわりが濃厚に含まれているものとなっています。

スリランカの売春する女性、底辺に堕ちた女性を取り上げた小説は他のどこにも存在しないと思いますので、ご関心がある方はどうぞお読み下さい。






2016-09-30

超熟女(1)10代の男の子が指名する伝説の60代風俗嬢?

ブラックアジア in ジャパン
60代と言えば、もう充分に高齢層に入る。ところが、そんな60代でも現役で風俗嬢をしている女性がいる。世の中にはいろんな女性がいるのだ。

風俗の世界では40代になると「熟女」と言われるようになるのだが、60代であれば「超熟女」だろうか。

「超熟女」の人数はさして多くないはずで、東京首都圏でも100人いるかいないかではないかと思われる。

中には、すでに60代に入っているのに客が付かなくなるのを心配して「40代だ、50代だ」と偽って働いている女性もいるだろう。そのため、総数は正確には分からない。

しかし、そういった女性を含めても、60代の風俗嬢というのはそういるわけではないというのは間違いない。

数が少ない理由は言うまでもなく需要があまりないからである。10代や20代の女性を追い求める男は莫大にいるが、女性の年齢が上がれば上がるほど男は関心を失っていく。

しかし、皆無ではない。ここに「超熟女」の風俗嬢が生き残る余地がある。

そんな風俗嬢に会ってきた。



 


2016-09-26

なぜ、富裕層は貧困層が本当に見えなくなってしまうのか

「パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃない」

農民が主食のパンを食べられないほど生活が困窮している時、マリー・アントワネットがそう言ったと今までの歴史では伝えられてきた。

今では本当にマリー・アントワネットがそう言ったのかどうか疑われている。

しかし、この「パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃない」というのは、富裕層がまったく貧困層のことを分かっていない例として今でもよくあげられる。

富裕層と貧困層の意識がズレていくのは、世界が違い過ぎるからでもある。互いに相手が見えなくなる。

貧困層は富裕層が働かないで食べていけるということが想像できないし、それが理解できない。逆に富裕層は貧困層を見て、なぜそんなに働かないといけないのかが理解できない。

金持ちは驚異的なスピードで、どんどん資産を膨らませていくが、貧困層にはどうしてそうなるのかその仕組みがまったく理解できない。富裕層は富裕層でなぜ貧困層は貧困のままなのかが分からない。

信じられないかもしれないが、富裕層は貧困が見えなくなる。



 


2016-09-15

いよいよスリランカ女性たちのベールも剥がれていく時代

私が初めて好きになったインド圏の女性は、スリランカ出身の女性だった。このスリランカ女性には、シンガポールの売春地帯である「ゲイラン」地区で出会った。

私が最後にゲイランを訪れたのは2014年だが、もうこのエリア一帯は再開発の波に飲まれて路上に立つセックスワーカーたちは激減していた。

インドネシア女性もスリランカ女性も見えなくなって、中国大陸から来た女性ばかりになってしまった。(ゲイランがどこに向かっているのかを昼間の光景で察した

私自身は、このゲイランで出会ったスリランカ女性が忘れられなくてスリランカにも訪れてみたりしたのだが、スリランカは売春地帯がない。

そのため、私の沈没する先は巨大売春地帯が存在するインドのコルカタやムンバイになっていったのだが、やはりスリランカ女性もずっと気になっていた。

2010年も過ぎる頃になると、インドでスマートフォンやインターネットが爆発的に流行するようになっていき、保守的なベールに包まれていたインド女性のヌードはインターネットで大拡散する時代になった。

そして、いよいよスリランカにもその波がやってきている。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら