ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆「未知の生物」が人類に襲いかかる日は、いずれやって来る ◆金を勝手に使われ、「返して」と言ったら恨まれて殺される ◆中国では、自分の知らない間にセックスが記録されていく ◆性行為の中でフェラチオは当たり前のものになったが……
◆バイアグラで勃起しても射精ができない苦しみを抱える男 ◆イタリアの路上売春する女性たちの、あまりに刺激的な恰好 ◆タトゥーの次。新しい時代が生まれつつあるのかもしれない ◆札付きのワルが女性を残虐にレイプすると遺体はこうなる

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-03-29

徐槿栄。新宿歌舞伎町で赤ん坊を捨てた韓国人女性の背景

2017年2月15日、自動販売機脇に設置されたゴミ箱の中に捨てられたカバンの中から生後間もない男の子の嬰児の遺体が見つかるという事件が起きていた。

それが東京都新宿区歌舞伎町2丁目のホテル街にある駐車場・コインパーキングとあるのだが、具体的な場所を言うと「ホテルG7」と「ホテル・リバティ」向かいにある駐車場に置かれてあったゴミ箱の中である。

ここに手提げカバンと一緒にヘソの緒の付いたままの嬰児を捨てていた。

歌舞伎町は水商売と風俗とラブホテルが林立する場所であり、この歌舞伎町2丁目も、そうしたラブホテルが立ち並ぶ場所の一角である。

事件の母親はすぐに逮捕されるかと思ったが、1年経っても音沙汰がなく、やがてこの事件は闇に消されていくようにも思えた。しかし2018年3月22日、女は思わぬところで逮捕された。成田空港だった。

嬰児遺棄の母親は韓国人で、その名前を徐槿栄(ソ・クンヨン)と言った。徐槿栄は赤ん坊を棄てた2017年2月15日にすぐに韓国に逃げ帰っていた。

ところが、1年経って再び日本に舞い戻ってきていた。(鈴木傾城)



 


2018-03-25

ルーマニアの経済苦の中、裸を見せて稼ぐ女たちの群れ?

私は基本的に寒い国には行きたくないので東欧に行くことはないが、それでも私は東欧の女性を知っている。彼女たちと関わったことがある。

彼女たちは流れ流れてタイ・パタヤにたどり着き、ウォーキング・ストリートで身体を売っていたからだ。

東南アジアにも貧しい東欧の女性が流れて来ている。バンコクではスクンビット界隈でストリート売春をしていたし、コールガールとして登録している女性も多い。私がパタヤで関わった白人女性は、大半がルーマニアの女性たちだった。

東欧だとかルーマニアだとか言うと、何かロマンチックなイメージがあるが、実際の東欧はロマンチックどころではない。ヨーロッパでもすっかり見捨てられた貧困国である。(ブラックアジア:ルーマニア。見捨てられた東欧の貧困国に住む最底辺の人々

彼女たちがなぜ東南アジアにまで売春ビジネスのために来ているのかは、ひとえに「貧困」に喘いでいるからである。彼女たちは地獄の中で生きていたのだ。

そんな彼女たちは今、大金をつかむビジネスを見つけた。もちろん、今でもルーマニア女性は売春ビジネスで生きているのだが、新しい形態が大流行している。裸を見せて稼ぐのだ。(鈴木傾城)



 


2018-03-09

45万人がHIV感染している国の売春地帯で生き残るために

タイの売春地帯は紆余曲折を経ながら今も全世界からハイエナたちを呼び寄せており、東南アジアで最大規模の売春エリアとして存在している。その規模は、東南アジアどころかアジア太平洋地域で最大規模である。

堕落と快楽が欲しければ迷わずタイに向かえばいい。そこには求めるものすべてが存在する。

ところで、その代償としてタイが抱えているのが性病の蔓延であり、エイズ禍も深刻だ。

タイのHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染は沈静化してきたと言われており、だからタイは安全になったと考えるハイエナたちも多いのだが、実際はどうなのか。

タイのHIV・エイズ感染の最新データとして「HIVとエイズに関するグローバルな情報と教育」を標榜するイギリスの団体「AVERT」が2016年の数字を出しているので、これを参考に見ると、タイは以下のような状況になっている。

「2016年時点でHIV感染者は45万人」
「2016年には6400人が新しくHIVに感染」
「新規感染者の90%は無防備な性行為」
「新規感染者の10%は売春する女性」

タイで最もHIV・エイズ感染のリスクが大きい場所は、言うまでもなくバンコクやパタヤの売春地帯である。新規感染者の90%は無防備な性行為でHIVに感染するという事実は重い。(鈴木傾城)



 


2018-03-01

タイ女子高生も自撮り。ヌード・セックス当たり前の時代

タイは2014年からプラユット陸軍総司令官による軍事政権に入って、風紀が徐々に厳しくなっていった。

ディスコ・クラブに薬物検査という名目の営業妨害や摘発が入ったり、売春地帯の定期的な取り締まり、ストリート売春する女性たちの逮捕、さらに林立していたMP(マッサージパーラー)の閉鎖と、気付かない間にいくつもの手を打っている。

日本人にもよく知られていたナタリーを初めとして、アムステルダム、シーザー、エマニュエル、ビクトリア・シークレットと、次々と狙い撃ちで閉鎖されている。

パタヤのMPにもしばしば警察が立入検査しているのだが、パタヤはまだ閉鎖には至っていないが、この調子だといつどうなるのか分からない状況である。

さらに「景観を乱す」「街を汚す」という理由で屋台も摘発されるようになっている。今は摘発と復活のイタチごっこが続いているが、基本的に政府当局は屋台を消し去りたい意向を強く見せているので、それは成功するかもしれない。

そして、あまり知られていないが、インターネットも当局のチェックが入るようになっており、いかがわしい写真や動画をあげていた女性たちが警察の指導を受けて写真を取り下げるような事件が次々とニュースになっている。

ところが、である。タイ女性は日本人が想像できないほど自撮りが好きで、今やタイ女子高生の自撮りも過激になってヌード・セックス当たり前の時代となっており、それが止まらない。



 


2018-02-27

公園売春。社会の底辺で広がっている売春の光景を見よ

アメリカはコールガールやマッサージパーラーのような室内(インドア)売春以外にストリート売春が非常に盛んで、底辺層の多くは車で売春する女性を拾って、車の中や近くの広場やモーテルで性サービスを受ける形になる。

ロサンゼルスのような大都会ではシングルバーやポルノ映画館やその近辺にも売春する女たちが立っていて、客がつくと路地裏で売春する女性もいた。

私が真夜中にロサンゼルスをうろついていた時、ポルノ映画館の近くでたむろしていたのは黒人の女性たちで、中には明らかに未成年だとおぼしき少女も立っていて、アメリカの闇を垣間見たような気持ちにもなった。

ニューヨークではロングアイランド島だけを見てもいくつか公園があるが、真夜中の公園はストリート売春をする女性たちが何人も立つような場所と化す。

日本では「公園」と言えば子供の遊び場くらいなイメージしかない。しかし、アメリカで公園と言えば売春する女たちやドラッグ依存者やディーラーや犯罪者がたむろする危険極まりない場所であり、夜になると普通の人は近寄らない。

公園と売春は縁が切れない場所なのである。なぜか。(鈴木傾城)



 


2018-02-09

アボットさん(1)地雷専門デリヘル店「デッドボール」

ブラックアジア in ジャパン
日本の風俗では普通では食べていけない多くの女性が流れ着くのだが、女性であれば誰でも風俗に面接すれば食べていけるわけではないのは確かだ。

見るからに容姿が劣ったり、太っていたり、老け込んでいたりすると、どれだけ面接に行っても受からない。門前払いだ。店も稼げない女性を置いておく余裕はない。

男たちが求めているのは「容姿が標準以上」の女性である。もし、仮にパネマジで騙して客を釣ったとしても、クレームがきて面倒な上にリピートもなくビジネスが続かない。

ところが、奇妙なデリヘルもある。

「デッドボール」という店はそんな奇妙な店の筆頭で、風俗業界ではカルト的な人気があるデリヘルである。何が奇妙なのかというと、この店は最初から「地雷専門店」と謳っており、自ら「レベルの低さ日本一」と堂々と告知している。

それは嘘でも偽りでもなく、本当に他店では絶対に受からない女性でも断らずに入店させており、容姿でどうしても受からない女性たちの「最後の砦」となっているのである。

デリヘルのメッカである鶯谷と池袋で営業しているのだが、このデリヘル店の看板になっている女性が「アボット」という源氏名の女性だ。



 


2018-02-02

帰ってきたタイ女性(1)。日本の真夜中は再び変化する

ブラックアジア in ジャパン
1980年代の後半から2005年までの約20年間、日本の真夜中には外国人女性が大勢潜り込んでおり、真夜中の世界では日本女性よりも外国人女性の方が多かった。

特にバブル経済が全世界に轟くようになった1985年以後、日本には全世界から外国人が殺到し、アンダーグラウンドも中南米系から東南アジア系まで百花繚乱であった。

水商売にはフィリピン女性が大量に紛れ込んでいたが、ちょんの間やストリート売春には、コロンビア女性、台湾女性、タイ女性が大進出していた。

新大久保はコロンビア女性を中心とした南米系の女性とタイ女性がストリート売春に明け暮れていた。池袋北口はタイ女性があまりおらず、中国女性、韓国女性と南米系女性がラブホテル街を徘徊していた。中にはパナマ女性までいた。

そして、ちょんの間もまだ健在で、東京郊外の町田はタイ女性のメッカとなっており、寿町でも多国籍の外国人女性が客待ちをしていた。

つまり、東南アジアで女たちと関わっていたハイエナたちは、国内でも外国人女性と付き合えた。あまりにも多様な国籍の女性たちがいたので、日本女性に対する関心を完全に失った男までもが出現するほどだった。

こうした時代は2005年に終わったのだが、完全に終わったわけではない。最近になって再び状況が変わりつつあることにハイエナたちは気付くべきだ。何が起きているのか。



 


2018-01-22

「当たれば大金持ち、外れれば一文無し」が中国人のやり方

2014年に久しぶりにシンガポールの売春地帯であるゲイランで何日か寝泊まりした。そこは売春地帯としての機能はどんどん縮小しているのが見て取れたのだが、相も変わらず続いていたのは闇バクチである。

かつて大陸から来た女たちが売春する小路だったところは、もう女たちは立っておらず、代わりに闇バクチが進出して男どもが集まって歓声や罵声を上げている。

地元のチンピラ風情の男が路上にテーブルと板きれを用意して、3個のサイコロを振り、目の合計が10以下か11以上かを賭ける。大か小かを賭けるので、この賭博の名前は「大小」と呼ぶ。

単純な賭博で進行は早い。テーブルにはそれぞれの男が現金をそのまま張っており、血走った目でサイコロの目を見つめて一瞬に賭けている。

シンガポールは華人が作り上げた国だが、国民はマレー系、インドネシア系、インド系と多国籍だ。しかし、路上の違法ギャンブルに興じているのは、そのほとんどが中国系であるのは興味深い。

誰でも参加できるのだが、熱くなっているのはやはり華人なのである。中国人は世界一ギャンブルが好きな国民であると言われているのだが、そんな気質が垣間見える。(鈴木傾城)







お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら