ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆戦争、内乱、地獄からの逃亡。生き延びるには「これ」を持て ◆雲南省の国境地帯。国境の街には、ありとあらゆる悪が集結 ◆バングラデシュ。どん底が、逆に郷愁となるという不思議 ◆リゾート地タオ島で惨殺された23歳の英女性の無残な姿
◆鶯谷(うぐいすだに)。山手線内で最も嫌われている場所 ◆旧友に似た女性に誘われ、なぜ強いうずきを感じたのか? ◆撃ち殺される女たち。銃が野放しの社会では誰もが標的だ ◆9歳の少女が売春する、ブラジルの「地獄のハイウェイ」

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-08-01

2017年8月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ

今年はひどく蒸し暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。ブラックアジアは、もちろん今月も休まず更新し続けるつもりです。よろしくお願いします。

ここ1年から2年ほど取り組んでいた日本の夜の女たちの話は最近、電子書籍『デリヘル嬢と会う』という形で結実しましたが、もちろん全内容はこのブラックアジア内でも読むことが可能です。電子書籍には収録していない記事も読めます。

そして、お待たせしました。今月より、さらにディープに日本のアンダーグラウンドに潜り込んでいきたいと思います。『ブラックアジア・イン・ジャパン』の第二弾です。

どんな女性が闇の中に潜んでいるのか分かりませんが、ブラックな世界に生きている女性を探し出して実際に会って関わってくるつもりでいます。

もちろん、ブラックアジアの記事はそれだけではなく、東南アジアや世界を含めたアンダーグラウンドにも注視し、多くの記事を書いていきたいと思っています。

ブラックアジアでは今月もまた有料会員を募集します。関心をお持ちの方はどうぞ有料会員にご登録下さい。登録はペイパルにて簡単に行うことが可能です。



ブラックアジアの登録はこちらから。



1年契約5,000円(システム登録時より365日間有効です)
1年限定で、自動更新機能はありません。









2017-07-30

地獄の社会で悲惨な末路の中で死んでいく女性を見つめよ

閲覧注意
インド圏では相変わらず女性の顔面に強酸を投げつける「アシッド・アタック」が止まらないのだが、最近はバングラデシュで売春する女性に酸を投げつける事件もあった。

なぜ売春する女性に酸を投げつけるのか。なぜ彼女たちは見知らぬ男に標的にされるのか。それは彼女たちが「不品行でみだらな女」だとして社会的に批判されているからだ。

売春する女性を愛する男もいるのだが、世の中のほとんどの人間は、昼間から公然と身体を売って歩いている女たちに対して激しい怒りや嫌悪を感じている。

そのため「こんな女たちには罰を与えるべきだ」と考える人間も一定数いる。特にバングラデシュのようなイスラム国家では、不品行に染まった女たちは神の名において排除される対象になりやすい。

男たちがしっかりと稼いで女性を守らないから、底辺の女性が売春に追いやられているという現状は考慮されることはない。女性は何があっても不道徳なことをしてはならないのだ。

だから、不特定多数の男たちに身体を売りながら生きながらえている女は不道徳の極みであり、「そんな女は破壊してしまえ、殺してしまえ」ということになり、アシッド・アタックのような犯罪が蔓延することになる。



 


2017-07-06

巨大な災害は、地方を最初に荒廃させて最後に都市部を襲う

2017年7月5日から九州地方に凄まじい豪雨が襲いかかっており、河川の氾濫で43万人以上に避難指示が出されている。福岡県朝倉市に来たのは「観測史上最大」の豪雨だった。

実は今、中国でも広範囲で「爆弾が落ちてきたのではないか」と言われるようなひどい豪雨が降っていて、内陸部の四川省から沿岸部の天津までひどい状態だ。

長江の支流の堤防も決壊して橋も流されたりしており、長沙市では冠水した道路の中に車が沈んでいるような様相になってしまっている。

中国ではもはや都市が洪水で沈没する光景は毎年の恒例行事となってしまって異常なまでの豪雨に驚く人はひとりもいなくなった。異常気象も恒例化すれば異常と思わなくなる。

一方で、欧州や中東やアメリカでは、強烈な熱波が襲いかかっており、パキスタンでは2017年5月28日に史上最悪の最高気温である54度を観測、イランでも南西部で53.7度となった。

豪雨と熱波は180度違う気象現象だが、どちらにしても人間の存続を脅かすような強烈な気候が、もはや恒常化してしまっているということは間違いない。

地球環境の激変が迫っている。これは、人間が止めることは不可能である。






2017-06-09

祖母も母親も娘も売春で生きる光景は他人事ではなくなる

いったん閉鎖され、取り壊され、そこで働いていた人たちを追い出したら、その売春地帯が復活するのは絶望的だ。しかし、時には奇跡も起こることがある。

「穢れた女たちはすぐにここから立ち去れ!」と地元の力ある宗教指導者が信者を連れて売春地帯を破壊して回ったのが、バングラデシュのタンガイルだった。(つぶせ、追い出せ、奪え。バングラデシュ売春地帯の終焉

私はバングラデシュにいるとき、この売春地帯を訪れているのだが、迷路のような場所に多くの女たちが「住み込み」で売春ビジネスをしているところだった。

この売春地帯は最近になって奇跡的に復活を遂げたのは以前にも書いた。(バングラデシュ・タンガイルの売春地帯が復活していた

そのタンガイルで、祖母も母親も売春ビジネスをしていた一族があるのだが、今度は娘が一族代々の仕事に就くことになったという。これで、この一族は三代に渡って売春ビジネスをすることになった。

娘はまだ15歳だったが、バングラデシュでは15歳の娘はステロイドで太らされて無理やり大人の身体にされて売春ビジネスに就かされるので珍しい話ではない。(ステロイドまみれの売春地帯「ファリドプル」を撮った写真

売春ビジネスの継承もまた珍しくない。インド・コルカタの売春地帯でも、母子とも売春で食べているというのはよくある話だった。売春ビジネスの継承は、いろいろ思うことがある。



 


2017-05-02

社会的に弱いこの3つの立場の女性がレイプと殺戮の標的

閲覧注意
ISIS(イスラム国)が多くの女性を性奴隷にし、小児性愛者(ペドフィリア)が少女を求めてうろつき回る。この両方に共通しているのは「圧倒的に弱い者をターゲットにしている」ということだ。

強い、弱いというのは、肉体的な部分だけを指しているわけではない。身分でも、地位でも、経済力でも、人種でも、年齢でも、いろんなところに強い立場と弱い立場ができる。そして、強い者が弱い者を食い散らかす。

社会的にも肉体的にも経済的にも弱い立場に押し込められているのは女性であることが多い。

基本的に男女平等や均等雇用法は「弱い立場の女性を守る」ためのものであり、それ自体が女性が弱い存在であることを社会が認めているということでもある。

ひとことで女性と言っても、その女性の中でさらに弱い存在がある。

いつの時代でも、どこの社会でも、虐げられ、レイプされたり殺戮されたりされやすい本当に弱い女性というのは、実はとてもありきたりな存在でもある。

どんな女性が恐ろしいことになるのか。



 


2017-04-30

パタヤは燃えているか。退廃の「入口」として最適な場所

日本は正月や夏期休暇のような特別な時期でないと休みが取れない社会だが、その中でゴールデンウィークは勤め人でも長期の休みが取れる貴重な時期となっている。

この休みを利用して海外に出ている人も多いだろう。

東南アジアで堕落と退廃を見るのであれば、今も昔もタイが最も相応しい。ブラックアジアの読者の多くは、今頃タイに向かっているのではないだろうか。

雲南省河口の「人肉市場」が知られざる売春地帯であるとすると、タイの売春地帯は真逆の「誰もが知っている売春地帯」であると言える。(河口『人肉市場』。知られざる売春地帯を読者が写真に

現在のプラユット政権は、イギリスのタブロイド紙でタイが「セックス・シティ」と紹介されたのを激しく嫌って浄化作戦をじわじわと進めており、タイも時代が変わりつつある。

売春地帯をただの歓楽街にして、あからさまなセックスを消そうとしているのが現代の動きだ。

しかし、タイは売春地帯を中心にして発達してきた「不都合な歴史」があるので、そう簡単に売春ビジネスが消せるわけもなく、政府の浄化作戦は常に一進一退となる。

私自身がこのタイの売春地帯を揺りかごのように生きてきた人間のひとりでもあり、タイの堕落と退廃が消えるのはとても寂しく思う。できれば、生き残って欲しい。(電子書籍『バンコク売春地帯』をアマゾンにて発売中

現在のタイの売春ビジネスの中心地はバンコクからパタヤに移りつつあるが、今ごろはパタヤの売春地帯も多くの男たちで燃えるような熱気になっているはずだ。



 


2017-04-22

売春宿。私が寝泊まりしてきた東南アジアの売春宿の部屋

普通の人は売春地帯には近寄らないし、まして売春宿に泊まることもないので、ひとことで「売春宿」と言ってもどんなところなのか、想像すらもできない人の方が大半だ。

売春宿は、狭く、古く、殺伐として薄汚れているところが多いのだが、こういった場所は写真を撮るところではないので、ほとんどは記録に残らない。

私も数千以上もの売春宿の部屋に転がり込んでいるはずだが、その部屋を写真に残したというのはほとんどない。そんなことをしたら宿の経営者がやってきてカメラを壊されるか、私自身が叩きのめされて放り出されるのがオチだ。

売春ビジネスは当局の規制の対象であり、業者も女性も記録に残されるのを嫌うわけで、本来であれば写真を撮ってはいけない場所である。

だから、売春宿の記録はほとんど残らない。

しかし、そうは言ってもたまたま部屋に放り込まれて女性がくるまで時間が余っていたりすることもあるし、ごくたまに写真を撮られるのが好きで好きで仕方がない女性がいたりして、偶然に写真が残せるケースもある。

そうした写真がたまに残ると、後で写真を見つめてしみじみとその時の光景を思い出すこともできるようになる。「たまたま」手元にある売春宿とは、どんなところなのか。いくつかの写真を紹介してみたい。



 


2017-04-18

不衛生極まりない売春宿と、女性の性器が放つ強烈な臭い

日本人の女性はとても清潔で、衛生的だ。

身体を清潔に保つ、衛生的に保つというのは、日本人にとっては当たり前だと思っている人も多いが、世界を見回すと、その当たり前が通用しない国も多い。

日本人ほど自分の身体を丁寧に洗って、毎日のように湯船に浸かる民族はあまりいない。日本人の潔癖さは、本当に世界でもトップレベルにある。

当然だが、どこの民族も清潔で衛生的であることの重要性は認識しており、多くの人はその国のレベルの中できちんと清潔さを保っている。

だから「日本人は清潔で、他民族は清潔ではない」という認識は間違っている。どこの国の人たちも清潔であるのは間違いないのだが、日本人の潔癖さはそれを上回るものがあるというのが一般的な認識だ。

そのため売春ビジネスの現場でも、途上国になればなるほど、日本人の潔癖さでは想像ができない現場に直面することになる。売春宿の状況も、女性の身体も、時には普通の日本人には耐えられないような不衛生さが存在する。

私が経験した中で忘れられないことも夥しくある。それぞれの国で驚かされることが多かった。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら