ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆スカートの中を撮るのは「性的搾取」であるという非難 ◆豊胸やペニス増大を考えるよりも、もっと良い方法がある ◆父親が自分の娘を性的対象にするという、おぞましい行為 ◆何を見て「日本女性の貧困がどん底に達した」と知るか?
◆エクストリーム。刺激の強さを追求すると問題が発生する ◆豊胸手術。美しさというのは、数学のように割り切れない ◆「同性愛者は死ね」ブラジルの同性愛者を襲う暴力の光景 ◆アジアの女性は、貧困に落ちた日本人でも愛するだろうか?

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-01-21

「デリヘルの共同経営者になりませんか?」と頼まれた日

デリヘルは誰でも開業できる。所轄の警察署に『無店舗型性風俗特殊営業開始届出書』を出すだけでいい。後は女性を集め、広告を出し、客を待てばいい。

もっとも、開業は簡単だが、それですぐに儲かるのかは、店のコンセプトや、女性の質や、経営手腕や、競争の有無にかかっている。

何の特徴もないようなデリヘルは、もはや大勢に埋もれて男たちの目に止まらない。何か「尖ったもの」がそこになければならない。

ある店は「超激安」を謳い、ある店は「18歳と19歳だけを集めた」と謳う。ある店は「高身長の女性だけを集めた」、ある店は「妊娠した女性だけを集めた」と喧伝する。

ある店は「タトゥーやピアスが入った女性だけを集めた」、そしてある店は「目隠しした女性に好きなことをしてもいい」……等々、そのコンセプトは多種多様でめまいがするほどだ。

これだけ多種多様であるというのは、もはや「普通」であれば他に埋もれて客の目に止まらず、すぐに経営に行き詰まってしまうからでもある。だから、コンセプトとアイデアが重要になる。そして、当たれば大きな収穫を得る。

数日前、「デリヘルの共同経営者になりませんか?」と誘い水をかけられた。「お時間がなければ、店の経営は私がやります。出資して頂ければ利益は折半でも構いません」



 


2017-12-17

売春地帯で殴られた日本人は翌日に何をするのが正解か?

タイの売春地帯パタヤは、相も変わらず事件とトラブルの嵐になっている。

米豪の不良バイク集団があちこち襲撃して回ったり、ドラッグをやっていた人間が車を暴走させて十数人を轢き飛ばしたり、売春する女性に騙されたオーストラリア人が飛び降り自殺したり、毎日のようにセックスの街に巣食う人間たちが事件を起こしている。

2017年12月6日の午前1時30分頃、パタヤで70歳になる日本人男性が4人から5人の男とひとりの女に襲われて顔面を5回に渡って殴られるという事件が発生した。右目付近や額を殴られて彼の顔は腫れ上がった。

彼は必死で逃げて助けを求め、近くにいた人がツーリスト・ポリスに連絡した。警察は恐怖に震えているこの日本人を保護した。場所はチップ・プラザ付近のビーチということなので、まさにストリート売春をする女たちが集まるビーチロードのど真ん中である。

当然のことながら、彼がここを歩いているとひとりのタイ女性が彼に声をかけて売春を持ちかけた。彼はその女性を断ったのだが、ここで何か問題があったようだ。

女性に加勢した現地の男たちの4人から5人が、彼を囲んで逃げられないようにして何度も顔面を殴りつけた。売春地帯ではよくあることだ。殴り殺されなかっただけ幸せだ。

こうしたことが自分の身に降りかかったら、どうすればいいのか。あなたなら、どうするだろうか?



 


2017-10-26

売春ビジネスに携わる多くの女性に子供がいるということ

日本には風俗嬢が30万人近くいるのではないかと言われているのだが、その中で4人に1人はシングルマザーであると推測されている。とすれば、7万5000人が子供を持った風俗嬢だ。

ここ数年、私は多くの風俗嬢に会っているのだが、その中にはもちろんシングルマザーの風俗嬢もいた。

ある30代の女性はとても性格がささくれ立っていて、小学生の子供にはこのように言い聞かせていると私に言った。

「義務教育まで育てるけど、それから先は知らないからね」

彼女は、自分の子供が「可愛くない」と、まるで当たり前のようにつぶやいていた。彼女は夫と離婚しているのだが、「子供は夫に似てぶさいくで可哀想」と他人事のように言う。

彼女自身も実は親にネグレクト(育児放棄)された経験を持つのだが、彼女自身はけじめをつけるために子供を育児放棄することだけは絶対にないと言った。

しかし義務教育が終わればそれ以上は絶対に面倒は見ないというのも決めているようだった。アンダーグラウンドの女性の中には、子供に対する距離感が普通の女性とは違っていることもある。

彼女は彼女なりに子供を愛しているのだろうが、それでも突き放したような目で子供を見ているその冷徹な姿はとても印象的なものに思えた。



 


2017-10-24

高身長の女性が敬遠される理由と、高身長の女性を好む男

タイの売春地帯パタヤのオープンバーでだらしなく時間を潰していた時、身長が180センチ近いタイ女性がいたのを見たことがあった。小柄な女性が多いタイで彼女は目立った。

タイでは身長が高いとレディーボーイを疑うのだが、彼女は正真正銘の女性で、いつも「私はレディーボーイじゃない」とまわりの男に言っていた。

彼女は確かにレディーボーイではなかったが、彼女をペイバー(連れ出し)する男は私が知っている限りただのひとりもいなかった。

髪はうまくセットされておらず、化粧も雑で、服装も普段着のままで、夜の女としての魅力はやや欠けており、彼女自身もペイバーされるのを完全にあきらめているようだった。

こうした大柄の女性を好むファランも多いのだが、彼女はほとんど相手にされない。それでも健気に毎晩オープンバーにやってきて、他の女性が取った注文の飲み物を用意して、所在なげにカウンターの奥に座っているのだった。

数ヶ月後にこのバーに訪れた時、もう彼女の姿は消えていた。大柄な彼女はどこにいても目立つので、他のバーで働いていたのなら目にしたはずだが、二度と彼女を見ることはなかった。

もし、彼女がきちんと体型をコントロールし、化粧をして派手に変身したら、彼女はペイバーされるようになっただろうか。もしかしたら、難しかったかもしれない。



 


2017-10-10

写真禁止と言っても、どんどん流出していく飛田新地の夜

基本的に売春地帯は「撮ってはいけない」ということになっている。しかし、もう無駄だ。時代が変わった。撮られるのは、絶対に避けられなくなった。

いくら店が恫喝しようが威嚇しようが、約束事を押しつけようが、もう何の意味もなくなった。

今は誰もがスマートフォンを持っているし、そのスマートフォンには一眼レフにも匹敵するような超高性能なカメラ機能が付いている。そして、やってくる男たちの99%はスマートフォンを持っている。

いくら禁止されていても、撮りたいという男はいるし、実際に撮ってしまう男もいる。

そして、彼らはそれをSNSやインターネットに嬉々としてアップするので、もはや「写真NG」という規則は有名無実化し、はっきり言えば「垂れ流し」になっている。

アンダーグラウンドの現場が、これほど垂れ流しになっている時代はかつてないと言っても過言ではない。「写真NG」という規則は、今後はもっと意味をなくすだろう。技術革新は止まっていないからだ。

だから、今まで決して一般の人たちが見ることができなかった売春地帯の現場までが出てきているのだ。たとえば、厳しく写真規制されている飛田新地の画像も、すでに鮮明なものが流出する時代になった。



 


2017-10-08

なぜレディーボーイと一線を越えなかったのか今でも考える

タイにはレディーボーイが珍しくなく、バンコクやパタヤの売春地帯の30%くらいはレディーボーイではないかという状況になっている。

レディーボーイだけのバーですらも存在していて、それが嫌われるのかと思ったらまったくの逆で、普通の女性だけの場末のバーよりも男たちが群がっていたりする。

なぜか。レディーボーイは女たちよりもセクシーで派手にキメており、色っぽさを全開にして男に迫るからである。

ストリート売春をしているレディーボーイもたくさんいるのだが、こうしたレディーボーイたちは単なる「女装したマネーボーイ」が大勢含まれている。

一方でレディーボーイ・バーに勤めるタイプは、シリコンで豊胸し、女性ホルモンを飲み、髪の毛もウィッグではなく自毛の「本格派レディーボーイ」であることが多い。

そうでないことも多いので、絶対にそうだと断言はできないのだが、得てして本当に「女性になりたい」タイプのレディーボーイがいると言って過言ではない。

こうした「女性になろうとしているレディーボーイ」を見て、私は機会は山ほどあったのに、なぜ自分が彼女たちと関わらなかったのか、しみじみと考えることもあった。

別に関わっても良かったのではないか。いや、やっぱり関わらなくても良かったのか……。



 


2017-09-26

1970年代のベトナムと、当時の売春地帯と女性たちの光景

現在のタイの歓楽街、パッポン、ナナ、テルメ、ソイ・カウボーイ、そしてパタヤの原型は1970年代のベトナム戦争によって作られた。(パッポン。ベトナム戦争が作り上げたアジア最大の歓楽地

ベトナムとカンボジアは共産主義の猛威に席巻されていたが、タイは明確にアメリカ陣営であり、当時のタイ軍事政権はタイ全土にアメリカ軍に後方基地を提供し、空港を使うことを許可した。

だから、アメリカ軍はサイゴンに拠点があったのと同時に、タイにも数多くの拠点を持っていた。この拠点の周囲に売春地帯ができあがったのだ。

これらの売春地帯は元々、前線から降りてきたアメリカ兵のための娯楽施設(レクリエーションセンター)として作られたものだった。

いつ終わるとも分からない戦争で、数万人もの若いアメリカ兵が東南アジアに釘付けになっており、彼らのフラストレーションを何とか収める必要があった。アルコールとセックスは、娯楽施設には欠かせないものだったのだ。

アメリカは戦争に負けたのでサイゴンの娯楽施設(レクリエーションセンター)はすべて駆逐されてしまったのだが、タイでは残った。それが、今の歓楽街の元になっている。

ところで、消えてしまった幻のサイゴン売春地帯はどんなもので、どのような雰囲気だったのか。こんなものだった。



 


2017-09-25

夜の女たちの方が、露骨でストレートな分だけ潔く思える

見知らぬ男と出会い、すぐに裸になって性サービスをする。それは、売春ビジネスであれ、ソープランドであれ、デリヘルであれ、すべての女性にとってはハードなビジネスだ。

目の前の男は、常に優しく物分かりが良く金払いが良い紳士であるとは限らない。

不潔であったり、性病であったり、歯槽膿漏であったり、乱暴であったり、粗暴であったり、異常な性格であったり、変態的であったり、ありとあらゆる危険が伴う。

彼女たちは何のためにやっているのか。

金のためだ。すべてはそこに収斂する。セックスを楽しむためでもなく、出会いを楽しむためでなく、遊びでやっているわけでもない。金のためにやっている。

男たちは愛されているわけではない。愛されているというよりも警戒されていると言った方がいい。(すべての男が嫌いだと叫ぶ風俗嬢が、唯一好きな男とは?

金がもらえないのであれば、いったい誰が得体の知れない男たちに性サービスを提供するというのか。金をもらっているから、誰でもそれなりの性サービスを与え、一緒にいるのが楽しい演技をして、感じているフリをする。

金がもらえなければ、彼女たちは口もきかないはずだ。すべては金のためなのである。これは真夜中の世界の鉄則だ。「ノーマネー・ノーハニー(金の切れ目が縁の切れ目)」が唯一の絶対的ルールである。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら