ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆日本人が優しく、個人が弱いのは、遺伝子に原因があった? ◆なぜ、わき毛がない方がセクシーだと思うようになったのか ◆エドサの出来事。事件を引き起こしそうな男は、確かにいる ◆どんな人間でも天才にする単純で分かりやすい方法はこれだ
◆2013年から、なぜかレイプ事件が急増しているフィリピン ◆新100ドル発行で、旧100米ドル札のニセモノが大量流出との噂 ◆スマートドラッグ。うまくやれば天才、下手をすれば廃人 ◆ガイア殺人事件。残虐な殺人で浮き彫りになった事実とは

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-11-17

男は多様なのですべての女性が胸を大きくする必要はない

大きな胸を好む男が多いが、逆にそれほど胸の大きさにこだわらない男もおびただしく存在する。

普通の感覚を持った男であれば、付き合った女性の胸がどれくらいの大きさなのか、そんなことは大した問題ではないと考えている。

しかしSNS全盛期の時代に入り、社会的には「見た目の良さ」にひどくこだわる時代に入っているのが現実だ。こうした空気を敏感に感じ取っているのが女性である。

フェイスブックやツイッターやインスタグラムやユーチューブが社会に定着すると、次第に人々は自分の顔写真をアップしたり、動画をアップするようになっていった。

女性もそうだ。容姿をアップすることで人気を得て社会的にも大成功を収めるようになると、堰が切れたように多くの女性が自ら顔写真をアップするようになった。

目立つために、化粧も整形手術も当たり前になっていき、世界中の女性が「SNSのため」に豊胸手術もする。なぜなら、豊胸こそが男たちの目を惹きつけ、人気を得るのに手っ取り早いツールだからでもある。

胸の谷間ひとつで、女性は10万人や20万人の男の目を釘付けにして「いいね」を稼げる。胸の谷間ひとつは、どんな言葉よりも雄弁だというのをインターネットは証明したのだ。



 


2017-10-08

なぜレディーボーイと一線を越えなかったのか今でも考える

タイにはレディーボーイが珍しくなく、バンコクやパタヤの売春地帯の30%くらいはレディーボーイではないかという状況になっている。

レディーボーイだけのバーですらも存在していて、それが嫌われるのかと思ったらまったくの逆で、普通の女性だけの場末のバーよりも男たちが群がっていたりする。

なぜか。レディーボーイは女たちよりもセクシーで派手にキメており、色っぽさを全開にして男に迫るからである。

ストリート売春をしているレディーボーイもたくさんいるのだが、こうしたレディーボーイたちは単なる「女装したマネーボーイ」が大勢含まれている。

一方でレディーボーイ・バーに勤めるタイプは、シリコンで豊胸し、女性ホルモンを飲み、髪の毛もウィッグではなく自毛の「本格派レディーボーイ」であることが多い。

そうでないことも多いので、絶対にそうだと断言はできないのだが、得てして本当に「女性になりたい」タイプのレディーボーイがいると言って過言ではない。

こうした「女性になろうとしているレディーボーイ」を見て、私は機会は山ほどあったのに、なぜ自分が彼女たちと関わらなかったのか、しみじみと考えることもあった。

別に関わっても良かったのではないか。いや、やっぱり関わらなくても良かったのか……。



 


2017-09-10

知性と行動力を持った山尾志桜里に足りなかったものとは?

政治家の山尾志桜里という野心満々の女性が、政党の幹事長になるそのキャリアの頂点に立とうとしていたその瞬間、不倫スキャンダルを暴かれた。

彼女は週4日も家庭を放って若い男と逢瀬を重ねていた。

幹事長に内定したその日もホテルで男と一晩過ごしていたわけで、それを雑誌記者にすべて把握されて、数多くの証拠写真と共に暴露されることになった。

その瞬間、山尾志桜里は幹事長就任を阻まれたばかりか、追い出されるように民進党を離党せざるを得なくなった。見事なまでの転落劇である。

その前には衆議院議員の豊田真由子という女性が、自分の運転手に「死ねば? 生きている価値ないだろ」等の暴言を吐き捨てているのを録音されて世間にばらまかれている。

その結果、自民党を担う次期政治家から一瞬にしてバケモノ扱いされるようになって再起不可能なまでに転落した。

どちらも、キャリアを追う女性が得意満面の中にある最中に起きた転落だったが、一夜にして評価が変わって転落していくその姿は壮絶でもあった。






2017-08-05

レイプと殺人が横行する国と、暴力性の裏側にあるもの

閲覧注意
どこの国でもレイプは重大犯罪であり、レイプ犯には十年以上にも及ぶ懲役刑が科せられる。なぜか。もちろん、女性の心身を破壊することもあるのだが、それだけが理由ではない。

こういった事件を放置していたら、国中がレイプ犯罪で覆い尽くされるという恐怖があるからでもある。

まだ法が人々を縛る前は、宗教が法の役割を担っていて、必死になって人々に性の自制を説いていた。なぜか。レイプは、いつでもどこでも起こり得たからである。

日本は女性が真夜中にひとりで歩ける国だ。しかし、日本を一歩出ると、普通の若い女性が真夜中をふらふら歩くというのはレイプされても文句が言えないような状況だ。

途上国は特にそうだ。貧困層の住むスラム地区は、若い女性にとってはとても危険な場所でもある。そこではレイプが日常茶飯事であり、犯人が誰なのか知っていても、報復を恐れて警察に訴え出ることもできないような場所もある。

中南米やアフリカの治安が悪い国々では昼間も歩けない地区がある。そしてそこでは、毎日のようにレイプされて殺された女性の死体が見つかっている。法や秩序が弱体化したら、男が野獣のようになって女性に襲いかかっていく。

ところで、いったい何が男たちを突き動かしているのか?



 


2017-04-06

誰にとっても、恋愛は命に関わるほど危険なものである

閲覧注意
あなたは、失恋したことがあるだろうか。好きな人に別れを切り出され、いきなり関係を断ち切られたことがあるだろうか。好きな人を失った記憶はあるだろうか。

長い人生を生きる中で、「失恋したことはない」という人はもしかしたらいないかもしれない。時には、思い出したくもないほど、ひどい別れ方をしたこともあるかもしれない。

失恋というのは、自分が否定されるということだ。自分の気持ちが成就しなかったということだ。

相手との関係が長くなるほど、そして関係が深くなるほど、その関係を失った時の感情は激しく、悲しい。それは、どんなに風化させようとしても風化できないほど、自分の中で苦しい体験として刻まれるのではないだろうか。

失恋はそれほど珍しいことではない。にもかかわらず、失恋の後の襲いかかってくる感情は危険だ。自暴自棄、不眠、精神疾患、鬱病、自殺に至る人も珍しくない。

それを乗り越えても、心の傷としてずっと重い気持ちがついてまわり、ひとりでいるとき、静かに生傷が開いて心の痛みがじくじくとぶり返してうずく。



 


2017-03-13

家族の誰かが女装していたら、あなたは許容するだろうか?

ところで、あなたは女装したことがあるだろうか。あるいは、家族の誰かが女装していたら、あなたは「きれいだね」と許容するだろうか?

国外では、金のために女装して売春で生計を立てる男がいる。タイではそんな男たちが山のようにいるのは有名だが、何もタイだけの現象ではない。

世界中で、女装した男が、金のために身体を売っている。

欧米でも、南米でも、東南アジアでも、どこでもそうだ。そういった男たちを見て「彼らも生活があるのだから仕方がない」と許容する人も多い。

しかし、金のためではなく「趣味で女装する男」についてはどうだろうか。そういった男たちも、最近は非常に目立つようになってきた。

こうした男のことを「オートガイネフィリア」と専門用語で言うようだ。趣味で女装してどうするのか、という疑問があるかもしれない。彼らはなぜ女装するのか。それは、「女性としての自分を愛する」からである。

女装した自分の姿を見て、性的興奮を覚える……。

同じ女装でも、性同一性障害とはまったく違う理由であることが分かるだろうか。彼らは自分が女性だと思っているわけではない。女装した自分に惚れているのである。



 


2017-01-21

豊胸した女性が、シリコンを抜いて普通の乳房に戻すとき

「サラ・X・ミルズ」という名前で活躍している現ロサンゼルス在住の美しいモデルがいる。1987年生まれで、22歳からモデルとしてキャリアを積んでいる女性だ。

非常に美しい女性なのだが、彼女がいるロサンゼルスからラスベガスにかけての「ショータウン」は、彼女と同じくらい美しい女性はどこにでもいて、ただのファッションモデルをしていてはまったく目立たない。

特にロサンゼルスは世界最大の映画産業ハリウッドを抱える地であり、美しい女性はどこにでもいる。

そのため、サラはモデルやショーダンサーとして生き残るためにフィジカル(肉体)を鍛え上げるのとは別に、多くのタトゥーを入れて個性を作り上げてきた。

さらに、彼女はシリコンを入れて豊胸したのだが、これもモデルとして男たちの目を惹くためにしたことだった。

ところが、サラ・X・ミルズはシリコンで豊胸してから、ふと自分が面白い「ショー」ができるようになっていることに気付いたという。

もともと、サラは、肉体美を維持するためにウエイトトレーニングを続けていたのだが、彼女が大胸筋を動かすと、シリコンがそれに反応して跳ねるのである。

それで、どうなったのか。



 


2016-11-20

「犯罪者は薬で去勢しろ」というが、実は問題点があった

閲覧注意
2010年。イギリスのヨークシャー州で路上売春する24歳の女性が30代の白人に拾われて安ホテルに向かったのだが、彼女はそこで突如として殴る蹴るの暴行を受けた。

女性はこの暴行によって顔面が崩壊し、顎の骨を折り、歯を失い、左目を失明した。

その後、この男は逮捕されたのだが、男が女性を次々と半殺しの目に遭わせた理由を警察に問われて「ただ金を払いたくなかっただけだ」と答えた。

売春する女性が暴行を受けたり、殺されたりする事件は珍しくない。イギリスではスティーブン・グリフィスという男がクロスボウで路上売春する女性たちを次々と殺して死体を食べて捨てるという事件もあった。(売春していた母親を憎み、売春女性を殺して食べた男の闇

こうした凶悪犯罪はしばしば起きており、刑務所にはこの手の人間で溢れている。彼らは刑務所を出たら再び同じような暴力的犯罪に手を染める。

そこで、いっそのこそ「薬で去勢してしまったらどうなのか」という声も出て来るようになっている。

世界では様々な薬物療法が研究されているのだが、将来の囚人は薬によって化学的去勢されるのかもしれない。では、それは効果があるのか?



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら