ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ブラジルで、若い女性が殺されて解体され、ミートパイに ◆13歳の少女をレイプしてマチェーテで斬り殺した男の狂気 ◆何も知らない素人女性を、誰が売春ビジネスに堕とすのか ◆アラブ人の即物的なセックスに、秘密があるかもしれない
◆ひとりの女性を仲間の共有物にして絆を確認するという行為 ◆国際社会はまったく関心を持たず、コンゴ女性へのレイプは続く ◆まるで火傷を負ってしまったかのような凄まじいアトピー ◆残虐なレイプ殺人で殺されたカンボジア女性の2つの事件

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-03-17

妻を凄惨に殴打した男は、なぜ瀕死の妻に満足したのか?

閲覧注意
ロシア人28歳の妻アナスタシア・オヴァイアニコワは精神的にもう限界だった。高圧的ですぐに激高する夫マキシム・グリバノフとは、もうやっていけないと感じた。

アナスタシアは日常的に暴力を受けていたのだ。夫の暴力を止めさせるために自分の父や兄に相談もしたが、夫マキシムは態度を硬化させるばかりだった。

しかし、アナスタシアの決意は固かった。そこで、家の近くのカフェに寄った時、アナスタシアは勇気を振り絞って「別れてほしい」と夫に告げた。

2017年12月のことだった。どうなったのか。

マキシムはそれを聞いた瞬間に激高し、カフェの中でアナスタシアを罵り、その髪をつかんで嫌がるアナスタシアを無理やり車に乗せて家に連れて帰った。

誰もがそれを見ていたのだが、この夫婦に関与しなかった。それでアナスタシアの命運は尽きた。

家に連れて帰られたアナスタシアは、そこで夫から激しく殴る蹴るの暴力を受けることになった。彼女の顔面は腫れ上がり、身体は無数のアザに覆われていった。

マキシムは頭に血が上り、怒りで我を忘れ、妻を「敵」として認識し、そして破壊したのだった。(鈴木傾城)



 


2018-03-03

今すぐにセックスをしておかなければならない重要な理由

厚生労働省エイズ動向委員会が出している「平成28(2016)年エイズ発生動向ー概要ー」を見ると、いろいろと興味深い事実が浮かび上がってくる。

その中で少し驚くのは新規にHIV感染した人たちの年齢を見ると性的に不活発になるはずの60代でも次々と男たちが感染していることだ。60代どころか70代になってもHIVに新規感染している。

このデータを見てすぐに思い出したのが、今までインタビューしてきたデリヘル嬢たちである。彼女たちにいろいろ聞くと、60代以上の高齢者の客は決して珍しいものではなく、むしろ日常であると話していた。

これは、高齢者専門のデリヘル嬢の話ではない。普通のデリヘルを60代以上が日常的に使っているのである。

さらに、何人かのソープ嬢にも会ってインタビューしているのだが、彼女たちもまた「50代、60代の客がバイアグラを飲んでコンドームなしで膣内射精している」と教えてくれた。

高齢者ほどコンドームを使わない傾向がある。なぜなら、「もう先が長くないので性病だろうがエイズだろうが怖くない」からだというのだ。だからよけいに無謀になる。

医療の発達とバイアグラの登場で、もう60代でもセックスから引退するような時代ではなくなっているのが、こうした話から浮かび上がってくる。(鈴木傾城)



 


2018-01-26

女性の早熟化、男性の草食化、乳癌の増加を結ぶものとは?

人類は、食糧を大量に供給するために、プランテーションを作り、ブロイラー工場を作り、養殖システムを開発してきた。

しかし、それでも需要をまかない切れなくなっており、効率化を加速させるために「禁じ手」まで使って食糧生産をまかなおうとしている。

食糧生産を増やすための「禁じ手」は様々なものがある。たとえば、遺伝子組み換え作物はよく知られているものだ。

これは、超大規模農業を維持するために、とにかく無駄を省き、効率的に農作物を作り出すという観点から産み出された科学である。

普通、農業では種を撒いただけで仕事は終わらず、雑草むしりや害虫の駆除を毎日のように行って、狙った作物だけが育つようにしなければならない。それは非常に手間であり、コストもかかる。

そこで、雑草も害虫も皆殺しにする農薬を開発し、その農薬で死なない作物を遺伝子組み換えで産み出して育てれば「効率的」に農業が維持できる。それで巨大な収益を上げていたのが「モンサント」だった。

遺伝子組み換え作物は、今も大きな問題をはらんでいる。(ダークネス:問題なかったはずの小麦でさえも、危険なものになった理由)(鈴木傾城)






2018-01-23

性の匂いを発散させる女たちの匂いを無意識で感じている

二十歳の頃から東南アジアの売春地帯をさまよって生きてきたので、私は今でも日本の女性よりも東南アジアの女性に「女」を感じてしまうことの方が多い。

多くの遍歴の果てに私に刻まれたのは、彼女たちの匂いだった。彼女たちを抱き締めた時に、うなじから匂う甘いとろけそうな匂い……。

タイではどこでも売っている安いベビーパウダーと、熱帯に生きる女性特有の体臭が合わさった匂いが、私を引き寄せて離さない匂いとなった。

熱帯の女たちの匂い。熱い身体を持った女たちの匂い。荒廃した売春地帯の荒んだ部屋で私を見つめる女たちの匂い。忘れられない匂い……。私にはそれが必要だ。

女たちは自分の肌の匂いを知らない。そこに隠された情熱と性の匂いに自分では気付かない。しかし、私は女たちの肌に、彼女が自分に気付かない匂いを脳で感じる。

思春期に入った若い少女の甘酸っぱい香りに、はっとする男は多い。溌剌とした健康な女性が通り過ぎた後の香りに振り返る男も多い。

フェロモンとは何か知らなくても、男は無意識に嗅覚でフェロモンを受け取り、女性の強い性的な魅力を知らずして受け取っている。



 


2017-12-21

男は本能に組み込まれた暴力性で、女性を性的に蹂躙する

閲覧注意
最近、「#metoo」という動きが広がっている。これは権力を背景にした男が女性にセクハラをしたり、性行為を迫ったりするのを、告発する動きである。告発された男たちは、次々と謝罪や辞任に追い込まれている。

しかし、権力を持った男たちが裏側で性的に問題を起こしていたということに驚きを持つ人は、ほとんどいないはずだ。今まで女性が泣き寝入りしていただけで、本当のことを言えば、裏の実態は誰もが知っていたことである。

「#metoo」は社会の健全化を促すものである。そして、この大きな流れは「女性の勝利」とみる人もいる。今までやりたい放題やってきた男の不品行が糺されることになるのだから、女性にとって素晴らしいことだ。

しかし、誰もが気付いていないことがある。

この「女性の勝利」は薄氷の上に成り立っており、時代が変わればすぐに吹き飛んでしまう可能性があることを……。

性的な事件や犯罪を起こすのは一部の男だけだと多くの女性は思っている。表社会の男たちも、こうした犯罪者と自分とは精神構造が違っていると思っていることもある。

しかし、本当にそうだろうか。そう考えているのであれば、まだ男が抱える暴力性や本性に気付いていない。



 


2017-11-17

男は多様なのですべての女性が胸を大きくする必要はない

大きな胸を好む男が多いが、逆にそれほど胸の大きさにこだわらない男もおびただしく存在する。

普通の感覚を持った男であれば、付き合った女性の胸がどれくらいの大きさなのか、そんなことは大した問題ではないと考えている。

しかしSNS全盛期の時代に入り、社会的には「見た目の良さ」にひどくこだわる時代に入っているのが現実だ。こうした空気を敏感に感じ取っているのが女性である。

フェイスブックやツイッターやインスタグラムやユーチューブが社会に定着すると、次第に人々は自分の顔写真をアップしたり、動画をアップするようになっていった。

女性もそうだ。容姿をアップすることで人気を得て社会的にも大成功を収めるようになると、堰が切れたように多くの女性が自ら顔写真をアップするようになった。

目立つために、化粧も整形手術も当たり前になっていき、世界中の女性が「SNSのため」に豊胸手術もする。なぜなら、豊胸こそが男たちの目を惹きつけ、人気を得るのに手っ取り早いツールだからでもある。

胸の谷間ひとつで、女性は10万人や20万人の男の目を釘付けにして「いいね」を稼げる。胸の谷間ひとつは、どんな言葉よりも雄弁だというのをインターネットは証明したのだ。



 


2017-10-08

なぜレディーボーイと一線を越えなかったのか今でも考える

タイにはレディーボーイが珍しくなく、バンコクやパタヤの売春地帯の30%くらいはレディーボーイではないかという状況になっている。

レディーボーイだけのバーですらも存在していて、それが嫌われるのかと思ったらまったくの逆で、普通の女性だけの場末のバーよりも男たちが群がっていたりする。

なぜか。レディーボーイは女たちよりもセクシーで派手にキメており、色っぽさを全開にして男に迫るからである。

ストリート売春をしているレディーボーイもたくさんいるのだが、こうしたレディーボーイたちは単なる「女装したマネーボーイ」が大勢含まれている。

一方でレディーボーイ・バーに勤めるタイプは、シリコンで豊胸し、女性ホルモンを飲み、髪の毛もウィッグではなく自毛の「本格派レディーボーイ」であることが多い。

そうでないことも多いので、絶対にそうだと断言はできないのだが、得てして本当に「女性になりたい」タイプのレディーボーイがいると言って過言ではない。

こうした「女性になろうとしているレディーボーイ」を見て、私は機会は山ほどあったのに、なぜ自分が彼女たちと関わらなかったのか、しみじみと考えることもあった。

別に関わっても良かったのではないか。いや、やっぱり関わらなくても良かったのか……。



 


2017-08-05

レイプと殺人が横行する国と、暴力性の裏側にあるもの

閲覧注意
どこの国でもレイプは重大犯罪であり、レイプ犯には十年以上にも及ぶ懲役刑が科せられる。なぜか。もちろん、女性の心身を破壊することもあるのだが、それだけが理由ではない。

こういった事件を放置していたら、国中がレイプ犯罪で覆い尽くされるという恐怖があるからでもある。

まだ法が人々を縛る前は、宗教が法の役割を担っていて、必死になって人々に性の自制を説いていた。なぜか。レイプは、いつでもどこでも起こり得たからである。

日本は女性が真夜中にひとりで歩ける国だ。しかし、日本を一歩出ると、普通の若い女性が真夜中をふらふら歩くというのはレイプされても文句が言えないような状況だ。

途上国は特にそうだ。貧困層の住むスラム地区は、若い女性にとってはとても危険な場所でもある。そこではレイプが日常茶飯事であり、犯人が誰なのか知っていても、報復を恐れて警察に訴え出ることもできないような場所もある。

中南米やアフリカの治安が悪い国々では昼間も歩けない地区がある。そしてそこでは、毎日のようにレイプされて殺された女性の死体が見つかっている。法や秩序が弱体化したら、男が野獣のようになって女性に襲いかかっていく。

ところで、いったい何が男たちを突き動かしているのか?



 



お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら