ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ムンバイの危険な売春地帯、フォークランド・ストリート ◆トラブル満載の包茎手術。包茎の男は決断すべきか否か? ◆プターナと呼ばれるロシアの売春女性を操る闇の中の組織 ◆カンボジアの売春地帯が長続きしないと思った理由がある
◆ステファニー・ヒューソン。レイプされた直後の写真を公開 ◆レイプ犯にはペニスと共に睾丸を切断した方が効果がある ◆彼女は裏の顔を隠していたのか、それとも裏が表だったのか ◆1日100回オーガズムに達する永続的性器覚醒障害の女性とは?

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-01-16

映画『ワナジャ』。最底辺の少女の情熱と社会的な壁と踊り

インドの映画業界の中心はムンバイにある。ムンバイはかつて「ボンベイ」と呼ばれていたのだが、このボンベイと頭文字と映画の都ハリウッドを組み合わせて、インド人はインド映画のことを「ボリウッド」と呼ぶ。

ボリウッドが作る映画は大袈裟で騒々しく嘘臭く、それがどんな大ヒット作であっても、私はそれを観ることがない。まったく観たいとも思わない。

そのため、インドを扱った映画で感銘を受けたり、心に残ったりするのは、そのほとんどが外国人の監督が作った映画か、インド人の監督が外国人向けに作った映画だ。

インドを扱った映画で私が愛するものは、たとえば以下のようなものがある。

『サラーム・ボンベイ!』
『The courtesans of bombay』(翻訳なし)
『シティ・オブ・ジョイ』
『モンスーン・ウェディング』
『未来を写した子どもたち』
『スラムドッグ$ミリオネア』

最近、またひとつ好きな映画ができた。『ワナジャ』と呼ばれる南インドを舞台にした映画だ。

この映画はインドの古典舞踊のひとつ「クチプディ舞踊」を学びたいと夢を持った低カーストの少女と、彼女を取り巻く社会の壁をテーマにしている。シリアスで重いが、とても美しい映画だ。実はこの映画はユーチューブで全編を通して見ることができる。






2018-01-10

2014年にコルカタで撮った写真。インドはまだまだ魅力的だ

ここ最近、あまり国外に出なくなったし、しばらく旅の話も書かなかった。以前は国外で撮った写真もたくさん載せていたが頻度も減った。

今日は久しぶりに、旅で撮った写真のいくつかを載せてみたい。2014年にインドに行っているのだが、その時に撮った写真で、まだブラックアジアにも紹介していないものも大量にある。

どこかの記事で使った写真もあるのだが、すでに大量の記事に埋もれてしまっている。ひとまとめにして掲載すれば、少しは異国の空気感が蘇るかもしれない。

インドは経済発展の最中にあり、街は刻々と変わっていこうとしている。(私自身が「まだ」インドという国に投資したくない理由とは

それでも、大量の貧困層がまだ取り残されており、コルカタの街も高層マンションやショッピングモールが立ち並ぶ区域が出現しているのと同時に、完全に放置されて数十年前から何ひとつ変わらない地域もある。

インドが急激に変わるのはこれからだ。しかし、インドの雰囲気はまだまだ魅力的であり、エキゾチックでもある。私が大好きなコルカタの街や人の雰囲気を、今日は紹介したい。






2016-10-22

インドでは、床に食事をよそわれて食べる貧困女性もいる

インドのアーンドラ・プラデーシュ州はインド大陸の南東部にあってテルグ語を話す人々が住んでいる。

この州はインド屈指のIT産業の地ハイデラバードのある州として知られているのだが、2014年にこのハイデラバードを含むテランガナ地区が独立して新しい州になった。

なぜこの地区は独立したかったのか。それはアーンドラ・プラデーシュ州のほとんどは農業が主体の貧乏州であり、ハイデラバードは完全に異質だったからだ。

逆に言えば、世界を代表するハイデラバードは「古いインド」を捨てたかった。この話は5年近く紛糾して揉めに揉めたが、2014年に州としての独立が実現した。

そして、アーンドラ・プラデーシュ州は見捨てられた。

干魃に苦しみ、収入を得る手段を失った農村に住む女性たちは、夫に売られ、仕事斡旋業者に騙されて、「ムンバイに仕事がある。コルカタに仕事がある」と甘言で釣られて次々と州を出て都会に消えていった。

彼女たちはどこに消えたのか。それが、ムンバイのカマティプラであり、コルカタのソナガチであった。人身売買は今でもインド最大の「闇」となってそこに存在している。この闇は凄まじい貧困が生み出したものだ。



 


2016-10-17

「目に見えない家庭内暴力」とは、何を指しているのか?

オーストラリア・メルボルンで暮らしていたインド人夫婦がいた。夫はパリミンデル・シン、妻はニキータ・チャウラと言った。

ニキータはボリウッド式のダンスをオーストラリアで教える仕事をしているダンサーで、夫のシンはそんな彼女に一目惚れして交際10ヶ月で結婚した。

結婚してもニキータ・チャウラはダンサーの仕事を辞めなかった。彼女はボリウッドでダンスの振付師になるという夢を持っており、自分のダンス・スタジオで生徒たちにボリウッド・ダンスを教えながら有意義な時間を過ごしていた。

しかし、夫のシンは次第に働かなくなり、酒浸りになり、妻ニキータに家庭内暴力を振るうようになった。

シンはアルコールの依存を断ち切るために、いったんインドに帰ったのだが、しばらくしてメルボルンに戻ったとき、妻が浮気していたのではないかという「根拠のない疑念」から逃れられなくなった。

その妄想が止められなくなったシンは妻に暴言を吐いたり、殴ったりするだけで収まらず、やがて妻が出かけるのを止めるべく、究極の実力行使に出た。

妻ニキータ・チャウラを肉切り包丁で刺し、遺体の一部を微塵切りにしたのだった。



 


2016-02-15

格差社会のインドでは貧困スラム売春とは違う世界もある

インドの売春地帯は凄まじい。安い女たちは200ルピー(約400円)にも満たない金額で売春ビジネスをする。

しかし、そこはアフリカと並んで世界でも有数のHIV(エイズ)汚染地帯であり、売春宿の環境も女性の衛生度も先進国の人間から見ると極度に劣悪な場所である。

売春宿の部屋はどこもカビ臭く、ベッドのシーツはじめじめと湿っている。枕やシーツからは汗の臭いがする。そして女たちが脱ぐと、その身体から唾液の臭いがする。

前の男たちが女性の乳房に貪りつき、女たちは性行為の後にシャワーも浴びずに次の客を取っているのである。そもそも、売春宿にシャワーなどない。

だから、女たちは性行為が終わると身体を洗いもしないで次の客を取りにいく。少し清潔な女性では床にしゃがみ込んで陰部だけを桶(おけ)やバケツの水で簡単に浸して終わりだ。

インドの売春宿の部屋がどこもカビ臭いのは、床がそうやっていつも濡れているからである。これがインドの最底辺の売春地帯の実態だ。私は一時期、そんな凄まじい売春地帯に沈没していた時期がある。(売春地帯をさまよい歩いた日々 インド/バングラ編

その劣悪さは2013年にインドを再訪したときも、何ら変化はなかった。インド売春地帯は、今でも男たちにトラウマを与える場所である。



 


2015-10-07

ヒンドゥー教の預言。労働者の時代が終われば次は何か?

年末にインドに行くと、街中の露店がいっせいにカレンダーを売り出しているのを見かける。

そのカレンダーにはボリウッドの美人女優の顔が並んでいることもあるが、最も多いのは神々を描いたものである。

ヒンドゥー教のシヴァ神、象神ガネーシャ、あるいはラクシュミー、ハヌマーン等の神々が描かれ、飾られているので、まるで露店が神々の祭典のように見える。

インドでは今も祭壇に夕方のある時間になると人々が集まって一心不乱に祈念している姿もある。

昼間の何気ない時間でも、街のあちこちにある祭壇にごく普通の会社勤めと思われる男性が足を止めて手を合わせてから去っていく姿を見かける。

スラムに住む貧しい女性の部屋に行くと、どの女性の部屋にもドアの上や壁の目立つところにシヴァのポスターがうやうやしく飾られている。






2015-09-08

経済成長しているのに、いっこうに貧困層が消えないインド

インドはとても貧困層が多い国で、たとえばコルカタ(カルカッタ)でも空港に着いてタクシーで市内に入った瞬間、もう路上で粗末な服を着た人が行き倒れになったような姿を見ることができる。

初めてインドに降り立った人は、誰もが驚くはずだ。

私が最初にインドに降り立ったのはコルカタだったのだが、行く前から「インドは貧しい人たちの多い国である」というのはよく知っていた。

私はインドの前に東南アジアのスラム街にずっといたし、カンボジアやインドネシアでは、極貧の売春地帯で寝泊まりしていた。だから、貧困の光景に対してはごく普通の日本人よりもよく知っていた。

それなのに、その私でさえもコルカタに降り立って、時代がかったアンバサダーと呼ばれるタクシーで夕方のコルカタの街を見たとき、驚きを隠すことができなかった。

「こんなに貧しかったのか……」

思わず、そうつぶやかずにはおられなかった。

私はバンコクからコルカタに入った。日本からコルカタの直行便はないので、日本人がインドに行くとすれば、まずはデリーやムンバイあたりになるはずだ。

ムンバイはインド最大の商業都市である。ボリウッドのような華美な映画の生産地なので、そこはコルカタよりもマシに思えるかもしれない。しかし、それは甘い。






2015-06-30

インドでよく知られた8つの売春地帯(女の地獄)とは?

インドの情報誌『トップ・ヤップス』によると、インドには8つの「よく知られた売春地帯」があるという。この情報誌は、この8つ売春地帯を「女の地獄」であると断言する。

しかし、私に言わせれば、インド売春地帯は男にとっても地獄のような場所だ。

通常、売春地帯は「男の天国、女の地獄」だと言われる。他の国の売春地帯ではそうかもしれないが、ことインドに関しては売春地帯はそうではない。

インド売春地帯は、多くが朝っぱらから女性が道ばたに立っている。そして、やって来る男たちを手荒に歓迎する。腕を引っ張り、服をつかみ、拒めば後ろから蹴り上げてくる。

女たちはなかなかしたたかで、先進国の生ぬるい環境で生きている男や、インドのカタギの男にはとても太刀打ちできない。そのずる賢さや金の執着を見せつけられると、自分が彼女たちのエサにされるような気持ちにもなる。

下手すると、有り金全部を剥ぎ取られる。ポン引きは執拗で、ドラッグも蔓延し、性病もエイズも当たり前に存在する。その8つとは、どこなのか。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら