ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆売春地帯パタヤ。ポルノを見ながら全裸で死亡した米国人 ◆人骨を愛する女性。頭蓋骨を抱き締め、頭蓋骨にキスし、舐めた ◆22歳の中国女性が陥った凄まじい覚醒剤中毒とその回復 ◆もし最愛の人が殺されたとき、あなたは復讐するだろうか?
◆ステファニー・ヒューソン。レイプされた直後の写真を公開 ◆日本人と結婚したいフィリピン女性が動揺したある質問 ◆性病に感染しやすい人と、無防備なのにまったく感染しない人 ◆雲南省の国境地帯。国境の街には、ありとあらゆる悪が集結

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-04-08

現代のセックス動画流出は半永久的に続く無間地獄と化す

ツイッター、SNS、インスタグラム、ピンタレスト等で、女性たちは際どい写真をアップするようになっている。もう誰も驚かない。それが普通の時代になった。

しかし、本当のことを言えば彼女たちのスマートフォンの中には、高確率で剥き出しの写真が保存されている。

彼女たちは「自分の一番美しい姿」「自分の性的な身体」を記録したいという欲求がある。だから、自分だけが見る秘密の写真をスマートフォンのカメラで撮ってそこに保存する。

それは漏れないはずだが、しばしば流出する。

スマートフォンは格好のハッキング対象であり、ありとあらゆるハッカーがマルウェアを女性たちのスマートフォンに送り込み、そして写真を根こそぎ奪っていくからだ。

ベトナム系シンガポール人女性、メアリーことリン・ドゥイ・グェット・リーも、スマートフォンをハッキングされて、根こそぎプライベートの写真を盗まれていた。

彼女は恋人とのセックス動画までスマートフォンに保存していたのだが、それも含めてすべてが流出した。彼女は積極的にフェイスブックやインスタグラムで自分をアピールしていたが、すべてのアカウントを閉じるしかなかった。

普通の女性がヌードから性器からセックスまですべてが漏れたのだから、もう表に出てくることはできないはずだ。(鈴木傾城)



 


2018-03-27

騙される女たち。アンソニー・シモノーが狙った日本女性

最近、アメリカ人のジェイメス・シュルテという男が、日本・台湾・中国・インドネシア・タイの女性たちとセックス盗撮動画を撮りまくって、それをポルノサイトにアップしているのが台湾の新聞に報じされて大騒ぎになった。

この事件が報じられてから、ジェイメス・シュルテは証拠隠滅に動き、画像も動画をすべて削除したので動画サイトには何も残っていない。

しかし、この男がアップした写真には数百名ものアジア女性が映っており、親密な関係を示すハグやキスなどが映されていた。この男自身も自慢げにこのように語っている。

「俺は年に100人以上のアジアのビッチとセックスしてる」

その中にはもちろん日本女性も含まれている。日本女性と言えば、ジェイメス・シュルテはハワイで日本女性をレイプしたとして逮捕されているのだが、この女性は告訴を取り下げたので男はそのまま世に放たれた。

その後、この男はその日本女性の写真をインスタグラムに上げてこのように語った。

「俺はジャップのメスとハワイでファックしたのだが、その女は彼氏と一緒にハワイに休暇で来ていた女だった。俺と寝たのを彼氏にバレた彼女はレイプされたと言ったので俺はムショにぶち込まれた」

ところで、ジェイメス・シュルテのようなアジア女性や日本女性を標的にしている白人の男はかなり多い。その中でよく知られているのがアンソニー・シモノーという男である。(鈴木傾城)



 


2018-03-25

ルーマニアの経済苦の中、裸を見せて稼ぐ女たちの群れ?

私は基本的に寒い国には行きたくないので東欧に行くことはないが、それでも私は東欧の女性を知っている。彼女たちと関わったことがある。

彼女たちは流れ流れてタイ・パタヤにたどり着き、ウォーキング・ストリートで身体を売っていたからだ。

東南アジアにも貧しい東欧の女性が流れて来ている。バンコクではスクンビット界隈でストリート売春をしていたし、コールガールとして登録している女性も多い。私がパタヤで関わった白人女性は、大半がルーマニアの女性たちだった。

東欧だとかルーマニアだとか言うと、何かロマンチックなイメージがあるが、実際の東欧はロマンチックどころではない。ヨーロッパでもすっかり見捨てられた貧困国である。(ブラックアジア:ルーマニア。見捨てられた東欧の貧困国に住む最底辺の人々

彼女たちがなぜ東南アジアにまで売春ビジネスのために来ているのかは、ひとえに「貧困」に喘いでいるからである。彼女たちは地獄の中で生きていたのだ。

そんな彼女たちは今、大金をつかむビジネスを見つけた。もちろん、今でもルーマニア女性は売春ビジネスで生きているのだが、新しい形態が大流行している。裸を見せて稼ぐのだ。(鈴木傾城)



 


2018-03-23

ロリコン犯罪者は、どうやって少女を脱がせているのか?

世界中で児童ポルノに関する法律が厳しくなっているのだが、逆に児童ポルノの写真や動画は爆発的に増えている。

警察庁によると、児童ポルノを巡る事件の検挙件数は2005年から10年連続で過去最悪を更新している。児童ポルノを製造したなどとして容疑者が検挙された数は2413件、被害を受けた少女は1216人もいる。

被害届けが出されずに、事件が闇から闇へと消え去る方が多いことを考えると、実際に被害に遭っている少女は表面化している事件の10倍以上になっていても不思議ではない。

それほど児童ポルノに関心を持つ男たちはおり、しかも彼らはいくらでも金を積んでそれを買う。

2018年2月20日、警視庁少年育成課は東京・神田の古書店「湘南堂書店」経営者を逮捕している。この書店は少女の裸が赤裸々に写った古書を7000円から29万円の値段で売って、ロリコンたちが嬉々としてそれを買っていた。

今よりも規制が緩かった時代に撮られて出版された書籍が最高額29万円で売って、そんな値段でも買う男がいたというところに事件の深刻さがあった。

少女の裸は「大金」になる。稼げる。だからロリコンたちは自らの欲望のためにそれを集めるばかりではなく、児童ポルノを作って売るのである。

とは言っても、彼らはどうやって少女を脱がせているのか。少女を毒牙にかける「現代の主流な手口」とは、どんなものだったのか。(鈴木傾城)



 


2018-03-04

悲報。売春する女たちを好む鈴木傾城は性依存症なのか?

私はしばしば読者から「鈴木傾城様。申し上げにくいのですが、あなたは性(セックス)依存症だと思います。カウンセリングを受ける決断をしてみてはいかがでしょうか」と真面目かつ真摯なメールを受け取る。

私の書いたいくつかの記事に関心を持ってブラックアジアの会員登録をしたり書籍・電子書籍を読んでいくと、そこは売春地帯の女たち、風俗の女たちとの関わりが膨大に記されていて、しかも現在進行形でそれが膨らんでいる。

最近も、売春する女たちの話を電子書籍にまとめたばかりだ。知り合った多くの女たちを自分の感覚のままに書いたこの電子書籍は私自身はとても気に入っている。(電子書籍『悪い場所で、悪い女が、悪い格好で誘ってくる』

普通の感覚を持った人たちは「この男は異常だ」と驚いて私から離れていき、私がいつまで経っても売春する女たちから離れないことに気付いた人たちもやはり去っていく。

ところで、私は確かに売春地帯にどっぷり浸っていたのは間違いないのだが、私は性依存症なのだろうか。

この話題については、かなり昔にも触れたことがある。(ブラックアジア:セックス依存症かどうかは、このチェックリストで分かる

その時に私が出した結論は、どうだったのか。この記事の最後に私はこのように自己分析した。(鈴木傾城)



 


2018-02-27

公園売春。社会の底辺で広がっている売春の光景を見よ

アメリカはコールガールやマッサージパーラーのような室内(インドア)売春以外にストリート売春が非常に盛んで、底辺層の多くは車で売春する女性を拾って、車の中や近くの広場やモーテルで性サービスを受ける形になる。

ロサンゼルスのような大都会ではシングルバーやポルノ映画館やその近辺にも売春する女たちが立っていて、客がつくと路地裏で売春する女性もいた。

私が真夜中にロサンゼルスをうろついていた時、ポルノ映画館の近くでたむろしていたのは黒人の女性たちで、中には明らかに未成年だとおぼしき少女も立っていて、アメリカの闇を垣間見たような気持ちにもなった。

ニューヨークではロングアイランド島だけを見てもいくつか公園があるが、真夜中の公園はストリート売春をする女性たちが何人も立つような場所と化す。

日本では「公園」と言えば子供の遊び場くらいなイメージしかない。しかし、アメリカで公園と言えば売春する女たちやドラッグ依存者やディーラーや犯罪者がたむろする危険極まりない場所であり、夜になると普通の人は近寄らない。

公園と売春は縁が切れない場所なのである。なぜか。(鈴木傾城)



 


2018-02-25

世の中には「男」に怯える女性が存在するのは間違いない

性的で猥褻な話をしたり、セックスを想像させるような仕草や行動を露骨にする男がいる。

そうした男に対して「また馬鹿をやっている」と軽く受け流すことができる女性がいる一方で、激しい嫌悪を感じたり、不潔に思ったり、時には吐きそうなまでに気持ち悪く思ったりする女性がいる。

大声で話す男、巨漢、筋肉を誇示する男、乱暴な口ぶりの男に威圧感や恐怖を感じて、ふたりきりでいられないような女性もいる。

ひどくなると、相手が外見的にも何でもないごく普通の男でも、「男」と一緒にいるというだけで心臓の鼓動が激しくなり、気分が悪くなってしまう女性もいる。

不用意に近づかれるのも嫌で、触られるのも嫌で、ふたりきりになるのも嫌なのだ。男に対して心理的に大きな距離感があって、それをどうしても埋められない。男に恐怖を感じるのだから、セックスどころではない。

このような女性は、精神科では「男性恐怖症」と診断される。男を憎むとはまた違う。男の存在が「怖い」のだ。

あなたは、男性恐怖症の女性を見たことがあるだろうか。長い人生の中で一度は会うかもしれない。世の中には、男に怯える女性が一定数存在するのは間違いないからだ。(鈴木傾城)



 


2018-02-21

電子書籍『悪い場所で、悪い女が、悪い格好で誘ってくる』

新しい電子書籍をアマゾン(Kindle)で刊行しました。

会員制ブラックアジアの中で東南アジアの売春する女たちについて、鈴木傾城が深い愛着を持って書き綴っていた記事をひとまとめにしたものです。以下のものです。

『悪い場所で、悪い女が、悪い格好で誘ってくる: 東南アジアの売春する女たちへの憧憬=鈴木傾城』

通常、売春する女性たちに愛情を持つ男はそれほどいませんし、それはとても奇異なことでもあるので、一般の人たちから見ると相当な違和感を持つ内容ではあると思います。

しかし、違和感を持たれても、おかしいと言われても、女性団体に敵視されても、それこそ「女性を食い物にしている邪悪な男」だと名指しで糾弾されても、それは覚悟の上です。

私は東南アジアの売春する女たちに憧憬を抱き、高揚感や慈しみを捨てることはありません。

なぜなら、世間知らずの私にこの世の本当の姿を教えてくれたのが彼女たちであり、私に愛を教えてくれたのも彼女たちであり、今の私を形作ってくれたのも彼女たちだからです。







お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら