ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ドラッグが絶対に根絶できないのは巨大な闇があるからだ ◆途上国の貧しい人々がたくさんの子供を作る5つの理由とは? ◆南アフリカの小学生がする「レイプ・レイプ」という遊び ◆顔見知りの女性がネットで剥き出しの身体を晒していること
◆性病に敗北しつつある人類。危機があなたの目の前に来る ◆底辺に転がり堕ちる日本女性には何が待っているのだろう? ◆成長する中国が生み出した出稼ぎ労働者の「性処理」の闇 ◆坂本芳信。6400万円を着服してタイに逃亡した男の哀れな末路

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-08-22

身長145センチの女性(2)私が知らなかった世界があった

ブラックアジア in ジャパン
身長145センチのこの女性は、自分に何が求められているのか知っていた。だから彼女は求められているものになりきろうとしていた。

未成年の少女のような格好をして、少女のような声を出し、少女のようなしぐさをし、大きなカバンの中にはスクール水着や体操着を入れて男たちの要望に応じてそれを着る。

「なりきるのは楽しいの?」
「楽しいよ。すごく楽しい!」

彼女は即答した。男たちはそれを求め、彼女はそれを楽しんでいる。誰も損しないウィン・ウィンの関係がそこに成り立っているのを私は確認した。

そういえば、広島最大のデリヘル店「カサブランカ」を経営する長谷川華さんも、デリヘル店を興す資金は小学校のコスプレを好む高齢者の本指名客で得たものだったのを私は思い出していた。(長谷川華という女性(1)負けず嫌いの「元」デリヘル嬢

「演じているイメージは、小・中・高のどれなの?」

それを聞くと、彼女は「分かってないな」とでも言いたげな顔をして、意味ありげに私を見つめた。私が何を分かっていないのか、彼女は説明した。



 


2017-08-15

日本のアンダーグラウンドにも流れ者の女たちが潜んでいる

アンダーグラウンドに堕ちて、身体を売りながら底辺を転々とする根なし草の女性は今でも日本にいる。最近そんな女性を横浜で知ることになった。(出稼ぎ風俗嬢(1)東京から神戸まで転々と身体を売り歩く

流れ者の女性。人生の旅人。

すべての女性に当てはまるかどうかは別にして、一般的な話をすれば、女性は自分の慣れた場所に定住する生き方を好み、そこで自分の居場所を作り上げて生きる。

しかし、中には自分の住所すらも持たず、どこかの性風俗店の用意した寮に転がり込み、仕事に飽きたら寮を出てまた見知らぬ土地に向かっていく女性がいる。

日本には地方にも多くの温泉街や歓楽街があって、その裏側には置屋やソープランドのような性風俗の店が静かに隠されている。

そうした場所を転々としていけば、10年でも20年でも日本のアンダーグラウンドをさまよい歩いて生きることができる。

そうした日本女性が本当にいることを知って、私は深い感銘を受けた。また、根なし草の人生を送っている女性の孤独にも関心が向いた。






2017-08-04

世の中は、人生を思い通りに生きられないという点で平等だ

2017年5月。久しぶりにカンボジアの首都プノンペンに向かって、街の北東部にできた新しい売春地帯を真夜中にうろうろとさまよい歩いていた。

セックスとアルコールが渦巻く真夜中には、カンボジアの若い女性たちがバーにひしめいていた。そこで何人かの女性と話をしたり、深く関わったりしたのだが、彼女たちは当たり前のように私にこう言った。

「稼いだお金はお父さん、お母さんに送っているの」

容姿に恵まれていなくても、何とか稼ごうと必死になって、似合わない化粧をしている女性もいる。彼女は誰にも選ばれないのに、来る日も来る日も派手なバーの前に立っている。

そういった女性がたくさんいる。

日本では、家族のために出稼ぎする地方の娘の存在など、もう皆無に近いはずだ。しかし、カンボジアではそうではない。

まだ、家族のために自分が犠牲になってもいいと考える女性がたくさんいて、実際に覚悟を決めて売春地帯に堕ちて身体を開いている。

こんな時代にそんな女性がいるのかといぶかる人もいるかもしれないが、東南アジアの売春地帯には、今でもそんな女性がたくさんいる。貧困は、まだまだ深い。






2017-08-02

出稼ぎ風俗嬢(1)東京から神戸まで転々と身体を売り歩く

ブラックアジア in ジャパン
風俗嬢の中には、「出稼ぎ」と言って、地方を転々とする女性がいる。

東京や大阪のような都市圏に住所がある女性が、地方の風俗街に出稼ぎに行くパターンもあれば、特に決まった拠点を持たず、見知らぬ地方を転々とするパターンもある。

根なし草……。自分のことをそう言った女性もいた。

この日、私は横浜のJR石川町駅で降りて線路沿いに北側にゆっくりと歩き、寿町に入る手前で1軒のラブホテルに入った。

寿町はかつては浮浪者と酔っ払いの群れで凄まじいことになっていたのだが、今はずいぶん気の抜けた感じになっており、雰囲気は大阪のあいりん地区とよく似ている。

ラブホテルの中は全体が何か饐えたような臭いがして、部屋に入ると今度は芳香剤の臭いがとても強くて頭がくらくらした。

ここで、随分前から気になっていたある女性が所属している風俗店に改めて電話して部屋番号を男に伝えて指名した彼女に来てもらうように言った。

私は、この根なし草の女性に会いたかった。



 


2017-08-01

2017年8月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ

今年はひどく蒸し暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。ブラックアジアは、もちろん今月も休まず更新し続けるつもりです。よろしくお願いします。

ここ1年から2年ほど取り組んでいた日本の夜の女たちの話は最近、電子書籍『デリヘル嬢と会う』という形で結実しましたが、もちろん全内容はこのブラックアジア内でも読むことが可能です。電子書籍には収録していない記事も読めます。

そして、お待たせしました。今月より、さらにディープに日本のアンダーグラウンドに潜り込んでいきたいと思います。『ブラックアジア・イン・ジャパン』の第二弾です。

どんな女性が闇の中に潜んでいるのか分かりませんが、ブラックな世界に生きている女性を探し出して実際に会って関わってくるつもりでいます。

もちろん、ブラックアジアの記事はそれだけではなく、東南アジアや世界を含めたアンダーグラウンドにも注視し、多くの記事を書いていきたいと思っています。

ブラックアジアでは今月もまた有料会員を募集します。関心をお持ちの方はどうぞ有料会員にご登録下さい。登録はペイパルにて簡単に行うことが可能です。



ブラックアジアの登録はこちらから。



1年契約5,000円(システム登録時より365日間有効です)
1年限定で、自動更新機能はありません。









2017-07-31

午前3時の大阪道頓堀を野良犬のようにさまよい歩いてみた

二十歳の頃に東南アジアの売春地帯を知ってから、私は真夜中の住民となった。以来、私は夜に起きてひとりでうろうろ街をさまよう生活を好むようになった。

どこでも真夜中をうろついている。東南アジアでもインドでもスリランカでも、果てはニューヨークでもメキシコでも、私は誰もいない真夜中のストリートをさまよい歩いて来た。

今でも、真夜中の街をうろつくのが止められない。

繁華街でも住宅街でも工場跡でも貧困スラムでも、私は真夜中を歩いて何かを探し求める。時々、売春をする女たちに出会うこともあるが、そうでないこともある。

絡みついてきた女性に興味が持てれば、私は彼女と一緒についていく。そのときは拒まない。それが私の人生だった。しかし、何もなければそれはそれで構わない。真夜中が好きだからだ。

日本では東京や大阪の歓楽街を歩くのが好きだ。倒れた酔っぱらい、水商売の女たち、呼び込み、チンピラ、ホスト、ホームレス……と、真夜中にお馴染みの人間が勢揃いして私を楽しませてくれる。

最近も午前3時の大阪道頓堀を歩いていたのだが、観光客が消えた素の道頓堀はこんな感じだった。






2017-07-29

ジョルジュ・バタイユ。誰の心にもある二面性と倒錯の性

ジョルジュ・バタイユというフランスの作家は『眼球譚』や『マダム・エドワルダ』というエロチシズムを極めた作品で後に有名になった人物だ。

その作品は、性を弄ぶことによって他人を精神錯乱に追い込んでいく異常な世界を描写しており、エロチックではあるものの、異様なまでに道徳を踏みにじることに力点が置かれた奇怪な小説であると言える。バタイユはこれを偽名で出版した。

ジョルジュ・バタイユ本人は至って品行方正な人物のように思われていた。実際、彼は国立国家図書館の館員を表の仕事としており、洗練された紳士としてまわりから認識されていた。

しかし、ジョルジュ・バタイユは二面性があった。

彼は表側の仕事を洗練された物腰で忠実にこなしながら、真夜中になると売春地帯に繰り出して退廃した娼婦たちと変態行為に耽るのを日常としていたのだった。

それが彼の流儀だった。善と悪、紳士と変態、禁欲と堕落の二面性を彼は意図的に自分の中に取り入れ、裏と表の自分を交互に入れ替えて生きていた。

しかし、元々そうではなかった。ジョルジュ・バタイユの二面性はいかにして作られていったのか。



 


2017-07-26

不運の中で改心して「正しい人」になるのは意味がない判断

妙な話だが、地獄に堕ちてもそれなりに生きられる人もいる。

たとえば若くしてドロップアウトして、仕事もしないで長旅や東南アジアの貧困地区に沈没していたにも関わらず、なかなか経済破綻しない人もいる。

通常であれば、そのような「正しくない人生」を送っている人は、その多くが経済的に困窮するのだが、なぜか運が良い人がいるのだ。

あるいは売春する女性たちと何千人も関わっても、深刻な性病にかからない人もいる。

インドでは「2人に1人がエイズ」と言われているような荒んだ売春地帯があるが、そんなところにいてもHIVに感染しない男がいる。

何百回も飛行機に乗り、途上国で現地の危ないバスやタクシーに乗り、バイクにまたがり、それでも交通事故に巻き込まれないで済む人もいる。

別に助かる準備をしていたとか、身体を鍛えていたとか、理性的に行動したというわけではない。また、精神的に強靭だったとか、ストレスに強かったというわけではない。まして、日頃の行いが良かったわけではない。

ただ単に、運が良いとしか言いようがない人がいる。







お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら