ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆これは、私が好きだった女性たちの末路なのだろうか? ◆人間が人間を食らう。人肉食にはいくつもの理由が存在する ◆注意力散漫の元凶「感覚のポルノ化」とはどういうものか? ◆タイ軍事政権が風紀取り締まりでパタヤをクリーン化する?
◆人はなぜ、クリスマスや年末に自殺したくなってしまうのか ◆麻薬組織と対立した女性弁護士の、バラバラにされた身体 ◆セックス・ドールの女性器は驚愕するほど本物そっくりに ◆中国の纏足を賞賛していた男たちの精神構造は理解不能か?

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-12-13

場末の売春宿であればあるほど顕著になる現象とは何か?

売春や風俗で、ハイエナと化して本能のまま女たちを追い求めている男たちは、自分が大金を払ってそこにいることに何の疑問も抱かない。

だから、女たちがやってくる男にある疑問を抱いていることにもほとんど気付いていない。男たちから金をもらいながら、身体を売る女たちが疑問に思っていることは次のものだ。

「なぜ、男はお金を払ってセックスをするの?」

売春や風俗の世界で生きている女たちにとって、セックスはビジネス行為である。身体を売って生計を立てている。それがビジネスになることを知っていて続けている。

ところが、その女たちもビジネスをしながら男のやっていることが根本的な部分でうまく理解できていない。

やってくる男の中には表社会で恋人がいたり、妻がいたりすることも多い。また、他に馴染みの女性がいることもある。

恋人や妻とは曲がりなりにも愛があって一緒にいるわけだし、気心が知れているのでセックスは安心できるし、性病の心配もいらないし、何よりも金を支払う必要もない。

しかし、それでも男は真夜中をさまよい、信頼関係もなければ愛もない女たちに大金を支払う。真夜中の女たちは金がもらえるのでそこにいるのだが、しかしやはり疑問を抱くのだ。

「なぜ、男はお金を払ってセックスをするの?」



 


2017-12-04

「セックスが汚い」と思う人が見落としている重大なこと

売春する女たち、あるいは身体を売る風俗嬢の対極にいる女性とは誰か。それは、まったく男と性交渉をしたことのない女性、つまり「処女」である。

これだけ性が解放されて乱れた社会なのに、日本では20代から30代の独身男性のうちの40%は性交渉を一度もしたことがないという統計になっている。

実は「処女率」もまた上がっていて、20代後半でセックスを経験したことがない独身女性は30%近い数字が出ている。

日本の女性に童貞や処女が増えているのは複合的な理由が重なっているからだ。セックスという「娯楽」を追わなくても他に面白いことが増えたし、アダルト動画がインターネットでいくらでも見られる。

恋愛が成就できないことの恐れや、ひとりの方が楽だという気持ちが強くなっている。そして、恋愛するだけの金がないという経済的な問題もある。

それと同時に統計では出てこないのだが、さらにセックスをしたくない理由として「セックスは汚い、他人は汚い、汚いものと関わりたくない」という深層心理があるのではないかと分析する識者もいる。

「他人は汚い、セックスは汚い」と思っていれば、確かに積極的に性体験をしたいとは思わないはずだ。しかし、彼らは重大なことを見落としている。



 


2017-12-03

喘息と、AV女優「紅音ほたる」と、インドと、マリファナ

風邪をひいたことがない人はいない。そして、風邪をこじらせたことのない人もいない。

喘息(ぜんそく)というのは、風邪をこじらせて気管支炎にまで至った人は誰でもかかる可能性がある病気だ。通常は喘息になる前に治るのだが、気管支炎がさらに悪化して喘息になってしまう人も珍しくない。

喘息の多くは子供がなるので、これを子供の病気であると認識している人も多い。しかし、気管支炎をさらに悪化させるというのは大人でもあるわけで、決して子供だけの病気ではない。

大人の喘息は治りにくいというのが一般的な認識だ。

喘息の治療はステロイドが中心になるのだが、喘息治療のステロイドは気管支を拡張させる作用があるので、喘息でも何でもない人がこのステロイドを使うと肺活量が増加して競技的パフォーマンスが向上する。

そのため、喘息で使うステロイドは実はドーピング薬でもあったのだ。ステロイドの世界は、思ったよりも奧が深く大きな関心を持った。(喘息になって発見したセックス強化薬の決定版は、これだ

ところで、喘息にはかなり効くのがステロイドなのだが、それでも多くの死者を出している病気だ。






2017-12-02

2017年12月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ

いつもブラックアジアをご愛読下さって感謝致します。いよいよ12月に入り、2017年もあと1ヶ月で終わってしまいます。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本当に一年が経つのはあっと言う間です。今年もまたブラックアジアには大量の記事を投下することができました。これも皆様のお陰です。深く感謝致します。

ここ数年、ブラックアジアでは日本の風俗業界に潜り込んでいるのですが、外国人が風俗嬢と接するにつれて、日本女性に激しい勢いで梅毒が広がる様相になっています。

なぜか。日本の風俗は性病に無防備なシステムになっているからです。ブラックアジアはそのあたりをいくつかの記事で憂慮しているのですが、この事実は隠蔽されます。

なぜなら外国人が絡んでいる不都合な事実は、日本では明るみに出すとその人は差別主義者として糾弾されるからです。だから誰もが口をつぐんでしまいます。

そんな中で、多くの日本女性は性病まみれになって地獄に突き落とされることになるはずです。そんな現在進行形の動きをアンダーグラウンドから追っていきたいと思います。

皆様にとって今年はどんな年でしたか? あと1ヶ月で締めくくりになりますが、今月を乗り切り、来たるべき新年に備えましょう。

今月も、ブラックアジアの有料会員を募集したいと思います。会員権が切れた方も、どうぞお待ちしております。



ブラックアジアの登録はこちらから。



1年契約5,000円(システム登録時より365日間有効です)
1年限定で、自動更新機能はありません。









2017-12-01

喘息になって発見したセックス強化薬の決定版は、これだ

最初に風邪を引き、それをこじらせて気管支炎になり、それを放置していくと最悪の場合、喘息になる。喘息は子供がなる病気だと思っていたが、大人もまた気管支炎を放置したら喘息になってしまうのだ。

ある日、私は放置していた風邪から気管支炎となり、激しい咳をしているうちに呼吸ができなくなってしまった。後で知ったのだが、これは典型的な喘息の症状だった。

気管支炎で気道が狭くなって空気が通りにくくなっていたのである。

救急車を呼ぼうかと思ったが、かろうじて息ができる状態だったので、そのまま身動きしないでやり過ごした。咳は相変わらず止まらなかったが、何とか耐えて翌日、死にかけのような状態で病院にいった。

私の症状を見た医師はすぐにこれが喘息であると判断し、私に点滴を受けさせた。

点滴の袋は2つあったのだが、そのうちの1つを私の身体に注入する時、看護婦は「これはステロイドですからね」と何気なく私に説明した。

ステロイド……。



 


2017-11-27

1000人斬り。女性との関係数を増やしても意味がない理由

真夜中の世界で売春ビジネスに堕ちている女性をハイエナのように追いかける男はいつの時代でも存在しており、今後もどんな時代が来ても消えることはない。

グローバル化の時代になると、ハイエナたちは自国の女性のみならず、国外の売春地帯にまで「狩り」に出かけて悪評を世界中にまき散らす。

そうした男たちをブラックホールのように吸収するのが東南アジアの売春地帯である。

ベトナム戦争時、アメリカ軍のリクリエーション(娯楽)として生まれた現地のゴーゴーバーは、東南アジアの貧困女性の「大金を稼ぐ場」として定着し、タイでもフィリピンでも水着の女性たちが今も踊り狂って男を誘っている。

私はこうした東南アジアの売春地帯にどっぷりと浸り、退廃と堕落を吸収しながら人生を消耗させてきた。だから、私の人生は売春地帯で形成されたと言っても過言ではない。

そのため、こうした私の人生をよく知っている人から、いつも聞かれることがある。

「今まで、何人の女性を抱いたんですか?」



 


2017-11-23

英語を覚えるために外国人の男と結婚したい28歳の風俗嬢

数ヶ月前、アメリカに行くために風俗で働いているという28歳の女性と話をした時、「アメリカに何しに行くの?」と尋ねたら「将来はアメリカ人と結婚したい。英語もしゃべれるようになって面白そうだから」と答えた。

外国人と結婚したり外国で生活するのは「面白そう」という感覚が彼女にあって、そのために風俗で金を稼いでいるのだと彼女は私に説明した。

彼女は本気だった。そのために英語も勉強していて、英語学校なるものにも通っていて外国人の先生に習っているという。

この英語学校に通う彼女の女友達は、ただ英語を話せるようになりたいだけで外国人の男と付き合っており、彼女はそれを「偉いよね」と評価していた。

「じゃ、英語を覚えるためだけに結婚するのもありなの?」
「全然ありじゃない」

それから28歳の彼女は「その気になったら、相手なんかすぐに見つかるから」と豪語した。それを聞きながら、私は東南アジアの女たちと彼女の感覚がまったく同じなことに気付いて苦笑するしかなかった。

彼女も風俗で働く身だ。夜の女にとって結婚というのはとても「軽い」出来事のように見えているのかもしれない。



 


2017-11-21

なぜ、男は自分が不潔であっても無頓着で風俗に行くのか

箱ヘルと呼ばれるファッションヘルスや、ピンクサロンや、ソープランドでは、時おりホームレスの男がまぎれ込んで来ることがある。

格安の風俗店のショートでは、5000円や6000円で風俗嬢と接することができる。たまたま何らかの「弾み」で、それくらいの金を手に入れたホームレスの男は、そのなけなしの金を握りしめて風俗店に向かう。

彼らにとっては「金を払うのだから相手にしろ」という理屈なのだが、見るからに不潔な外観や凄まじい悪臭では店に入った瞬間に店員につまみ出されるだけだ。

いくら金があっても、不潔極まりない身体と悪臭まみれの男を女性が相手にできるわけがない。風俗嬢に限らず、全世界のすべての夜の女たちにとって、最も相手にしたくない筆頭が「不潔な男」なのである。

不潔さは不快感を催すということもあるし、不潔であることは多くの病原菌を保持している可能性も高い。不潔な状態でいる男と接触するのは大きなリスクでもある。

だから、普通はこうした男は店から放り出されることになる。ところが、全員が全員、放り出されるわけではない。なぜか。ホームレス「まがい」の男がすり抜けるからである。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら