ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆ナイジェリアの売春する女性を取り上げたブルージーな歌 ◆ラスベガス売春宿の苦境は、時代の変化を映し出している ◆精神を病んだ人たちの扱いは、途上国では玉石混交の状況だ ◆レイプされることに気付いても、誰も助けないという心理
◆彼らは運が悪かった。自分が殺されてもおかしくなかった…… ◆性犯罪者の情報公開。日本もミーガン法が議論になるか? ◆ステファニー・ヒューソン。レイプされた直後の写真を公開 ◆タトゥーが過激になっていくアンダーグラウンドの女たち

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-10-24

高身長の女性が敬遠される理由と、高身長の女性を好む男

タイの売春地帯パタヤのオープンバーでだらしなく時間を潰していた時、身長が180センチ近いタイ女性がいたのを見たことがあった。小柄な女性が多いタイで彼女は目立った。

タイでは身長が高いとレディーボーイを疑うのだが、彼女は正真正銘の女性で、いつも「私はレディーボーイじゃない」とまわりの男に言っていた。

彼女は確かにレディーボーイではなかったが、彼女をペイバー(連れ出し)する男は私が知っている限りただのひとりもいなかった。

髪はうまくセットされておらず、化粧も雑で、服装も普段着のままで、夜の女としての魅力はやや欠けており、彼女自身もペイバーされるのを完全にあきらめているようだった。

こうした大柄の女性を好むファランも多いのだが、彼女はほとんど相手にされない。それでも健気に毎晩オープンバーにやってきて、他の女性が取った注文の飲み物を用意して、所在なげにカウンターの奥に座っているのだった。

数ヶ月後にこのバーに訪れた時、もう彼女の姿は消えていた。大柄な彼女はどこにいても目立つので、他のバーで働いていたのなら目にしたはずだが、二度と彼女を見ることはなかった。

もし、彼女がきちんと体型をコントロールし、化粧をして派手に変身したら、彼女はペイバーされるようになっただろうか。もしかしたら、難しかったかもしれない。



 


2017-10-21

プロの風俗嬢より素人の浮気相手が既婚女性に嫌われる理由

ひとり暮らしの女性は社会的に不利な立場にある。これは世界中どこでもそうだし日本もそうだ。

日本は、シングルマザーの貧困率がOECDで先進国最悪の状況にある。これは、日本では女性がひとりで生きるのはかなり不利な社会的構造になっていることを意味している。

様々な複合的な理由が重なっている。

日本の社会では依然として女性の賃金が低く設定されていることも多い。妊娠・出産・子育ての期間は経済活動の第一線から離れなければならないのだが、社会的に救済措置がない。

さらに日本では村制度も大家族制も否定されて核家族に突き進んだので、シングルマザーはまわりからも自分の両親からも支援が受けられなくなっている。

本来であれば夫に扶養してもらわなければならないのだが、日本は「恋愛至上主義」になったので、愛が冷めたら関係をつなぎ止めるものは何もなく、3組に1組は離婚する社会になった。つまり、妻子は捨てられやすくなった。

そして、妻子を捨てた男は本来払うべき養育費を払わないで逃げることが多く、女性は取り立てることもできない。その上、男自身が格差社会の中で貧困化しており、取り立てる金もなかったりする。






2017-08-19

法の庇護が吹き飛べば、狂気のレイプと殺戮が舞い降りる

閲覧注意
外国からの侵略を受けた国・民族・組織の女性は、常にレイプされているのはよく知られている。

ヒトラー率いるドイツ軍がロシアで何をしたか。アウシュビッツのユダヤ女性に何をしたか。敗戦したナチスドイツになだれ込んだロシア兵がドイツ女性に何をしたか。

独立運動を戦っていた東ティモールでインドネシア軍が民兵と共に何をしたか。

そこではレイプの嵐だった。

ルワンダでツチ族、フツ族の女性たちがそれぞれどうなったか。セルビアでの民族浄化とは何だったのか。 コンゴの女性たちはどうなっているのか。

シリア・イラク一帯を暴力の渦に巻き込んだISIS(イスラム国)は暴力の中で何をしていたのか。彼らは女性を犯し、クルド人のような異民族や異宗教の女性を性奴隷にして売ったり買ったりしているのではないか。

これを見ても分かる通り、戦争が起きたり国が無法地帯になったとき、もっとも弱い存在になるのが女性たちだ。

法の庇護がなくなれば、あとは肉食獣のような男たちが、暴力で女性たちを貪り尽くしていく。侵略・内戦・戦争が始まると、女性へのレイプ・肉体破壊が同時並行で起きる。



 


2017-07-20

抜けられない真っ赤な女たちと一緒に、最底辺を這い回る

水商売や風俗で生きている母親を見て育った娘は、やはり水商売や風俗で生きるようになることが多いのはよく知られている。母子家庭で生まれ育った娘も、成人したら母子家庭になることもよく知られている。

なぜか。母親という「朱」に交わって赤くなったのだ。

あるいは、多感な思春期から20代前半に不良たちと混じって過ごしてきた少年少女は、大人になってもアンダーグラウンドに生きることもよく知られている。

「朱に交われば赤くなる」のは真実でもある。染まる色の強さは濃淡があるにしろ、誰もが今まで付き合って来た人たちの人生哲学や、物の見方や、感情表現が、知らない間に乗り移っていく。

だから、親は子供が不良グループと付き合うのを厳しくいさめる。タバコやアルコールを平気でやる子供たちと一緒にいたら、自分の子供もやがてはそうなるのを親は知っているからだ。

そして、性に奔放な女友達と一緒にいると、真面目な娘も感化されて性に奔放になることも親は知っている。10代の乱脈なセックスは、少女のまわりに悪い男たち、アルコール、ドラッグ、予期せぬ妊娠、性病と、次々と問題を引き起こす。

朱に交わった少女は、やがて真っ赤になってアンダーグラウンドに堕ちていく。



 


2017-07-13

大勢の女性に子供を生ませても批判されない合法的な手段

現在は超格差の時代であり、経営者や企業のオーナーや大株主は1000億円、2000億円、あるいは1兆円、10兆円と、想像すらできない巨額の資産を保有するようになっている。

欧米ではこうした金持ちが上流階級を形成して、地中海をヨットで航海し、イビサ島の高級ホテルで過ごしていたりする。

しかし、こうした超富裕層がハーレムを持っているとか、妾を大勢抱えているという話は聞かなくなった。

なぜか。もちろん、そんなことをしていたら、たちどころにマスコミに嗅ぎつけられ、フェミニストに糾弾され、世間の袋叩きにされるからである。

かつてはハーレムを持っていた王もいれば、妾という存在が合法的に認められていた時代もあった。しかし現在は「女性の人権」意識が高まってきて、そんなことをしていたらフェミニストが絶対に許さない。

しかし、富裕層の男は複数の女性に自分の子供を生ませて「生めよ、増やせよ」という本能を満たしたい。それは資産的に可能だが、社会が認めない。

では、どうするのか。実はもうとっくの昔に、合法的で誰からも批判されない方法を使って、大勢の女性に自分の子供を生ませる手段が実行されている。



 


2017-06-29

アーリーリタイアしても、必ずしも幸せになるわけではない

マネーボイスに私の文章『身ぐるみ剥がれた日本人は「海外リタイア生活」の最期に何を見たのか?=鈴木傾城』が掲載されておりますので周知します。ご関心のある方はどうぞお読みになって下さい。

アーリーリタイアについて書かれたこの文章は書き下ろしのものです。アーリーリタイアというのは、「早期退職」という意味になります。

戦後の日本人は長らく終身雇用に縛られていたので、アーリーリタイアという言葉はほとんど聞きませんでした。しかし最近は、終身雇用が崩れるに従って、アーリーリタイアする人も増えてきています。

会社が何らかの理由で早期退職者を募集し、それに乗って余分な退職金をもらってアーリーリタイアする人もいます。50代の人が少し早めにリタイアして、その後の人生をのんびり生きる選択をするようです。

欧米では若くして大金を貯め、40代でアーリーリタイアして、その後はハワイや東南アジアのビーチでのんびり暮らすような生き方をしている人もたくさんいます。

東南アジアでも、こうした欧米人が自堕落に暮らしているのはブラックアジアの読者ではお馴染みのはずです。






2017-05-13

抑鬱に入ったら休むこと。一番いいのは壊れる前に休むこと

どんな人であっても、人生には挫折や失敗が付きものだ。良い時もあれば悪い時もある。

人生の中で上昇機運にある時は、人は活動的になり、楽観的になり、積極的になる。しかし、悪い時になると何をしても駄目だという気持ちが心を覆い尽くし、悲観的になり、内に籠もるようになる。

気力が充実し、エネルギーに溢れ、挫折しても「これで終わらない」という強い精神力が維持できていれば、どんな状況になっても立ち直れる。

かなり手痛い挫折であっても、ハングリー精神と向上心さえ失わなければ、泥まみれになりながらも立ち上がっていける。失敗と挫折はいつでもやってくるので、人は何があっても立ち直ることが期待されている。

しかし、失敗と挫折でショックを受け、気力そのものが喪失してしまうこともある。一般的に「心が折れる」と言われる状態だ。鬱病ではないのだが限りなく鬱病に近い状態で、これを抑鬱(よくうつ)と呼ぶ。

「抑鬱」は誰にとっても他人事ではない。

人生は挫折と失敗とやり直しの連続であり、何か悪いことが起きるたびに「抑鬱」に入る危険な心理状態に見舞われる。






2017-05-12

ナイジェリア。レイプされた赤ん坊の残虐に破壊された性器

閲覧注意
西アフリカ・ナイジェリアは北部にイスラムの過激テロ組織である「ボコ・ハラム」が拠点を作って隣国チャドに出入りしながらテロ活動を行っている。

ボコ・ハラムはISIS(イスラム国)にも感化されて、捕虜を公開斬首したり、自爆テロをさせたりしている凶悪な組織なのだが、政府は今もこのテロ組織を掃討できていない。

ここ数年、ボコ・ハラムは自国内の女子生徒を集団拉致して自爆テロに使ったり性奴隷にしたりしていた。

2017年5月8日には収容者との身柄交換で女子生徒を解放して、戦闘員を取り戻したので、今後のボコ・ハラムは再び凶悪化すると政府高官のひとりは懸念を語っている。

このテロに揺れるナイジェリアは、テロ以外にも暴力でまみれた国ではある。しばしば奇怪な猟奇事件が起きる。バラバラにされた遺体、心臓が抜き取られた遺体、人肉食、神棚の奧で飾られる子供の生首……。

治安も悪く、強盗殺人事件も首都ラゴスで続出している。ラゴスの治安はアフリカでも最悪級である。レイプ事件も多い。レイプと言えば、最近も信じがたいレイプ事件が起きている。

11ヶ月の赤ん坊がレイプされた。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら