ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆元妻のところに押しかけ、妻と赤ん坊を壁に叩き付けて殺害 ◆神社参りは「性行為」の象徴であることを忘れた日本人 ◆元風俗嬢の女性が派遣の仕事をして気付いたOLの隠し事 ◆トカゲや猿を10匹売れば、1年は遊んで暮らせる金額になる
◆レイプ殺害、ガムテープで手足を縛られて捨てられた少女 ◆自分の部屋で寝ていてもレイプされるのが、外国での現状だ ◆どんなシチュエーションでセックスするのが興奮するのか ◆世界の暴力は、日本人の想像を超越しているものが多い

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-04-22

不法滞在していた男を見聞きして、自分だったらと考える日

ドナルド・トランプが大統領に就任してから、メキシコ人の密入国者が次々と摘発されて強制送還されている流れがある。

実はこの「不法滞在者の摘発」はメキシコ人に限って行われているわけではなく、すべての人種が標的だ。

まさか日本人は不法滞在での強制送還は関係ないだろうと思っていると、実は日本人の不法滞在者はアメリカがダントツに多く、約3万人近くの日本人が強制送還されるのではないかと怯えている。

また学生ビザで入っているのにアルバイトなどをしていると、それも即アウトになってしまうような厳しい取り締まりが行われている。

ところで、他国に不法滞在している日本人と言えば、誰もが脳裏に浮かべるのは東南アジアである。最近も元ヤクザの男がタイの田舎で堂々と暮らしていたのが発覚したばかりだ。(ブラックアジア:白井繁治が13年も堂々とタイで逃亡生活ができた理由とは?

この男は13年もタイにいたのだが、東南アジアの不法滞在者は1年2年どころか5年、10年と結構な長期で不法滞在しているケースが多い。まさに「土着」である。

すこし古いのだが、インターネットで興味深い投稿があったのを最近になって目にした。以下のものである。(鈴木傾城)






2018-04-11

年齢がいけばいくほど格好をつけた方が健康に良い理由とは

私のまわりは3種類の男に分かれていた。1つはまったく格好に頓着せずボロを着て平然としている男。別の1つはやたらと格好にこだわって派手も奇抜も厭わない男。

そしてもう1つはそのどちらにも属さず、ごく普通の格好をしている男だ。

私は今までまったく自分の格好にこだわったことがなかったのだが、あまりにも格好が惨めだとまわりが相手にしてくれないので避けた。逆にあまりにも格好を飾るのも金がかかる上に金目当ての人間が寄りつくので避けた。

つまり、私は「普通の格好」を意図的に選択した。今でもその傾向は変わっていない。

私にとって服装とはサイズが合って常識的なものであればそれで充分だった。それ以外のものを着ようと思ったことは一度もない。

ブランドにこだわったこともなければ、奇抜な格好、派手な格好、目立つ格好をしたいと思ったこともない。客観的に見ると、私は自分の外観には関心がないタイプであると言える。

私の長年に渡る傾向は恐らくこれからも変わらないし、無理しても必ず元の「普通」に戻ってしまうだろう。(鈴木傾城)






2018-04-02

フェチの聖地。五反田にはもうひとつ別の世界が存在する

ブラックアジア in ジャパン
以前、「女神」と称されるフェチ専用の風俗で働く女性に会ったことがある。(変態たちの女神(1)「このままじゃお客さん殺しちゃう」

彼女が働いていた場所は五反田なのだが、この五反田には彼女以外に多くの「女神」がいる。

私が最初に会ったのは、男たちを責めてムチで打ったり言葉でなぶったりするタイプの女神だったのだが「責める女神」がいるのであれば「責められる女神」もいるのは当然だ。

次に私が興味を持ったのは、この「責められる女神」というのは、いったいどのような女性がやっているのかということだった。M(受け身)というのはどこまでするのか。なぜ、それをしたいと思ったのか。

私は彼女たちのことは何も知らないが、私でなくても普通の生活をしている人たちは知らないはずだ。男に打たれたり、なじられたり、乱暴な扱いをされたりする女性というのは身近で見たことがない。だから、何も知らないで当然なのだ。

それで、私はわざわざ五反田まで行って会ったのだが、会うなり私は彼女の衝撃的な言動に絶句せざるを得なかった。たいていのことでは驚かないつもりだったが、これほど驚いたのはここ最近は思い出せない。(鈴木傾城)



 


2018-03-30

ビーチとは、自由な時間・セックス・ドラッグがあるところ

2018年3月9日。タイ南部ラノン県のパヤーム島で、欧米人とタイ人がマリファナ吸引で一挙に27人も逮捕されるという事件があった。

パヤーム島はあまり聞いたことのない島だが、最近はコアなバックパッカーが徐々に集まる島になっている。

観光客が押し寄せるタイのビーチと言えば、サムイ島やパンガン島が定番になっている。あるいは、プーケットやピーピー島を思い出す人も多い。

しかし、これらの島があまりにも観光地化されてしまうと、コアなバックパッカーは徐々に避けるようになっていた。

観光地化すると、いろいろ便利にはなる。しかし、物価は上がるし、人が増えて落ち着かないし、海も汚れる。また、すべてがビジネスライクになってバックパッカーには居心地の悪い場所になる。

現にプーケットやパタヤのような場所は海が汚すぎると悪評が立っている。サムイ島はホテルと観光客だらけとなってゴミ問題に悪戦苦闘している。

だから、喧噪から離れられ、綺麗なビーチがあり、昼間からビールを飲んでマリファナでもふかしたいと思うバックパッカーは知られていない島を目指す。

ただし、彼らはインターネットも使いたい。レストランもそれなりにないと困る。だから本当に秘島も困る。そのバランスが重要だ。(鈴木傾城)






2018-03-22

インド。極度の混沌(マサラ)が生み出す至福のものとは?

2018年3月9日から11日までの3日間、インド・マハーラーシュトラ州のナグプールでヒンドゥー教徒保守派の文化保護のための会議が開催されていた。

そこで大きな警鐘が鳴らされていたことがある。

それは、小規模な共同体の中で話されている少数言語が話者の減少により次々と「絶滅」していることだ。最近のインドでは「英語」が爆発的に好まれる言語となっており、インドの少数言語はまったく顧みられることがなくなった。

そのため、このままではインドは英語とヒンドゥー語のみが影響力を持って、他の重要な言語、たとえばカンナダ語、マラヤラム語、タミル語、テルグ語までもが衰退していくのではないか、と危機が叫ばれている。

グローバル化がインド社会に入り込むことによって、人々はより話者の多い言語を覚え、話し、日常的に使うことになるのだが、その結果として話者の少ない言語はどんどん侵食されて話されなくなっていく。

インドでは「ヒンドゥー至上主義者」が「インド文化を守れ」と声を上げているのだが、表層的な部分だけでなくインド古来から話されてきた言語の保護にも目が向いている。

なぜか。言語が失われれば歴史の連続性が消えてしまい、過去と未来が分断されてしまうからである。そのため、どんなに少ない話者の言語であっても、それは大切なものだという意識を強烈に持つ人も存在する。(鈴木傾城)






2018-03-16

そこで娘は貞操を失うが、何とか生き延びられる環境になる

カンボジアは今でも貧困国だが1990年代はもっと貧困の度合いがひどかった。

原始共産主義を標榜したポルポト政権のめちゃくちゃな政治と大量虐殺で国は崩壊し、その後も内戦が続いて国情は落ち着かなかった。それがカンボジアの貧困を深いものにした。

私がこの国を訪れたのは1990年代の終わりだが、その頃は首都プノンペンですらも信号がなく、どこのホテルもしばしば停電した。舗装された道路は一部で空港から都内に入る道も砂塵が舞っていた。そんな国だった。

この貧困の中で、カンボジアの人々は生きるのに必死だった。

一方でカンボジアの隣国であるタイは1980年代以後は工業化の波に乗り、国はどんどん経済発展していた。タイとカンボジアは陸続きだ。

そうであれば、さっさと隣国タイに移動すれば、その方がうまく生きられるのではないか。私は簡単にそう思ったこともあった。しかし、現実は厳しかった。

自国が崩壊しているからと言って、さっさと治安も良く経済も発展したタイに移れるような人はほとんどいない。

移動する金もなく、パスポートもなく、言葉も違い、仕事もなく、ツテもなく、土地勘もなく、家を借りる金もない。何もない。さらにタイとカンボジアも隣国特有の対立を憎悪を抱えており、民族感情は良くない。(鈴木傾城)






2018-03-11

インド売春地帯では永遠に這い上がれない女がそこにいる

インド・コルカタの売春地帯ソナガシは、この地域出身の貧しいインド女性と、ネパールから人身売買で流れ着いてきた女性と、ムンシガンジ等の他の売春地帯が崩壊した後に流れ着いたバングラデシュ出身の女性たちが集まる場所だ。

私は今でもインド売春地帯に沈没していた頃のことを思い出す。そしてソナガシで出会った女たちのことを振り返る。

ソナガシには金のことしか考えていない強烈なまでの金の亡者もいたが、東南アジアや日本では出会えないような奇妙な個性を持った女性にも会って有頂天になったこともあった。

肥満で身体が崩れたような女たちも多かったが、今までの人生で見たこともないような天使のように美しい女たちもいた。まさにソナガシは天国と地獄で玉石混交の世界だった。

このソナガシも、彼女たちの境遇の悲惨さが全世界に知れ渡った。そこでインド政府も重い腰を上げて、支援や援助や福祉向上に動くようになって徐々に変わりつつある。

政府機関だけでなく、欧米のNGO団体も無数に入り込んで彼女たちを売春ビジネスから引き離そうと努力している。しかし、インドは一筋縄でいかない。

ムンバイに拠点を置いているNGOの職員はインドのローカル紙のインタビューに答えてこのように答えている。(鈴木傾城)



 


2018-03-10

「常識を持つこと」は突然死しないために必要不可欠の要素

人間は医学の発展によって寿命が今よりもはるかに延び、100歳時代に入ることが予測されている。その確率は日増しに高まっている。(ダークネス:本当なのか? 数年のうちに長寿が実現し寿命は100歳になる

そのような話を聞くと、あたかも自分自身が100歳まで生きられるように考える人がほとんどだ。

しかし「自分が100歳まで生きられる」とは決まっていない。100歳どころか、明日にも突然死する確率は決してゼロではない。

突然死と言えば、まだ若い人が何の前触れもなく死んでしまうこともある。事故であったり、災害であったり、病気であったり、自殺であったり、理由は様々だ。次は自分ではないと、なぜ言えるのか。

私たちは「自分だけは大丈夫」という正常性バイアスにかかりやすいのだが、それは間違っている。本当に最後まできちんと生きられるかどうかは誰も保証していない。

場合によっては前触れもなく死ぬこともある。たとえば、意外かもしれないが、常識がなければ突然死する確率を高める。突然死と常識は関係がないように思えるが、そうではない。

常識を持つことは突然死しないために必要不可欠の要素なのである。いったい、どういうことなのか?(鈴木傾城)







お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら