ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆エドサの出来事。事件を引き起こしそうな男は、確かにいる ◆レイプ殺害、ガムテープで手足を縛られて捨てられた少女 ◆「人を好きになるのは病気なの?」恋愛感情は4年で消える ◆イギリスの社会荒廃が生んだパンクな女たちを愛せるか?
◆獄中結婚。狂気を具現した男は、狂気で女性を呼び寄せる ◆無理心中。死を招く社会現象は伝染病のように広がるのか ◆セックスの流出がどんどんスケールアップして止まらない ◆2016年、パタヤ・ソイ6。変わっていない売春ストリート

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-01-17

HIV感染は防げるが風俗嬢が見殺しにされる理由とは?

日本の風俗は性病に無防備すぎる。ソープランドではコンドームなしの性行為が日常的に行われていたり、デリヘル等では精液を口で受けたりする。

こんな危険な性サービスが常態化していたのは、日本人は「病気にかかったら病気を治す」というのが常識として定着しているため、性病を持ったまま風俗を渡り歩く人が男女共に少ないからだと言える。

世界は違う。淋病にかかろうが、梅毒にかかろうが、尖圭コンジローマにかかろうが、HIVに感染しようが、それでも医者にかからない人が大勢いる。

貧困で医者にかかれない人もいるのだが、もともと身体の異常に無頓着な人も多い。性病の発症があっても、それを性病と認識しないこともある。

だから、性病を放置したままになりやすい。淋病も梅毒もエイズもいったんそこで流行すると、アウトブレイクするのはそのせいだ。

近年の日本は大量の外国人を受け入れており、欧米人からアジア人までが日本の風俗嬢を買い漁る状況になっている。無防備極まりない日本の性サービスと、性病に無頓着な外国人が出会うことによって何が起きるのかは火を見るより明らかだ。

日本の風俗嬢は、今後は性病地獄に陥るのである。



 


2018-01-14

消えていくスラムと、消えていく想い出と、先進国のこと

東南アジアの貧困地帯は最初は怖かった。最初にスラムに立ち入ったのはクロントイ・スラムだった。私はクロントイが巨大スラム地帯であると知っていたわけではない。

私は当初、ヤワラーの旅社(ゲストハウス)に泊まっていたのだが、次第にパッポンが私の主戦場になってくるに従って、拠点をマレーシアホテル界隈の格安ゲストハウスに置くようになっていた。

パッポンは真夜中の街だ。昼間に起き出して食事をしたいのと冒険をしたいのが重なって、私は近所を散策するようになっていたのだが、マレーシアホテル界隈からクロントイスラムは1キロも離れていなかった。

私は知らずしてクロントイ・スラムに入り込んでいたのだ。

私が最後にこのクロントイ・スラムを訪れたのは2011年頃だが、久しぶりにそこを歩いて私が思ったのは、「ずいぶん綺麗になったものだ」という感想だった。

1980年代のクロントイ・スラムは、地面は泥でぬかるみ、バラック小屋は本当に廃材を適当に貼り合わせただけのような出で立ちで、ドブの悪臭と腐った臭いと食べ物の臭いが濃密に漂っていたようなところだった。

貧困の度合いは今とは比較にならないほど悲惨だった。住んでいる人たちも男はみんな上半身裸で女性も汚れていた。






2018-01-02

モルドバ女性はこれからも悲惨な売春地獄から逃れられない

欧州の聞いたこともないような見知らぬ辺鄙な国や地方で、売春ビジネスをする女性が次々と逮捕されている。

イングランドの小さな工場町スウィンドンで2017年3月18日に、2人の女性が逮捕されていた。彼女たちは地元の人間ではなく外国から来た女性たちだった。路上で工員を誘って売春ビジネスをしていた。

彼女たちはどこから来たのか。モルドバだった。

別に珍しい話ではない。ロンドンでもバーミンガムでも売春する外国人女性はいつも逮捕されている。日常茶飯事で報道もされない。ただ、こんな小さな街にまで外国人女性が売春ビジネスをしていたのは、イングランドの人々を驚かせた。

2017年12月3日、マルタ共和国のスウィーティーという場所でも6人の女性が逮捕されている。マルタ島はイタリア南部に浮かぶ歴史ある島だが、女性たちはここで観光客相手に売春ビジネスをしていた。

いずれも10代後半から20代の女性で、外国人だった。彼女たちはブルガリア人の男が匿う売春宿で働いていたのだが、ブルガリア女性は1人だけで残りの5人は違う国の女性だった。

その女性たちはどこから来たのか。モルドバだった。彼女たちは法律違反で9ヶ月投獄されることになった。モルドバの女性が相変わらず欧州のアンダーグラウンドで身体を売っているのが様々な報道で見て取れる。



 


2017-12-29

裏側のセックスの正体と、それを支える2つの分泌物とは

世の中には「昼と夜、陰と陽、表と裏」があるように、セックスもまた誰もが感じる表側のセックスと、踏み入ってはいけない裏側のセックスがある。

表側のセックス。裏側のセックス……。多くの人が味わうのは、表側のセックスだけだ。表側のセックスとは、リラックスして心地良い時に感じるものである。

愛があって、優しさがあって、互いに互いを理解しあってひとつに溶け込むような快楽。それが「表側の快楽」だとしたら、それとはまったく性質が違う「裏側の快楽」もある。

愛も優しさもない。思いやりもない。暴力的で、荒んでいて、肉体がさいなまれて、屈辱的で、場合によっては憎悪が含まれるのに、それでいて激しい快楽を感じる。

そして世の中には莫大な数の異常があるように、異常なセックスもまた莫大に存在する。ボンデージ、首絞め、イラマチオ等の強制的性行為……。

ほとんどの場合は理解不能として表側から忌避され、その快楽を進んで味わおうとする人はいない。だから、その快楽はどこから生まれてきているのか、まるで分からない。

私も長く分からなかったが、期せずして荒廃の中から生まれてくる危険な快楽の正体を知ったことがあった。愛が快楽を生み出すのと同様に、危険や憎悪もまた快楽を生み出していたのだ。どういうことか……。



 


2017-12-25

全世界で年8000万人が罹患。不治の淋病が風俗嬢を襲う日

米疾病対策センター(CDC)は、梅毒がアメリカでも急増していることを報告している。

アメリカでは2000年には6000人だった梅毒患者は、2016年の時点で2万7800万人となっており、この期間で明らかに何らかの社会変化があって梅毒が蔓延するようになっているのは明らかだった。

アメリカのアンダーグラウンドで何か変わったことがあったのだろうか。アメリカのセックス産業はそれほど発展したわけでもなく、アメリカ人の性的行動がさらに過激になっていったわけではない。

しかし、それでも梅毒が大流行している。

深刻なのは梅毒だけでなく、淋病やクラミジアもまた爆発的に増えていることだ。しかも、その淋病は抗生物質が効かない「スーパー淋菌」だった。

日本では梅毒だけは異様なまでに増えているのだが、クラミジアや淋病についてはそれほど感染が広がっていない。

しかし、増えていないから安全というわけではなく、クラミジアは2016年のデータで年間2万4396件も報告されているので梅毒の約5倍以上の感染数である。他人事ではない。

ところで、アメリカはなぜ梅毒がこれほどまで増えているのだろうか。



 


2017-12-23

ストーリーヴィル。1900年代初期アメリカ最大の売春地帯

1897年から1917年までの20年、アメリカのルイジアナ州ニューオリンズでは「あの地域」と呼ばれる売春地帯があった。それがストーリーヴィル(Storyville)である。

ここは、アルコールとギャンブルとセックスが公然と渦巻く不浄の地域であり、普通の人たちは決して近づかない場所でもあった。

住民が「あの地域」と言ったのは激しい嫌悪と拒絶感を伴っており「行ってはいけない場所」という意味で使っていた言葉でもあった。

何しろ、当時のアメリカの道徳観は清廉潔白を旨としたキリスト教プロテスタントのピューリタン派が基盤である。ピューリタンというのは、その言葉自体に「清潔」という意味を内包している。

性的にも道徳的にも「清潔」であらなければならないと言われていた時代に「飲む・打つ・買う=酒・賭博・女」の悪癖3点セットを思いきり開放していたのが「ストーリーヴィル」だったのだ。

まさに当時のアメリカが生み出した最初で最大の「売春地帯」と呼ぶに相応しい場所だ。ところで、この道徳に厳しい時代になぜこんな場所が生まれたのか?



 


2017-12-13

場末の売春宿であればあるほど顕著になる現象とは何か?

売春や風俗で、ハイエナと化して本能のまま女たちを追い求めている男たちは、自分が大金を払ってそこにいることに何の疑問も抱かない。

だから、女たちがやってくる男にある疑問を抱いていることにもほとんど気付いていない。男たちから金をもらいながら、身体を売る女たちが疑問に思っていることは次のものだ。

「なぜ、男はお金を払ってセックスをするの?」

売春や風俗の世界で生きている女たちにとって、セックスはビジネス行為である。身体を売って生計を立てている。それがビジネスになることを知っていて続けている。

ところが、その女たちもビジネスをしながら男のやっていることが根本的な部分でうまく理解できていない。

やってくる男の中には表社会で恋人がいたり、妻がいたりすることも多い。また、他に馴染みの女性がいることもある。

恋人や妻とは曲がりなりにも愛があって一緒にいるわけだし、気心が知れているのでセックスは安心できるし、性病の心配もいらないし、何よりも金を支払う必要もない。

しかし、それでも男は真夜中をさまよい、信頼関係もなければ愛もない女たちに大金を支払う。真夜中の女たちは金がもらえるのでそこにいるのだが、しかしやはり疑問を抱くのだ。

「なぜ、男はお金を払ってセックスをするの?」



 


2017-12-04

「セックスが汚い」と思う人が見落としている重大なこと

売春する女たち、あるいは身体を売る風俗嬢の対極にいる女性とは誰か。それは、まったく男と性交渉をしたことのない女性、つまり「処女」である。

これだけ性が解放されて乱れた社会なのに、日本では20代から30代の独身男性のうちの40%は性交渉を一度もしたことがないという統計になっている。

実は「処女率」もまた上がっていて、20代後半でセックスを経験したことがない独身女性は30%近い数字が出ている。

日本の女性に童貞や処女が増えているのは複合的な理由が重なっているからだ。セックスという「娯楽」を追わなくても他に面白いことが増えたし、アダルト動画がインターネットでいくらでも見られる。

恋愛が成就できないことの恐れや、ひとりの方が楽だという気持ちが強くなっている。そして、恋愛するだけの金がないという経済的な問題もある。

それと同時に統計では出てこないのだが、さらにセックスをしたくない理由として「セックスは汚い、他人は汚い、汚いものと関わりたくない」という深層心理があるのではないかと分析する識者もいる。

「他人は汚い、セックスは汚い」と思っていれば、確かに積極的に性体験をしたいとは思わないはずだ。しかし、彼らは重大なことを見落としている。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら