ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆世界のアンダーグラウンドでは、今でもシンナー吸引が流行 ◆手足のない女性もモデルとして活動する時代になっていく ◆レイプ殺人の現場では2つの類型パターンが浮かび上がる ◆ひったくり。いきなり襲われて、抵抗すれば怪我する現実
◆人生の落とし穴に堕ちたら、這い上がるのは容易ではない ◆抵抗しないでレイプされるか、抵抗して殺されるかの選択 ◆26歳デリヘル嬢。妊娠中毒、鬱病の母、兄の性的な問題行動 ◆リベンジ・ポルノ。日本女性の多くがこれから地獄を味わう

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-09-08

あぶく銭が手に入ったら、なぜそれは手元に残らないのか?

アメリカのラスベガスは「カジノの聖地」と言われているが、このラスベガスは退廃と堕落の街で、売春する女性たちもうようよしていることが知られている。

東南アジアではマカオがやはりカジノ大国だが、このマカオも中国大陸や台湾、韓国から売春する女性を大量に吸い寄せていることが知られている。

カジノというのは「ギャンブル施設」を指しており、そこではルーレットやスロットマシーンやブラックジャックやポーカーのようなカードゲームが行われて大金が飛び交っている。

財産をすべて失ってしまう人もいるのだが、逆に大金を手に入れる人もいる。勝てるかどうかは運次第であり、いつも勝てるわけでもいつも負けるわけでもない。

ハマればどんどん負けていくのだが、逆に勝てると思っていなかったのに、たまたまツキがあってちょっとした小金が転がり込んでくることもある。

たとえば、10万円という金が突如として自分の手の中に転がり込んでくる。

そうすると、どうするのか。ツキに恵まれて小金を手に入れた人は幸運を喜んでそれを貯金するのではなく、アルコールとセックスに散在してしまうのである。






2017-09-05

レイプされて刺し殺された女性。無抵抗でも助からない?

閲覧注意
2009年頃まで、タイとフィリピンを比べるとタイの方がレイプ犯罪は多かった。

ところが、その後はタイが急激にレイプ犯罪を減らすのと裏腹にフィリピンがどんどんレイプ犯罪が増えるという逆転現象が起きている。

フィリピンが急激な治安悪化に見舞われ、タイが安定化しているというのは、タイが経済成長や文化の成熟や高齢化などが重なっている結果であるとも言える。

ただ、それでもタイのレイプ発生率は日本の約10倍もあるわけで、日本のように真夜中に若い女性がひとりでフラフラして安全なわけではない。バンコクでも地方でも、レイプ事件は常に発生している。

レイプした女性をナイフで刺して殺し、最後に喉を掻き切って道ばたに捨てるような凶悪事件すらもしばしば起きている。

殺されるのは例によって売春ビジネスに従事している女性が多いのだが、それは彼女たちが真夜中のストリートをひとりで歩いていて見知らぬ男と一緒になるからだ。

売春する女性たちは、常に殺人の目的となる。



 


2017-08-26

日本人は「風俗での本番行為を合法化しろ」と声を上げよ

日本の性風俗を制したのはデリヘルという業態だ。警察に届け出した業者が女性を集め、男はインターネットで女性を見つけて業者に電話して女性を派遣してもらう。そして、女性に性サービスを受ける。

これが、デリヘルというビジネスであり、日本の性風俗の8割を占めているセックス産業である。警察に届け出しているというところを見ても分かる通り、デリヘルという業態自体は今のところ合法となっている。

なぜ合法なのか。それは、デリヘルの性サービスには本番行為が含まれていないからだ。

もちろん、それは建前なので、裏では本番を求める男たちもいれば、本番で指名客を取る女性もいる。必ずしも守られているわけではない。しかし、本音ではともかく、建前としては本番行為は固く禁止されている。

時々、それを黙認する店もあって、そうした店がたまに摘発されているのだが、多くのデリヘル店はきちんと法律を守って「女性に本番行為をさせない」ようにしている。

性サービスを受けながら本番行為がないというのは、外国人や外国の売春地帯に慣れた男たちから見ると奇妙奇天烈なシステムと言っても過言ではない。

ハイエナの立場から言うと、それは持続させる必要のない古いシステムだ。「日本人の男たちよ。おかしいものはおかしいと気付け」と外国人のハイエナなら叫ぶだろう。



 


2017-08-21

身長145センチの女性(1)本当に大人だからと念を押した

ブラックアジア in ジャパン
私は以前、高身長のデリヘル嬢に会ったことがあるのだが、彼女は人妻で公称で180センチだった。(身長180センチの女(1)彼女はどんな女性だったのか?

高身長の女性はそれだけで目立つ。彼女は結婚していて身バレを極度に恐れていたので、サングラスで顔を隠していた。しかし身長の高い女性は何をしても目立つので、いずれは身バレしてしまうのではないかと私も懸念を覚えた。

風俗では彼女よりも身長の高い女性がいくらでもいる。かつては190センチ台の女性もいたと聞いている。池袋のある店に所属していた20代の女性だった。

その女性は風俗を止めてしまったので、今は185センチの女性が一番高いのではないかとも巷では言われている。

この女性は高身長の女性だけを集めた風俗店に所属しているのだが、仕事ではハイヒールもはいているはずなので、実際には相当高いのではないか。

ところで、高身長の風俗嬢がいるのであれば、低身長の風俗嬢もいておかしくない。日本の風俗業界では、132センチの風俗嬢がいることが知られている。



 


2017-07-24

私の人生の流浪とその時々を描写した書籍・電子書籍のこと

私は今も昼夜逆転の生活をしている。これはもう治せない。では、真夜中に起きて何をしているのか。何かを書いたり、真夜中に街をうろうろさまよい歩いている。

誰もいないゴーストタウンになった真夜中のストリートをふらふらと歩くのも好きだし、歓楽街をあてどなくさまようのも好きだ。

私は昔からずっと旅人の気質があって、アウトサイダーで、孤独だった。今でも私は女性と関わっていなければ、誰ともひとことも何も話さないで何日も過ごす。

私は人が嫌いではないのだが、表側の社会はドロップアウトした人間にはとても冷たい。東南アジアの売春する女性と縁が切れない男であればなおさら誰も関わってくれない。

まともな経歴を持った人は、私との関わりを避けて当然だ。誰がアンダーグラウンドの人間と付き合うというのか。売春する女性が心から好きだという男に誰が好意を持つというのか。

若い頃に売春地帯に溺れて表側の人たちと感覚が合わなくなったのに気付いた後、私は自ら知り合いを断ち切った。

以来、私はひとりも友人がいないまま数十年を過ごすことになって今に至っている。私の本質は何も変わっていない。私は相変わらず社会と乖離して孤独だ。






2017-07-22

フェミニストが何をしてもセックス産業が生き残る理由

日本に風俗店がどれくらいあるのか。2014年の性風俗関連特殊営業の数字を拾うと次のようになっている。

ソープランド等 1224件
ファッションヘルス等 810件
ストリップ劇場等 98件
出会い系喫茶等 95件
デリヘル等 19297件

届け出されたすべての店が営業しているわけではなく、逆に届け出しないで営業しているモグリもあるので、上記の数字が正確なわけではない。

しかし、この数字を見れば日本には2万1524件あたり、ざっくり言えば約2万件の風俗店があると言うことが分かる。

ひとつの店に15人の女性が働いているとすると、約30万人の女性が風俗で生きていることになる。

そして、この女性たちが仮に1日3人の男を相手にしていると考えれば、約90万人の男がセックスを売る女性たちと関わっていることになる。

これを見てフェミニストは「女性搾取だ」と気が狂ったように叫び、セックス産業を敵視する。しかし、愚かなフェミニストが何をしてもそれは生き残る。フェミニストはセックス産業を潰せない。



 


2017-06-14

女体カレー盛り。摘発されたデリヘルと女性の大量の画像

「女体盛り」という奇妙なものがある。

これは女性の身体の上に、刺身などの食べ物を載せて、それを食べるショーのひとつとして知られるもので、かつては遊郭で、最近では温泉街やショーパブなどで行われている。

日本だけでなく、世界中でこうした行為が行われているのは周知のことである。欧米ではキャビア、ケーキ、チョコレートを女性の身体に盛って、それを舐め取るような女体盛りもよく行われている。

もちろん、だいたいどこの国でも、「女性と食べ物を一緒にするのは不謹慎であり、不道徳でもあり、許されることはない」と良識ある人たちの顰蹙を買っている。女性への虐待だ、と言う人も多い。

しかし顰蹙を買いながらも、最近の女体盛りはアートにもなっていて、若い女性の経営者がこの女体盛りを真摯に運営するという動きもある。(https://www.nyotaimori.info/)

一方で下劣で眉をひそめるものもあるのも事実だ。2017年5月29日に売春防止法違反で摘発された東京渋谷区を拠点にするあるデリヘル店は何をしていたのか。

「鬼畜な華麗なる食卓コース」として、客が持ち込んだカレーを女性の身体に塗りたくって楽しむという「カレー女体盛り」のコースを用意していたのである。



 


2017-06-10

長浜博之が完全否定するパラワン日本人バラバラ殺人の裏側

2017年5月30日。フィリピンのブスアンガ島で、ふたりの日本人が行方不明になった。ひとりは大阪府出身の井谷勝さん59歳。もうひとりは茨城県出身の新井康寛さん24歳。

このふたりは島を周遊するための小型ボートでブスアンガ島コロンから海に出て近隣の島々に向かったのだが、その後ホテルに戻って来なかった。

ブスアンガ島とその周辺は小さな島々がたくさんある場所なのだが、手つかずの自然を愛する欧米人もたくさんいて、秘かな観光地になりつつある場所だった。

このふたりは「観光」でこの島を訪れていたと当初は報道されていた。この島には何もない。しかし、美しい海がある。欧米人の多くはダイビング・スポットとしてこの島を訪れる。

ふたりが予定時間になっても戻らなかったことから、ホテルの従業員は事故があったと判断し、警察に通報した。恐らく、ダイビング中に何か事故があったのではないかというのが当初の予測だった。

ところが6月2日、衝撃的な結末が明らかとなった。

ふたりの遺体がホテルから西に40キロほど離れたガロック島で発見されたのだが、遺体は背後から撃たれてバラバラにされて海に捨てられていたのだった。







お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら