ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆異国タイではじめて「レディーボーイ」と出会った時のこと ◆タイ・パタヤの薬局で押収されたセックス強化剤とは? ◆銃が蔓延した社会で銃を持った悪いヤツらを止めるには? ◆あなたは金のために女装して男と性行為ができるだろうか
◆ケーララ州で逮捕された売春女性から、インド女性を思う ◆セックスをして自分の子供を作るという真の意味とは何か ◆女性が憎悪の中で拷問・殺害されるとき、乳房を潰される ◆ミニスカートをはいて歩き、不道徳だと裸に剥かれた女性

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-08-30

今年はHIVと共に淋病と梅毒も含めてSTD検査をした

売春地帯をウロウロしているのであれば、そこは性病の温床であると認識しなければならない。売春する女性と縁が切れないのであれば、当然のことだがSTD(性感染症)の脅威は常にある。

ハイエナにとってHIVやSTDはいつでも「今そこにある危機」なのだ。自分だけ絶対にかからないというのは根拠のない自信に過ぎない。

カンボジアの売春地帯では、70ストリートの売春宿の入口で痩せ細ったエイズの女性が虚ろな表情で座っている姿を見ているし、性器にびっしりと尖形コンジロームを発症した女性を見て恐れおののいたこともあった。

尖形コンジロームの女性はインド売春地帯でもしばしば見た。インドではこれが流行っているのだが、女性たちはこれを性病とは知らないでいる。

コルカタの売春地帯では売春している娘の母親がエイズ末期のような様態で金を取りに来たり、部屋で身動きしない痩せた女性がいたりするのが我が目に焼き付いた。

こうしたこともあるので、ハイエナとして現役だった頃は半年に一度、最近も1年に一度は必ずHIV検査を受ける。さらに今年からは淋病や梅毒の検査も含めることにした。

なぜなら、日本で淋病や梅毒が再びアンダーグラウンドで猖獗を極めると確信したからだ。そんな考えもあって、STDの検査を先日受けてきた。



 


2017-08-26

日本人は「風俗での本番行為を合法化しろ」と声を上げよ

日本の性風俗を制したのはデリヘルという業態だ。警察に届け出した業者が女性を集め、男はインターネットで女性を見つけて業者に電話して女性を派遣してもらう。そして、女性に性サービスを受ける。

これが、デリヘルというビジネスであり、日本の性風俗の8割を占めているセックス産業である。警察に届け出しているというところを見ても分かる通り、デリヘルという業態自体は今のところ合法となっている。

なぜ合法なのか。それは、デリヘルの性サービスには本番行為が含まれていないからだ。

もちろん、それは建前なので、裏では本番を求める男たちもいれば、本番で指名客を取る女性もいる。必ずしも守られているわけではない。しかし、本音ではともかく、建前としては本番行為は固く禁止されている。

時々、それを黙認する店もあって、そうした店がたまに摘発されているのだが、多くのデリヘル店はきちんと法律を守って「女性に本番行為をさせない」ようにしている。

性サービスを受けながら本番行為がないというのは、外国人や外国の売春地帯に慣れた男たちから見ると奇妙奇天烈なシステムと言っても過言ではない。

ハイエナの立場から言うと、それは持続させる必要のない古いシステムだ。「日本人の男たちよ。おかしいものはおかしいと気付け」と外国人のハイエナなら叫ぶだろう。



 


2017-08-21

身長145センチの女性(1)本当に大人だからと念を押した

ブラックアジア in ジャパン
私は以前、高身長のデリヘル嬢に会ったことがあるのだが、彼女は人妻で公称で180センチだった。(身長180センチの女(1)彼女はどんな女性だったのか?

高身長の女性はそれだけで目立つ。彼女は結婚していて身バレを極度に恐れていたので、サングラスで顔を隠していた。しかし身長の高い女性は何をしても目立つので、いずれは身バレしてしまうのではないかと私も懸念を覚えた。

風俗では彼女よりも身長の高い女性がいくらでもいる。かつては190センチ台の女性もいたと聞いている。池袋のある店に所属していた20代の女性だった。

その女性は風俗を止めてしまったので、今は185センチの女性が一番高いのではないかとも巷では言われている。

この女性は高身長の女性だけを集めた風俗店に所属しているのだが、仕事ではハイヒールもはいているはずなので、実際には相当高いのではないか。

ところで、高身長の風俗嬢がいるのであれば、低身長の風俗嬢もいておかしくない。日本の風俗業界では、132センチの風俗嬢がいることが知られている。



 


2017-07-31

午前3時の大阪道頓堀を野良犬のようにさまよい歩いてみた

二十歳の頃に東南アジアの売春地帯を知ってから、私は真夜中の住民となった。以来、私は夜に起きてひとりでうろうろ街をさまよう生活を好むようになった。

どこでも真夜中をうろついている。東南アジアでもインドでもスリランカでも、果てはニューヨークでもメキシコでも、私は誰もいない真夜中のストリートをさまよい歩いて来た。

今でも、真夜中の街をうろつくのが止められない。

繁華街でも住宅街でも工場跡でも貧困スラムでも、私は真夜中を歩いて何かを探し求める。時々、売春をする女たちに出会うこともあるが、そうでないこともある。

絡みついてきた女性に興味が持てれば、私は彼女と一緒についていく。そのときは拒まない。それが私の人生だった。しかし、何もなければそれはそれで構わない。真夜中が好きだからだ。

日本では東京や大阪の歓楽街を歩くのが好きだ。倒れた酔っぱらい、水商売の女たち、呼び込み、チンピラ、ホスト、ホームレス……と、真夜中にお馴染みの人間が勢揃いして私を楽しませてくれる。

最近も午前3時の大阪道頓堀を歩いていたのだが、観光客が消えた素の道頓堀はこんな感じだった。






2017-07-05

生理フェチ。奇妙な性癖を持った男と、それに応える女性

女性にとって生理は毎月の日常だが、それを男に開けっぴろげに見せることはない。生理が来ても男に悟られないように、とても気を使って隠す。

しかし、生理は常に規則的にくるとは決まっておらず、また完全に終わったのかどうかも分からないときがある。そのため、意図しないときに生理の血を男に見せることもある。

男が女性の生理の血を見るときは、その多くが性行為の最中であると言えるかもしれない。

性行為の最中に、ふと下腹部が異様に濡れているのに気付いて見ると自分の陰部が血まみれになっていて驚いて絶叫したという男もいる。

夜の女たちと深い付き合いの多い男は、性行為の生理は一度は通る道だ。

タイ・パタヤの安ホテルに巣食っていると、しばしば壁に「ベッドを血で汚したら罰金500B」と書かれているのに気付くが、それはよくある話なのである。

普通、女性は生理が来そうだと思えばセックス・ビジネスは避けるし、男も生理中の女性を好まない。普通はそうだ。しかし、世の中は「普通」ばかりではない。



 


2017-06-22

インドで止まらないレイプと、頭を割られて殺された少女

閲覧注意
インドではレイプが多発する危険な国なのだが、2012年12月16日にバスの中で女性がレイプされて膣内を破壊されて殺された事件は国際的にも大きく取り上げられた。(インドで起きている残虐なレイプは増える可能性もある理由

それ以後、インドでは多くの女性が立ち上がって、「レイプ犯は死刑にしろ」というデモや抗議運動を起こしてインドの現状を変えようと試みてきた。

しかし、インドが変わった兆候はあまりない。

相変わらずインドでは激しいレイプが行われ、しかも女性はレイプの後に残虐な殺され方をする。

最近も、インドの首都デリーの近郊にあるグルガオン(現グルグラム)で、仕事帰りの35歳の女性が3人の男に車で拉致されて8時間にも及ぶレイプを受けていた。最後は路上にゴミのように捨てられた。

このグルガオンという都市はレイプ多発地帯として知られており、インド人も呆れて「グルガオンはレイプガオンという都市名に変更すべきだ」と言うようになっている。



 


2017-04-26

河口『人肉市場』。知られざる売春地帯を読者が写真に

以前、ブラックアジアで雲南省の河口(ハーコウ)という場所にある売春地帯を紹介したことがある。(雲南省河口(ハーコウ)でもベトナム女性が売春ビジネス

雲南省はベトナム・ラオス・ミャンマーの3つの東南アジア諸国と国境を接している中国の貧困地区なのだが、日本から昆明まで空路で入るにしても何度も乗り継いで相当面倒だ。さらに昆明から現場まで列車で数時間もかかるという。

そのため、この河口(ハーコウ)に『河口人肉市場』と現地で呼ばれる売春地帯(というよりも売春ビル)があるのだが、なかなか行ける日本人は少ない。

しかし、アクセスが悪いというのは逆に言えば「秘境」であり、そこに辿り着いた者は現地の人しか知らない桃源郷をひとり占めにすることができるということでもある。

ブラックアジアの読者、ガウ氏がこの知られざる売春地帯『河口人肉市場』の貴重な写真を送ってくれた。40枚を超える貴重な写真をここで紹介してみたい。

ちなみにガウ氏はジャカルタの線路沿いの売春地帯もレポートしてくれている。(ジャカルタにある「線路沿い売春宿」は生き残っていた

それぞれ、貴重な写真の宝庫だ。ブラックアジアにこれらの写真を惜しげもなく提供して頂いたガウ氏には改めて感謝したい。



 


2017-04-09

軍人が友達申請。いよいよ日本人女性の被害者も増えている

「国際ロマンス詐欺」というものがある。最近、日本女性がこの手の詐欺に引っかかることが多くなって、「国際ロマンス詐欺サポート協会」というものも立ち上がっているという。(国際ロマンス詐欺サポート協会

詐欺師の多くは、ナイジェリアの詐欺集団であると言われている。ナイジェリアはインターネット詐欺の本拠地として世界各国に悪名を垂れ流している国だ。この実態を知らないのは日本人だけかもしれない。

ナイジェリアは貧しい国なのだが、この貧しさを克服するために政府当局は若者をIT技術者として食べて行けるように養成したという。

ところが、国内でのIT起業は設備的にも資金的にも難しく、さらに国外での就職も難しい現実が立ちはだかった。そのため、技術はあるのだが仕事はないナイジェリア人IT技術者が大量に余るようになった。

そこで彼らはこのIT技術と英語力を駆使して、全世界の女性に詐欺を働くビジネスをするようになっていく。それが成功するようになると、ナイジェリア国内でノウハウが蓄積された。

そして、「国際ロマンス詐欺」はナイジェリアの国内産業と化したのである。







お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら