ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆レイプされて殺され、ゴミ袋に包まれて捨てられた女性の姿 ◆カフェイン。現代社会の奴隷になるために取らされている物質 ◆中央アフリカ。虐殺され、民族浄化されていくイスラム教徒 ◆人骨を愛する女性。頭蓋骨を抱き締め、頭蓋骨にキスし、舐めた
◆「脇毛を剃らない自由」を主張するようになった女性たち ◆わずか6歳の少女をレイプ殺害していたロヒンギャ族の若者 ◆聴覚障害を持った売春女性、視覚障害を持った売春女性 ◆弱い立場の少女が集団レイプの犠牲になるインドの現状

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-04-16

何を見て「日本女性の貧困がどん底に達した」と知るか?

日本でも女性の貧困がどんどん広がっており、今や単身女性の3人に1人は貧困だとか、シングルマザーの2人に1人は貧困だという現実はよく知られるようになっている。

さらに貧困女性があまりにも増えたために「普通の女性」が風俗に流れるようになり、容姿や精神的な問題で普通に劣る女性が風俗でも食べていけなくなっている。

日本だけに限らないのだが、もともと女性の貧困は先進国でも途上国でも深刻になりやすい傾向がある。

女性は、今の社会ではもともと不利にできている。ビジネスの社会は依然として男性優位の社会であり、女性は給料や待遇の面で差別を受けている。

スタート地点から女性は、弱い立場にある。結婚したら、出産・子育てに入るが、その間、女性は給料がゼロになるか、激減する。育児休暇は給料満額ではないのだ。

子育てが終わったらブランクを吸収できずに、またもや給料が下がる。歳を取ったらパートくらいしか働き口がなく、そこでも必要最小限の給料しかもらえない。

日本の女性もまた「女性の貧困」を生み出す社会システムから逃れることができなくなっていった。しかし、勘違いしてはいけない。まだ日本女性は貧困のどん底に堕ちていない。



 


2017-04-09

軍人が友達申請。いよいよ日本人女性の被害者も増えている

「国際ロマンス詐欺」というものがある。最近、日本女性がこの手の詐欺に引っかかることが多くなって、「国際ロマンス詐欺サポート協会」というものも立ち上がっているという。(国際ロマンス詐欺サポート協会

詐欺師の多くは、ナイジェリアの詐欺集団であると言われている。ナイジェリアはインターネット詐欺の本拠地として世界各国に悪名を垂れ流している国だ。この実態を知らないのは日本人だけかもしれない。

ナイジェリアは貧しい国なのだが、この貧しさを克服するために政府当局は若者をIT技術者として食べて行けるように養成したという。

ところが、国内でのIT起業は設備的にも資金的にも難しく、さらに国外での就職も難しい現実が立ちはだかった。そのため、技術はあるのだが仕事はないナイジェリア人IT技術者が大量に余るようになった。

そこで彼らはこのIT技術と英語力を駆使して、全世界の女性に詐欺を働くビジネスをするようになっていく。それが成功するようになると、ナイジェリア国内でノウハウが蓄積された。

そして、「国際ロマンス詐欺」はナイジェリアの国内産業と化したのである。






2017-03-10

HIV感染者の道連れセックスは、日本女性が標的になる

中央ヨーロッパに位置するチェコ共和国は目立たない国だ。首都プラハもあまり目立つこともなく、世界から忘れ去られているような雰囲気もある。

しかし、あまり知られていないが、このチェコはゲイのためのクラブがいくつかある。さらにゲイのためのポルノを製作する有名な会社もあったりするので、隠れたゲイ観光地になっていると言われている。

チェコはゲイ文化が地下で広がり、それが受け入れられていた国だったのだ。

ズデネク・ファイファーという男もゲイだったが、本国で無防備なセックスを繰り返しているうちに、いつしかHIVに感染してしまっていた。

普通であれば、ここで無防備なセックスは止めて治療に専念する。ところが、ズデネク・ファイファーは逆だった。自分がHIVに感染したと分かると、より乱脈なセックスに走ったのである。

これは、「道連れのためのセックス」である。

一部の自暴自棄に陥ったHIV感染者によく見られる行動で、「自分が不幸に堕ちるなら、みんな道連れにしてやる」という気持ちが湧くようだ。この男もそうだった。



 


2017-03-03

インド女性は世界一美しいのだが太りやすいと言われている

インド女性は若い頃は非常に美しいのだが、それが三十路に入る頃になると一変していることが多い。突如として、もはや救いようがないほどに太ってしまう。

全員がそうではないのは当然なのだが、悲しいことにかなりの確率で別人のようになっていく。

今ではグローバル化の風潮が入ってきて、太った女性よりも痩せた女性の方が魅力的だという意識が若者たちの間から定着してきている。そのため、インドの中産階級より上の女性たちからダイエットに励むようになったと言われている。

しかし、かつてのインドは「太った女性の方が魅力的だ」という文化があった。

インドは圧倒的に貧困層が多い国で、貧困層は必然的に痩せていく。太った女性というのは夫や家族が裕福であるという証拠であり、だから太った女性は魅力的だと思われるようになった。

そうなると「豊かで魅力的に見られたい」という見栄のようなものが生まれるようになり、貧困層でも女性が必死で太るように努力するようになる。

また夫も妻が痩せていると「お前は妻に食わせることもできないのか」と言われるわけで、貧困状態であっても夫もまた妻を太らせようと何とかする。






2017-03-01

2017年3月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ

2000年頃、貧困と言ってもまだ多くの日本人はどこか他人事のような態度がありました。「一生懸命に働いていれば、まさか貧困に堕ちることはないだろう」という漠然とした通念がそこにあったように見えます。

しかし、いずれ私は日本にも貧困が必ず広がっていくと悪い意味で確信していました。これは非常に強い確信でした。

世の中がグローバル化していき、日本の企業が「海外に出ていく」のを、その海外側から見ていると、新興国の人々が先進国の労働者の仕事を奪い、賃金を奪うことは明白でした。

あれから10年。いまや日本では貧困と格差が大きな問題となり、若者の貧困、高齢層の貧困、子供の貧困とどんどん問題が拡散しています。

そして、女性の貧困もまた深刻な問題になっています。女性は低賃金で雇われたり、不安定な職に押し込められたり、雇われなかったりするようになり、いよいよ普通の女性たちが身体を売るようになりました。

かつて東南アジアで見た光景が、日本の女性の間で広がるようになっていったのです。東南アジアの女性たちの苦境と日本の女性たちの苦境を同時に見つめているのが、このブラックアジアです。

ブラックアジア会員制には、東南アジアの女性たちや日本の女性たちの身体を売る姿が赤裸々に描かれています。



ブラックアジア会員登録

   ⇒ http://goo.gl/8Z7DN







2017-02-26

最新の日本人の国際結婚の状況はどのようになっているのか

国際結婚に関して、厚生労働省が出している統計データで最新のものは2015年のものだが、これを見ると、2006年から国際結婚はずっと減少したままだ。

日本人の国際結婚は諸外国と比べるともともと数が少なくて、最も国際結婚が多かった2006年でも、全婚姻件数に占める国際結婚の割合は6.1%程度であった。

2006年の全婚姻件数は73万971人で、国際結婚は4万4701人である。2015年になると全婚姻件数は10万人も減って63万5156人になっており、率にして約13%も減少しているのだが、国際結婚も2万976件と約46%も減ってしまっている。

分かりやすく言うと、日本人同士の結婚も減っているのだが、中でも国際結婚は激減したということだ。

その理由は明らかだ。2006年当時の国際結婚は、その多くが日本人の男がフィリピン女性と結婚するものだったからだ。国際結婚で日本人の男が外国人女性と結婚するというのは、以下の順番だった。

1位 フィリピン女性
2位 中国人女性
3位 韓国・朝鮮人女性
4位 タイ人女性






2017-02-21

新宿歌舞伎町の「嬰児生み捨て事件」から社会の底辺を窺う

ここ1年、「ブラックアジア・イン・ジャパン」のために、しばしば新宿歌舞伎町をうろついている。(日本の風俗嬢たちに会い、様々な話や人生をまとめた記事群

2017年2月15日、自動販売機脇に設置されたゴミ箱の中に捨てられたカバンの中から生後間もない男の子の嬰児の遺体が見つかるという事件が起きていた。

それが東京都新宿区歌舞伎町2丁目のホテル街にある駐車場・コインパーキングとあるのだが、具体的な場所を言うと「ホテルG7」と「ホテル・リバティ」向かいにある駐車場に置かれてあったゴミ箱の中である。

ここに手提げカバンと一緒にヘソの緒の付いたままの嬰児を生きたまま捨てていた。

この前日はたまたま私も真夜中に歌舞伎町をうろうろとさまよい歩いていたのだが、夜になると冷え込むこの季節に母親は嬰児に服も着せずにカバンと共に捨てていた。

歌舞伎町は水商売と風俗とラブホテルが林立する場所であり、この歌舞伎町2丁目も、そうしたラブホテルが立ち並ぶ場所の一角である。






2016-02-15

日本の風俗嬢たちに会い、様々な話や人生をまとめた記事群

日本の真夜中を席巻している風俗が「デリヘル」です。そこで働く風俗嬢を扱った「ブラックアジア・イン・ジャパン」ですが、そろそろ記事も大量になってきました。

ここ一年でいろんな風俗嬢と会ってきたのですが、日本の風俗というのは国外の売春ビジネスをしている女性たちとはまた異色の存在であると思います。

これまで私は日本人の風俗嬢とはまったく接点がなくて、今でもそれほど多くを知っているわけではありません。

しかし、この1年で集中して数十人もの女性と会って話を聞いて来たこともあり、いろんなことを彼女たちから教えてもらったように思えます。

私自身は東南アジアの女性たちと長かったので、今でも売春する女性たちと言えば、東南アジアの夜の女たちに深い感情があります。彼女たちの存在は私の中では別格です。

私が日本人であるのに東南アジアの売春する女性たちに気持ちが向かっているのは2つ理由があります。

1つは強烈に印象に残った最初の女性が東南アジアの女性だったということ、2つはその後の人生のすべてを東南アジアの女性の影を追いかけることに終始したからです。







お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら