ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆なぜ人身売買の使い古された手口がいつまでも通用するのか ◆ケンドラ・サンダーランド。大学の図書館で露出して退学 ◆インド女性のセクシーな「自分撮り」がもたらすものとは? ◆ケニア「モンバサ」が抱える少女売春とは別の闇とは何か?
◆美人コンテスト。貧しい東南アジア女性が託す一縷の望み ◆どんどん当たり前になる美容整形。あなたはどうするか? ◆新100ドル発行で、旧100米ドル札のニセモノが大量流出との噂 ◆なぜ売春ビジネスは多くの国で違法なのに逮捕されないのか?

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-04-11

年齢がいけばいくほど格好をつけた方が健康に良い理由とは

私のまわりは3種類の男に分かれていた。1つはまったく格好に頓着せずボロを着て平然としている男。別の1つはやたらと格好にこだわって派手も奇抜も厭わない男。

そしてもう1つはそのどちらにも属さず、ごく普通の格好をしている男だ。

私は今までまったく自分の格好にこだわったことがなかったのだが、あまりにも格好が惨めだとまわりが相手にしてくれないので避けた。逆にあまりにも格好を飾るのも金がかかる上に金目当ての人間が寄りつくので避けた。

つまり、私は「普通の格好」を意図的に選択した。今でもその傾向は変わっていない。

私にとって服装とはサイズが合って常識的なものであればそれで充分だった。それ以外のものを着ようと思ったことは一度もない。

ブランドにこだわったこともなければ、奇抜な格好、派手な格好、目立つ格好をしたいと思ったこともない。客観的に見ると、私は自分の外観には関心がないタイプであると言える。

私の長年に渡る傾向は恐らくこれからも変わらないし、無理しても必ず元の「普通」に戻ってしまうだろう。(鈴木傾城)






2018-03-27

騙される女たち。アンソニー・シモノーが狙った日本女性

最近、アメリカ人のジェイメス・シュルテという男が、日本・台湾・中国・インドネシア・タイの女性たちとセックス盗撮動画を撮りまくって、それをポルノサイトにアップしているのが台湾の新聞に報じされて大騒ぎになった。

この事件が報じられてから、ジェイメス・シュルテは証拠隠滅に動き、画像も動画をすべて削除したので動画サイトには何も残っていない。

しかし、この男がアップした写真には数百名ものアジア女性が映っており、親密な関係を示すハグやキスなどが映されていた。この男自身も自慢げにこのように語っている。

「俺は年に100人以上のアジアのビッチとセックスしてる」

その中にはもちろん日本女性も含まれている。日本女性と言えば、ジェイメス・シュルテはハワイで日本女性をレイプしたとして逮捕されているのだが、この女性は告訴を取り下げたので男はそのまま世に放たれた。

その後、この男はその日本女性の写真をインスタグラムに上げてこのように語った。

「俺はジャップのメスとハワイでファックしたのだが、その女は彼氏と一緒にハワイに休暇で来ていた女だった。俺と寝たのを彼氏にバレた彼女はレイプされたと言ったので俺はムショにぶち込まれた」

ところで、ジェイメス・シュルテのようなアジア女性や日本女性を標的にしている白人の男はかなり多い。その中でよく知られているのがアンソニー・シモノーという男である。(鈴木傾城)



 


2018-03-11

インド売春地帯では永遠に這い上がれない女がそこにいる

インド・コルカタの売春地帯ソナガシは、この地域出身の貧しいインド女性と、ネパールから人身売買で流れ着いてきた女性と、ムンシガンジ等の他の売春地帯が崩壊した後に流れ着いたバングラデシュ出身の女性たちが集まる場所だ。

私は今でもインド売春地帯に沈没していた頃のことを思い出す。そしてソナガシで出会った女たちのことを振り返る。

ソナガシには金のことしか考えていない強烈なまでの金の亡者もいたが、東南アジアや日本では出会えないような奇妙な個性を持った女性にも会って有頂天になったこともあった。

肥満で身体が崩れたような女たちも多かったが、今までの人生で見たこともないような天使のように美しい女たちもいた。まさにソナガシは天国と地獄で玉石混交の世界だった。

このソナガシも、彼女たちの境遇の悲惨さが全世界に知れ渡った。そこでインド政府も重い腰を上げて、支援や援助や福祉向上に動くようになって徐々に変わりつつある。

政府機関だけでなく、欧米のNGO団体も無数に入り込んで彼女たちを売春ビジネスから引き離そうと努力している。しかし、インドは一筋縄でいかない。

ムンバイに拠点を置いているNGOの職員はインドのローカル紙のインタビューに答えてこのように答えている。(鈴木傾城)



 


2018-03-10

「常識を持つこと」は突然死しないために必要不可欠の要素

人間は医学の発展によって寿命が今よりもはるかに延び、100歳時代に入ることが予測されている。その確率は日増しに高まっている。(ダークネス:本当なのか? 数年のうちに長寿が実現し寿命は100歳になる

そのような話を聞くと、あたかも自分自身が100歳まで生きられるように考える人がほとんどだ。

しかし「自分が100歳まで生きられる」とは決まっていない。100歳どころか、明日にも突然死する確率は決してゼロではない。

突然死と言えば、まだ若い人が何の前触れもなく死んでしまうこともある。事故であったり、災害であったり、病気であったり、自殺であったり、理由は様々だ。次は自分ではないと、なぜ言えるのか。

私たちは「自分だけは大丈夫」という正常性バイアスにかかりやすいのだが、それは間違っている。本当に最後まできちんと生きられるかどうかは誰も保証していない。

場合によっては前触れもなく死ぬこともある。たとえば、意外かもしれないが、常識がなければ突然死する確率を高める。突然死と常識は関係がないように思えるが、そうではない。

常識を持つことは突然死しないために必要不可欠の要素なのである。いったい、どういうことなのか?(鈴木傾城)






2018-01-10

2014年にコルカタで撮った写真。インドはまだまだ魅力的だ

ここ最近、あまり国外に出なくなったし、しばらく旅の話も書かなかった。以前は国外で撮った写真もたくさん載せていたが頻度も減った。

今日は久しぶりに、旅で撮った写真のいくつかを載せてみたい。2014年にインドに行っているのだが、その時に撮った写真で、まだブラックアジアにも紹介していないものも大量にある。

どこかの記事で使った写真もあるのだが、すでに大量の記事に埋もれてしまっている。ひとまとめにして掲載すれば、少しは異国の空気感が蘇るかもしれない。

インドは経済発展の最中にあり、街は刻々と変わっていこうとしている。(私自身が「まだ」インドという国に投資したくない理由とは

それでも、大量の貧困層がまだ取り残されており、コルカタの街も高層マンションやショッピングモールが立ち並ぶ区域が出現しているのと同時に、完全に放置されて数十年前から何ひとつ変わらない地域もある。

インドが急激に変わるのはこれからだ。しかし、インドの雰囲気はまだまだ魅力的であり、エキゾチックでもある。私が大好きなコルカタの街や人の雰囲気を、今日は紹介したい。(鈴木傾城)






2018-01-06

貧困層も富裕層もみんなジャンクフードの虜になる現代社会

ドナルド・トランプ大統領は、典型的なアメリカ人で食生活はマクドナルドやステーキが主になっている。アメリカのメディアが「あまりにも身体に悪いのではないか」と特集を組むほどマクドナルド一辺倒だ。

資産家にして大統領の男がマクドナルドのようなジャンクフードを食べてコカコーラをガブ飲みするのだから、典型的なエスタブリッシュメントとはいささか雰囲気が違う。ワインを嗜み、フランス料理を食すわけではないのだ。

実は、マクドナルドとコカコーラが食生活の主軸になっている資産家はトランプ大統領だけでない。

典型的なアメリカ人は金持ちだろうが貧困層だろうがジャンクフード中毒と化している。

たとえば、ヒラリー・クリントンの夫、ビル・クリントン元大統領もまたジャンクフード中毒で、ジョギングに行くとヒラリーに嘘をついてマクドナルドに行っていた。

大統領候補だったミット・ロムニーもマクドナルド好きだが、その父親ジョージ・ロムニー元ミシガン州知事もマクドナルドが好きで、マクドナルドから特別なカードをもらってどこに行ってもマクドナルドを食べていた。(鈴木傾城)






2017-12-30

いつか判断ミスで窮地に堕ちるのは避けられないと覚悟する

生まれながらの貧困、不慮の事故、病気、深く長い不景気、国家破綻、内戦や戦争……。人間は自分の力ではどうにもならないことで人生が破綻してしまうこともある。

しかし、それだけではない。自分の人生を破壊するのは、まわりの環境だけでなく、実は「自分の判断」の積み重ねの結果でも起こり得る。

常識的に生きてきた人間の判断はだいたいは正しいことが多いのだが、それでも常に100%正しい判断ばかりを下せるわけではない。

すべての人間はどこかで判断を間違えて、自分で自分の人生に莫大な損害を与えることになる。自分の人生を追い詰めるのは、しばしば自分が下した自分の判断なのである。

たとえば、ギャンブルにのめり込む人は別に自分の人生を破壊しようと思ってのめり込んでいるのではない。むしろ、どん底の生活から逃れる唯一の方法としてそれにのめり込んでいる。

ちまちま働いていても現状は打破できない。しかし、ギャンブルで勝てば一発逆転できる。勝てば貧困から抜け出せる。勝てば借金も返せるし、欲しいものも買えるし、家賃も払えるし、食べたいものも食べられる。

勝てばすべてが解決すると考える。だから「勝つまでギャンブルをする」という判断をする。(鈴木傾城)






2017-06-07

「ただで分け与えるくらいなら捨てる」のが資本主義の論理

インドでは道ばたで朽ち落ちたように餓死して死んでいく貧困層もいる。

ユニセフが子供たちの環境について調査した結果を記した「プログレス・フォー・チルドレン」によると、インドの5歳未満児に占める発育障害の割合は46%もいるという。

発育障害は言ってみれば長期的な発育不良で体重が基準に満たない子供たちを指すのだが、その理由は栄養が足りないことに原因があることが多い。

そのため、病気にも罹りやすく運動機能の発達が遅れたり知能の発達が遅れたりする。

身長に対して体重が軽すぎることを「消耗症」と言うが、インドでは5歳未満児による消耗症児の割合も20%であり、これはユニセフが記録している世界の子供たちの中ではワースト3である。

インドではそれだけ「食べることができない人たち」が大勢いるということを、このユニセフのデータは示している。実際、飢餓人口の4分の1はインドに集中している。

ところで、インドの「市場」はどうなっているのだろうか。日中はひどく暑くなるインドでは朝早くにマーケットが開くのだが、そこに行くと驚くべき光景を目にすることになる。



 



お願い

  • ブラックアジア本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら