ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆いよいよ始まった。ウクライナ女性を標的とした人身売買 ◆最後にもっとおいしいもの食べさせてあげられなくてごめんね ◆母親によって売春を強要されている少女が、世界中に存在する ◆アフガニスタンの女性は、なぜ焼身自殺しようと思うのか
◆美しい女性は、肌の色も、文化も、宗教も、すべて超越する ◆不眠不休でも、疲労も死の恐怖もない。究極の戦争ドラッグ ◆積み木を壊し、人形の首をもぎ、死体を損壊する深層心理 ◆豊胸手術。美しさというのは、数学のように割り切れない

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-10-26

忘れてしまったアイデンティティ・ソングを探しにいく旅

自分という人間はひとりしかいない。自分と同じ人生、同じ経験、同じ感受性を持った人間は他にいない。だから、自分という存在は唯一無二のものである。

この「自分」という存在は、「これが自分だ」と認識する信念や概念が内包されている。これを自己同一性(アイデンティティ)と呼ぶ。

アイデンティティは「自分が何者であるのか」を常に問いかけて生まれてきたものである。だから、「何が自分らしいのか」というのは他人には分からない。自分らしさは自分で選ぶものなのである。

ところで、私たちは子供の頃から音楽を聞いて育ってきているのだが、その中で「この音楽は自分に合っている」と惹かれて離れられない曲を見つけたりする。

そうすると私たちは、意識的にも無意識にも、自分の選択した「大切な曲」の世界観に影響されて人生を生きていく。

こうした曲を、ウェブ・マガジン『ワイアード』は「アイデンティティ・ソング」と呼んでいた。自分を形作った曲という意味でワイアードは使っている。

自分を形作った曲……。あなたは、どんな曲を聞いて自分を形作ってきたのだろう。






2017-10-13

新しいことはすぐ忘れ、古いことは忘れない現象の意味とは

個人的な体験、個人的な秘密、子供の頃の想い出……。自分自身の体験の中で印象的なものは、自分の脳裏にしっかり刻み込まれて忘れられない。

子供の頃に母親と歩いた道、父親の何気ない言葉、小学校から家までの道順、一緒に遊んだ友達、学校の教室の光景、好きだった異性、好きだった店、好きだった食事、好きだったアイドル、好きだった物語。

今となっては、思い出せなくてもいいようなものを、ひとつひとつ記憶を辿っていくと断片が静かに浮かんでくるのではないだろうか。

こういった自分自身の体験からくる記憶を心理学では「エピソード記憶」と呼ぶ。自分自身で体験したエピソード記憶は、忘れにくいという特徴がある。

何が記憶に定着するのか分からないのだが、ふとしたことで何かを思い出すと、いったい自分がどうしてこんなものまで覚えているのかと驚くことにもなる。

私は、子供の頃に住んでいた家のまわりの道を事細かに覚えていて、そこにどんな花が咲いていて、その家が飼っていた犬や鳥の姿までを、まだ覚えている。

街は再開発の連続で、もう私の記憶していた光景は完全に消え去ったのだが、今でも私は子供の頃の近所の姿をまったく忘れていない。家と家のスキマを通った時の臭いまで覚えている。






2017-10-07

心が壊れていくのを「甘え」だと捉える風潮から自分を守れ

現代の複雑化した社会では、心を壊す多くの要因がまるで地雷原のように潜んでいる。

第三者にはとても些細に見えるものから、誰が見ても重いものまで、「心が壊れる」という結果は1つでも、そこに至る原因と経路はひとりひとり違っている。

倒産、リストラ、失職、多重債務、住宅ローン、借金の取り立て、連帯保証、生活苦、家庭崩壊、家族の死別、離婚、いじめ、性的虐待、家庭内暴力……。

失恋、アルコール依存、ギャンブル依存、人間関係、詐欺被害、犯罪被害、就職失敗、将来への絶望、病苦、仕事の失敗、ひきこもり、不倫、性同一性障害、災害、事故、定年退職、老衰、認知症……。

ありとあらゆるものが、心の破壊に結びつく。

人生は人それぞれ完全に違っており、考え方も感受性も価値感も同じ人はひとりもいない。だから、何に耐えられて何に耐えられないのかは人によって違う。

それなのに、本来の自分を殺しながら無防備に社会や会社や他人の価値感や生き方や規則に合わせていると、他人のために自分が壊されることもあり得る。






2017-07-17

時代は個人の人生を破壊する凶暴なエネルギーを持っている

未来という言葉の中には明るい雰囲気が含まれている。しかし、未来が常に明るいと考えるのは現実的ではない。

私たちの人生は、否が応でも時代に翻弄されてしまう。生まれた場所、生まれた時代が良ければ、自分の好きなことを追求して、自分の好きなように生きる人生もある。

逆に生まれた時代が悪ければ、生き延びることだけでも精一杯で、ときには個人の力ではどうにもならなくなって力尽きることもある。

恐ろしいのは、今がいくら輝いていても、それが最後まで続いていくとは限らないことだ。未来は必ずしも、良くなるとは誰も約束してくれていない。

たとえば、1920年代に生きていた人たちは稀に見る好景気の中で暮らし、「未来は夢がある」「未来には可能性がある」と考えていた。

ところが、1930年代に入ると、彼らの思いとは裏腹に、時代は一転して史上最悪の世界恐慌に突入していった。

この1920年代当時の人たちが味わった未来とは、失業と自殺の嵐だった。それが第二次世界大戦をも引き起こすことになった。当時、未来に輝きがあると考えていた人たちは、深い絶望の中に放り込まれたのだ。






2017-07-14

鈴木傾城は表社会の女性の99%に嫌われ避けられて当然だ

ハイエナの夜
私は数十年、数え切れないほど多くの東南アジアの女性たちの肉体に溺れてきた。

「もう駄目だ、これで終わりだ、今回で最後だ」と言いながら、それでも真夜中のストリートで見知らぬ女性にしがみつかれると、最後が最後でなくなった。

私をつかまえた女性の獲物を離さないと言いたげな強い視線、仕方なく浮かべている愛想笑い、彼女の髪から匂う安いボディーパウダーの香りが私を捉えて放さない。

"Pai duai"(一緒に行きたいわ)

東南アジアの褐色の肌がまとわりつき、無邪気にホテルに一緒に行くと言い張ると、彼女が何者かも知らないのに30分後にはもうベッドの中にいた。

それを1000回も2000回も3000回も、もはや記憶することが不可能なくらい何度も反復した。それでも私は足りなかった。

理論的に言えば、金を失い続けると最後にはゼロになる。

そのような理由から、自分の人生が長く持たないだろうという諦観のようなものを私は常に持っていた。このままでは40代には飢えた野良犬のようになって死ぬと覚悟した。



 


2017-07-02

普通の人は試さないが、やればできそうな30のセックス体位

セックス産業で生きている女性たちは、ベテランになると数千人の単位で新しい男たちと会い、性行為を繰り返す。

男の性癖は一様ではなく、男の好みも様々だ。だから女性たちは個々の男たちの奇妙な性癖に付き合わされることになる。そのためセックス産業で生きている女性たちと話をすると、時々おかしなことを聞くことも多い。

「こないだ、今までやったことのないスタイルのセックスをやらされた」

そんな話もよく聞く。奇妙なスタイルの中にはボンデージやコスプレのようなものも多いのだが、中には普通ではやらない体位を追求する方向に走る男もいるという。

日本の風俗嬢も「アダルトビデオに出てくるような無理やりな体位を試される」と、溜め息と共によく話す。

後で調べてみると、そうした体位を研究しているカップルも中にはいるのだという。「体位マニア」とでも言えばいいのだろうか……。

スポーツが好きなカップルは、セックスもスポーツ感覚で捉えてそうなるのかもしれない。

彼らの試す体位の多くはできそうにもないものだが、中にはできそうなものもある。普通の人は試さないが、やればできそうな30のセックス体位とはどんなものだろうか……。



 


2017-05-18

プノンペンのかつての売春地帯はもう行っても仕方がない

そこには行きたい気持ちがあったが、行きたくない気持ちも同時にあった。

70ストリート……。

私にとってプノンペンの70ストリートはとても特別な場所であり、特別な想い出に満ちている。

かつてこの場所は舗装されていない道と、沼地とスラムとバラック小屋が林立する凄まじいまでの売春ストリートが続いていて、東南アジアのダークサイドとはどんなところなのかを具現化したような場所だったのだ。

しかし、2004年にはすでにこの場所はどんどん再開発が進んでいて、もはや紅土が舞い上がる道も舗装され、さらにバラック小屋の多くは取り壊されて新しい建物に取り変わって光景は移ろいでいた。

今日、意を決してモトバイクの運転手に「70ストリートに行きたい」と告げて連れて行ってもらったが、私の最悪の予感は的中していた。

「ここだ」と言われた場所で止められたとき、私はその何の変哲もないプノンペンの道路の端で途方に暮れた。そこは私がまったく知らない場所になっていた。



 


2017-05-04

ベトナム御曹司が流出させた女たちの写真と昏睡セックス

台湾のある資産家の息子であったジャスティン・リーは、女優、モデル、ホステス、素人女性を片っ端から昏睡させてレイプし、それを動画に撮って保管していた。

ところが、なぜかそれが流出し台湾を揺るがす巨大スキャンダル事件となり、逮捕されたジャスティン・リーは209年の刑に処せられた。(30ギガの昏睡レイプ動画流出。ジャスティン・リー209年の刑

資産家の御曹司が、親が所有するありあまる金を湯水の如く使いまくって、薬物パーティー、乱交、高級車の暴走、傷害事件と、やりたい放題する姿は世界中どこでも見ることができる。

最近ではエネルギー飲料「レッドブル」の創始者の孫ウォラユット・ユーウィッタヤーがフェラーリを暴走させて警官を轢き、200メートル引きずって殺害したという事件もあった。

この甘やかさ放題の孫は過去にも交通事故を起こしているが、タイでは金持ちは逮捕されない国なので、今回もうやむやになる可能性が指摘されている。

こうした「金持ちの御曹司」のスキャンダルは東南アジアでも次々と起きているが、ベトナムでもある不動産コングロマリットの創始者の息子たちがセックス・スキャンダルを起こしている。

やりたい放題していた写真が「なぜか」流出した。それは、どんな写真だったのか?



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら