ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆堕ちた女性と一緒に、もっと深く堕ちていくのが好きだ ◆人はなぜ、クリスマスや年末に自殺したくなってしまうのか ◆台湾のビンロウ売りをする女性たちの、あまりに刺激的な恰好 ◆ゼノフォビア! 南アフリカで吹き荒れる地獄の人種差別
◆【投稿】私をダーリンと呼ぶようになった娘との熱いひと時 ◆ブラジルで、若い女性が殺されて解体され、ミートパイに ◆なぜ途上国では線路沿いのうるさい場所に人が住み着くのか ◆夜に出会った人間が信用できるかどうか10秒で確実に知る方法

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-06-22

インドで止まらないレイプと、頭を割られて殺された少女

閲覧注意
インドではレイプが多発する危険な国なのだが、2012年12月16日にバスの中で女性がレイプされて膣内を破壊されて殺された事件は国際的にも大きく取り上げられた。(インドで起きている残虐なレイプは増える可能性もある理由

それ以後、インドでは多くの女性が立ち上がって、「レイプ犯は死刑にしろ」というデモや抗議運動を起こしてインドの現状を変えようと試みてきた。

しかし、インドが変わった兆候はあまりない。

相変わらずインドでは激しいレイプが行われ、しかも女性はレイプの後に残虐な殺され方をする。

最近も、インドの首都デリーの近郊にあるグルガオン(現グルグラム)で、仕事帰りの35歳の女性が3人の男に車で拉致されて8時間にも及ぶレイプを受けていた。最後は路上にゴミのように捨てられた。

このグルガオンという都市はレイプ多発地帯として知られており、インド人も呆れて「グルガオンはレイプガオンという都市名に変更すべきだ」と言うようになっている。



 


2017-06-16

ほどよい無法地帯が生まれたら、やがてハイエナも現れる

東欧の女性が放り込まれている場末の売春宿というのは、女性がアルコールとドラッグで精神を麻痺された中、次から次へとやってくる男たちに、ひたすら抱かれ続けていくという殺伐としたものだった。(この殺伐とした売春宿の動画を見れば最底辺の地獄が分かる

貧困が拡散し、格差が広がり、政治家や警察が腐敗し、国家運営がうまく機能していない国がある。こうした「失敗国家」は世界中の棲息するハイエナに目をつけられる。

ここで言うハイエナとは動物のハイエナではない。麻薬や売春や退廃を求めて世界各国をさまよう男たちのことである。世の中には、そうした男たちの一群が存在するのである。

動物のハイエナは腐肉を食らう。それと同じく世の中には「社会矛盾」を嗅いで退廃を食らう男たちが存在する。

普通、国家運営に失敗し、破綻し、めちゃくちゃになった国家に行きたいと思う人はいない。

しかし、そこにドラッグや売春(セックス)が湧き出てくれば、そんな退廃を嗅ぎつけて寄って来る人間が出てくる。退廃と堕落と無法の自由を求めている闇の男たち。ハイエナと呼ばれる男たち……。



 


2017-06-14

女体カレー盛り。摘発されたデリヘルと女性の大量の画像

「女体盛り」という奇妙なものがある。

これは女性の身体の上に、刺身などの食べ物を載せて、それを食べるショーのひとつとして知られるもので、かつては遊郭で、最近では温泉街やショーパブなどで行われている。

日本だけでなく、世界中でこうした行為が行われているのは周知のことである。欧米ではキャビア、ケーキ、チョコレートを女性の身体に盛って、それを舐め取るような女体盛りもよく行われている。

もちろん、だいたいどこの国でも、「女性と食べ物を一緒にするのは不謹慎であり、不道徳でもあり、許されることはない」と良識ある人たちの顰蹙を買っている。女性への虐待だ、と言う人も多い。

しかし顰蹙を買いながらも、最近の女体盛りはアートにもなっていて、若い女性の経営者がこの女体盛りを真摯に運営するという動きもある。(https://www.nyotaimori.info/)

一方で下劣で眉をひそめるものもあるのも事実だ。2017年5月29日に売春防止法違反で摘発された東京渋谷区を拠点にするあるデリヘル店は何をしていたのか。

「鬼畜な華麗なる食卓コース」として、客が持ち込んだカレーを女性の身体に塗りたくって楽しむという「カレー女体盛り」のコースを用意していたのである。



 


2017-06-12

日本人を拉致監禁していた3人の男たちの裏側に見える闇

フィリピンで、ふたりの日本人が同じ日本人に殺害された事件があったばかりだ。(長浜博之が完全否定するパラワン日本人バラバラ殺人の裏側

今度はタイ・バンコクで日本人が同じ日本人を拉致監禁する事件が発覚している。

2017年6月9日、バンコクの警察当局はエカマイのソイ23に建つ「グランド・ハイテック・タワーマンション」の719号室で、縛られて拷問を受けていたひとりの日本人を救出し、3人の男を逮捕した。

誘拐、監禁、暴行で逮捕された3人もまた日本人だった。

小針政人(こばり・まさと)。
宮田清人(みやた・きよと)。
鶴添玲王(つるぞえ・れお)。

誘拐された日本人は日系企業に勤める55歳の駐在員だったのだが、「助けて欲しければ身代金3億円を払え」とか「クレジットカードの番号を言え」と脅され、バッドで足を殴られて骨折していた。

この3人の犯人はすでに、この駐在員を殺す準備もしており、黒いビニール袋、ノコギリなどが用意されていた。

55歳の駐在員はすでに誘拐されてから5日目に入っており、もう少し警察の救出が遅ければ殺されていた可能性があった。



 


2017-06-10

長浜博之が完全否定するパラワン日本人バラバラ殺人の裏側

2017年5月30日。フィリピンのブスアンガ島で、ふたりの日本人が行方不明になった。ひとりは大阪府出身の井谷勝さん59歳。もうひとりは茨城県出身の新井康寛さん24歳。

このふたりは島を周遊するための小型ボートでブスアンガ島コロンから海に出て近隣の島々に向かったのだが、その後ホテルに戻って来なかった。

ブスアンガ島とその周辺は小さな島々がたくさんある場所なのだが、手つかずの自然を愛する欧米人もたくさんいて、秘かな観光地になりつつある場所だった。

このふたりは「観光」でこの島を訪れていたと当初は報道されていた。この島には何もない。しかし、美しい海がある。欧米人の多くはダイビング・スポットとしてこの島を訪れる。

ふたりが予定時間になっても戻らなかったことから、ホテルの従業員は事故があったと判断し、警察に通報した。恐らく、ダイビング中に何か事故があったのではないかというのが当初の予測だった。

ところが6月2日、衝撃的な結末が明らかとなった。

ふたりの遺体がホテルから西に40キロほど離れたガロック島で発見されたのだが、遺体は背後から撃たれてバラバラにされて海に捨てられていたのだった。






2017-05-30

タイ女性の、奇妙なバラバラ遺体はこのようなものだった

閲覧注意
タイの歓楽街は、その多くが東北地方(イサーン)から来た女性たちで占められているのだが、イサーンは今も昔も「田舎」という印象で捉えられている。

コンケーンもまたそんなタイの田舎のひとつだ。この田舎にもほんのわずかだが、バービヤやMP(マッサージパーラー)やディスコなどが存在している。

タイの歓楽街を極めた男たちはこうした田舎にまで冒険に行くのだが、多くの男はがっかりしてバンコクに戻る。

なぜなら、美しい女たち、若い女たちのほとんどはバンコクやパタヤのような都会に出稼ぎに行っており、田舎にはあまり目を惹く女性が残っていないからだ。

それでもバンコクに行きたくない女性もいれば、バンコクに疲れて戻ってきた女性もいるわけで、若く美しい女性が皆無というわけでもない。周辺国から来た女性もいる。

「ポピー」という渾名(チューレン)で働いていた23歳の女性も、そんな可愛らしい女性のひとりだった。しかし、ある時から彼女は行方不明になった。

そして数日後、ポピーは悲惨な姿になって浅い土の中から発見された。死体はバラバラにされていた。その悲惨な写真がタイで出回っている。



 


2017-05-22

廃墟ビルの荒廃と売春する女性に依存する心の荒廃(1)

1999年前後、プノンペン南部にある「ブディン」を初めて見たとき、「こんな廃墟のビルに人が住めるのか」と驚いたものだった。

ブディンは今でこそ廃墟のビルだけを指している。しかし1999年当時のブディンは、この廃墟ビルの前と後ろは広大なバラック小屋のスラムがびっしりと密集していて、そのすべてを指してブディンと言っていた。

ブディンはプノンペンでひどく治安が悪い場所だった。それは今も変わっていないのかもしれないが、当時の状況を知っている人間から見れば今のブディンは治安が悪いと言っても大したことはない。

1999年頃のブディンは、銃を持ったチンピラ、ナイフを持った酔っ払い、軍用ライフルを持った兵士、腐敗した警官……と、危険な人間たちの見本市のようになっていて、よく怒声や銃声が響き渡る場所だった。

銃声が響くと言うのは言葉のアヤでも何でもなく事実だ。夜中のプノンペンは危険な街だった。

モニウォン通りのディスコでは喧嘩した現地の男たちが銃を撃ち合っていたし、ドイツ人は夜中に強盗に遭って抵抗したら銃に撃たれて病院に担ぎ込まれた。

当時は『ホリデー』というディスコにドラッグを売買する男が集まって日本人もたむろしていたのだが、ここでも日本人が現地の男に割ったビンで腹を刺されるという事件が起きていた。犯人は分かっていたが逮捕されなかった。理由がある。



 


2017-05-16

13年ぶりに悪徳の地プノンペンの空気を吸いたいと思った

久しぶりにカンボジアの首都プノンペンにいる。

カンボジアは私が東南アジアの中で最も好きだった国でもある。書籍『ブラックアジア第一部』でも、電子書籍での小説『スワイパー1999』もカンボジアが舞台だ。

1990年代から2001年頃まで、私はカンボジアに夢中だったと言っても過言ではない。ブラックアジアはカンボジアの売春地帯を描写するために生まれたサイトでもあった。

しかし、私が最後にカンボジアに行ったのが2004年頃だったので、もう13年もカンボジアとはご無沙汰になっているということになる。

カンボジアはこの10年が大きな経済発展を遂げる時代となったのだが、私はそれを見ないままカンボジアを捨てた。

東南アジアの原点のような雰囲気を残したカンボジアを、私が大好きだったにも関わらず、この国を意識して避けていたのは、大きな理由があったからだ。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら