ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆危険で異常な精神病質者が、あなたの隣にいるかもしれない ◆子宮の自由化。男に恐怖をもたらすタブー中のタブーとは ◆自傷の現場。傷ついた心は、他人が容易に踏み込めない世界 ◆インド女性によるヌードやポルノで社会が時代遅れになる
◆私を体力的にも精神的にも追い詰めた場所、ファリドプル ◆フィデル・カストロの死と停滞した社会と売春する女たち ◆ブルーナ・スルフィスチーニャ。ブラジルで最も有名な娼婦 ◆セックスの未来。ラブドールの進化はラブマシーンとなる

BLACKASIA - www.bllackz.net

2018-01-21

「デリヘルの共同経営者になりませんか?」と頼まれた日

デリヘルは誰でも開業できる。所轄の警察署に『無店舗型性風俗特殊営業開始届出書』を出すだけでいい。後は女性を集め、広告を出し、客を待てばいい。

もっとも、開業は簡単だが、それですぐに儲かるのかは、店のコンセプトや、女性の質や、経営手腕や、競争の有無にかかっている。

何の特徴もないようなデリヘルは、もはや大勢に埋もれて男たちの目に止まらない。何か「尖ったもの」がそこになければならない。

ある店は「超激安」を謳い、ある店は「18歳と19歳だけを集めた」と謳う。ある店は「高身長の女性だけを集めた」、ある店は「妊娠した女性だけを集めた」と喧伝する。

ある店は「タトゥーやピアスが入った女性だけを集めた」、そしてある店は「目隠しした女性に好きなことをしてもいい」……等々、そのコンセプトは多種多様でめまいがするほどだ。

これだけ多種多様であるというのは、もはや「普通」であれば他に埋もれて客の目に止まらず、すぐに経営に行き詰まってしまうからでもある。だから、コンセプトとアイデアが重要になる。そして、当たれば大きな収穫を得る。

数日前、「デリヘルの共同経営者になりませんか?」と誘い水をかけられた。「お時間がなければ、店の経営は私がやります。出資して頂ければ利益は折半でも構いません」



 


2018-01-17

HIV感染は防げるが風俗嬢が見殺しにされる理由とは?

日本の風俗は性病に無防備すぎる。ソープランドではコンドームなしの性行為が日常的に行われていたり、デリヘル等では精液を口で受けたりする。

こんな危険な性サービスが常態化していたのは、日本人は「病気にかかったら病気を治す」というのが常識として定着しているため、性病を持ったまま風俗を渡り歩く人が男女共に少ないからだと言える。

世界は違う。淋病にかかろうが、梅毒にかかろうが、尖圭コンジローマにかかろうが、HIVに感染しようが、それでも医者にかからない人が大勢いる。

貧困で医者にかかれない人もいるのだが、もともと身体の異常に無頓着な人も多い。性病の発症があっても、それを性病と認識しないこともある。

だから、性病を放置したままになりやすい。淋病も梅毒もエイズもいったんそこで流行すると、アウトブレイクするのはそのせいだ。

近年の日本は大量の外国人を受け入れており、欧米人からアジア人までが日本の風俗嬢を買い漁る状況になっている。無防備極まりない日本の性サービスと、性病に無頓着な外国人が出会うことによって何が起きるのかは火を見るより明らかだ。

日本の風俗嬢は、今後は性病地獄に陥るのである。



 


2018-01-11

アダルトビデオとテンガは、真夜中のハイエナを葬り去る?

2005年から発売開始され、たった1年で100万個を売り上げ、その後もあって激しい勢いで売り上げを伸ばして2017年には5200万個が発売されたという性具がある。

TENGA(テンガ)と呼ばれるものだ。ペニスをこの筒状になった性具を使って刺激し射精をする。

普通、こうした性具は繁華街の片隅にあるいかがわしい店で陰に隠れて買う粗悪品がほとんどであり、話題にあることもなければメディアに取り上げられることもない。

しかし、テンガはシンプルで上品なデザインになっており、質も追求されて、若者に爆発的人気となった。さらに2013年にはこのコンセプトで女性ものの性具が発売されて、売り出された時は圧倒的な人気でサーバーがダウンするほどの需要に見舞われた。

日本の若年層の意識はセックスではなく、進化したマスターベーションに向いていることが、こうした性具の爆発的流行で見えてくる。これに絡んで、若年層から次のような主旨のことを言われたことがある。

「今はAV(アダルトビデオ)や成人向けのゲームやバーチャル・リアリティのような進化があって、女性の膣よりも高性能な感覚を与えてくれるテンガのようなものも揃っている。それなら、リアルな女性と付き合ったりセックスをしたりするのは合理的ではないと思いませんか?」

これについて、私はこのように答えた。



 


2018-01-05

ネットカフェの女(2)22歳なのに、その人生はもう袋小路

ブラックアジア in ジャパン
「それにしても、ネットカフェで暮らすって大変だよね」

私が同情気味にそう言うと、「狭いし、臭いしね」と彼女はうなずいていたのだが、突如として「でも楽しいこともあるよ」と逆のことを言い出した。

「ネカフェにゃ女の子けっこういるからね。一緒にくっちゃべったりすることもあるよ」

「仲間がいるんだね」

「いる、いる、いる。それで、仕事の情報交換とかね。風(ふう)の仕事も私ができるなんて思わなかったけど、前にネカフェいた子が風俗やってて、その子がすっごい不細工なの。でも風やってんのね。あの子ができるんなら私もできるんじゃないとか思って激安を受けたら受かっちゃったから」

受かったと言っても、フリーのショートだと1回で2000円程度しか入らないような最底辺なのだが、彼女は気にもしていないようだった。

「デブは水は無理でも風はできるんだよね。分かってたら3年前にやってりゃ良かったな、とか思ったり。私さぁ、3年前は結構痩せてたんだよ、マジで……」

彼女はそう言って、自分の安物のスマートフォンで3年前に撮ったという写真を見せてくれたのだが、そこには今と比べると、ややマシな程度の彼女が写っていた。



 


2018-01-04

ネットカフェの女(1)彼女は鶯谷の激安デリヘルにいた

ブラックアジア in ジャパン
凄まじく激安のデリヘルが密集しているのは鶯谷が多いのだが、鶯谷は「安かろう悪かろう」の密集地でもある。

それでも30分で4000円もしないデリヘルもあったりするので、金はないが女を求めている男たちには一定の需要があって店はそれなりにやっていけている。

それにしても日本で約4000円で性サービスをする女性がいるというのは尋常ではない。これはタイの通貨で言うと1150バーツである。ゴーゴーバーのタイ女性は、もはやこの値段でペイバーを受ける女性はほとんどいない。

ストリート売春をする女性がこの値段で身体を売るが、タイの路上の女性たちと同じ値段で日本で性サービスをする女性たちが出てきているのだから、これはまぎれもなく価格破壊である。

彼女たちがいかに安い価格で身体を売っているのか分かる。ただし、こうしたデリヘルに「普通の女性」はほとんどいないというのは考えただけでも分かる。

30分で4000円だとすれば、これを店で折半したら女性に入るのは2000円でしかない。2000円で身体を売るというのは日本の物価で考えると絶対に割りが合わないというのが誰が考えても分かるはずだ。

しかし、2000円を手に入れるために身体を売る女性がいるのである。なぜか。



 


2018-01-01

2018年1月ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ

新年、あけましておめでとうございます。いつもブラックアジアをご愛読下さって感謝致します。今年も変わらずご愛顧の程よろしくお願い致します。

いよいよ2018年が始動しました。

2017年はアメリカのトランプ政権が本格的に始動して、大きな衝突をまき散らしながら対立の芽をあちこちにばらまいていた年でした。

今まで平和ボケを享受していた日本も、東アジア諸国の激しい反日と歴史プロパガンダによって、時代が変わろうとしています。2018年はこうした動きがより鮮明化し、激動の時代に入っていくのではないでしょうか。

激動が生まれれば、当然のことながら闇も広がっていきます。その闇は、憎悪であったり、暴力であったり、貧困であったりするのですが、いずれも社会の裏側にも大きな影響を与えるのは間違いありません。ここ数年来ずっと起きている社会の混乱や亀裂はますます深まるのは確実です。

ブラックアジアではそういった世の中のハードな動きをダークサイドの側から、あるいは女性たちの置かれている環境から、その都度切り取って考えていく予定です。

ブラックアジアは今月も新規会員を募集しております。まだ有料会員の登録をされていない方は、有料会員になって、ブラックアジアのすべての記事にアクセスしてみて下さい。お待ちしております。



ブラックアジアの登録はこちらから。



1年契約5,000円(システム登録時より365日間有効です)
1年限定で、自動更新機能はありません。









2017-12-25

全世界で年8000万人が罹患。不治の淋病が風俗嬢を襲う日

米疾病対策センター(CDC)は、梅毒がアメリカでも急増していることを報告している。

アメリカでは2000年には6000人だった梅毒患者は、2016年の時点で2万7800万人となっており、この期間で明らかに何らかの社会変化があって梅毒が蔓延するようになっているのは明らかだった。

アメリカのアンダーグラウンドで何か変わったことがあったのだろうか。アメリカのセックス産業はそれほど発展したわけでもなく、アメリカ人の性的行動がさらに過激になっていったわけではない。

しかし、それでも梅毒が大流行している。

深刻なのは梅毒だけでなく、淋病やクラミジアもまた爆発的に増えていることだ。しかも、その淋病は抗生物質が効かない「スーパー淋菌」だった。

日本では梅毒だけは異様なまでに増えているのだが、クラミジアや淋病についてはそれほど感染が広がっていない。

しかし、増えていないから安全というわけではなく、クラミジアは2016年のデータで年間2万4396件も報告されているので梅毒の約5倍以上の感染数である。他人事ではない。

ところで、アメリカはなぜ梅毒がこれほどまで増えているのだろうか。



 


2017-12-19

ソープランド店の火災と、環境が悪化する一方のソープ嬢

2017年12月17日の午後2時頃、さいたま市大宮区宮町のソープランド店「Kawaii大宮」から出火した。

このビルは40年以上も前に建てられた古い鉄筋コンクリートの3階建てビルだったが、改装を繰り返しながらソープランド店として経営が続いており、中は通路も階段も狭く、壁も薄く、安普請で燃えやすくなっていた。

1階と2階に個室が5部屋ずつ用意されており、3階は客の待合室と女性の待機室があるという、やや変則的な作りになっていた。

火が出たのは2階のゴミ捨て場だった可能性があると警察は調べている。火はゴミに燃え移り、激しい黒煙を吐き出しながら廊下を焼き尽くし、やがて南側の天井に燃え移って3階にまで火と煙が到達した。

3階には待合室にいた男性と待機室にいた女性が逃げ遅れ、ひとりは性別すらも判別できないほど黒焦げになって焼けて死亡、さらに煙を吸って心肺停止状態になった客1人と女性2人が病院で死亡した。

3階には非常階段があったはずなのだが撤去されてなくなっており、扉も開かないようになっていた。つまり、3階で待機していた客とソープ嬢は逃げようとしても逃げ道がなかったということになる。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら