ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆カンボジアの広大なゴミ処理場はこれからも子供たちが働く ◆寂しがり屋のクーン。彼女が見つけたのはフェラチオの仕事 ◆私を体力的にも精神的にも追い詰めた場所、ファリドプル ◆スモーキー・マウンテン。ゴミまみれで絶望的な、貧困の象徴
◆虎穴に入らなければ闇に潜む愛しい女たちは手に入らない ◆世界有数の巨大売春地帯カマティプラが縮小化しつつある ◆彼らは運が悪かった。自分が殺されてもおかしくなかった…… ◆タトゥーが過激になっていくアンダーグラウンドの女たち

BLACKASIA - www.bllackz.net

2017-10-24

高身長の女性が敬遠される理由と、高身長の女性を好む男

タイの売春地帯パタヤのオープンバーでだらしなく時間を潰していた時、身長が180センチ近いタイ女性がいたのを見たことがあった。小柄な女性が多いタイで彼女は目立った。

タイでは身長が高いとレディーボーイを疑うのだが、彼女は正真正銘の女性で、いつも「私はレディーボーイじゃない」とまわりの男に言っていた。

彼女は確かにレディーボーイではなかったが、彼女をペイバー(連れ出し)する男は私が知っている限りただのひとりもいなかった。

髪はうまくセットされておらず、化粧も雑で、服装も普段着のままで、夜の女としての魅力はやや欠けており、彼女自身もペイバーされるのを完全にあきらめているようだった。

こうした大柄の女性を好むファランも多いのだが、彼女はほとんど相手にされない。それでも健気に毎晩オープンバーにやってきて、他の女性が取った注文の飲み物を用意して、所在なげにカウンターの奥に座っているのだった。

数ヶ月後にこのバーに訪れた時、もう彼女の姿は消えていた。大柄な彼女はどこにいても目立つので、他のバーで働いていたのなら目にしたはずだが、二度と彼女を見ることはなかった。

もし、彼女がきちんと体型をコントロールし、化粧をして派手に変身したら、彼女はペイバーされるようになっただろうか。もしかしたら、難しかったかもしれない。



 


2017-10-22

女に食わせてもらうためにやっている男たちの手口とは?

この世には、女たちの肉体を食い漁る男とは別に、女たちに寄生して吸血コウモリのように「金」を吸い続ける男たちの存在がある。

あるデリヘル嬢と、こうした男たちのことを話していた時、彼女はこのようなことを言った。

「優しく金を巻き上げるのがホスト、暴力的に金を巻き上げるのがDV男、寄生して金を巻き上げるのがヒモ……」

彼女に言わせれば、この中で一番最悪なのがDV男(家庭内暴力を振るう男)なのだが、「優しいお客さんと結婚した風俗嬢はたくさんいるんだけど、結婚したらみんなDV男になってるの」と私に言った。

風俗嬢が好きになるのかホスト、好かれるのがDV男、付き合ったらヒモになるということだ。

風俗嬢は金を稼ぐ。金を稼ぐところには悪人が寄ってくる。売春地帯やセックス産業は、本当に真面目で清廉潔癖な男は近寄らないので、男たちを分類すると悪人の比率が高い。

風俗嬢と結婚する男が家庭内暴力を振るう男の比率が高いとしても、それは驚きではない。アンダーグラウンドとはそんな世界だ。

男たちは言葉巧みに愛を囁いたり君臨したりして、女たちが稼いだ金を毟り取っていく。その手口は一様ではないのだが類型パターンもある。



 


2017-10-21

プロの風俗嬢より素人の浮気相手が既婚女性に嫌われる理由

ひとり暮らしの女性は社会的に不利な立場にある。これは世界中どこでもそうだし日本もそうだ。

日本は、シングルマザーの貧困率がOECDで先進国最悪の状況にある。これは、日本では女性がひとりで生きるのはかなり不利な社会的構造になっていることを意味している。

様々な複合的な理由が重なっている。

日本の社会では依然として女性の賃金が低く設定されていることも多い。妊娠・出産・子育ての期間は経済活動の第一線から離れなければならないのだが、社会的に救済措置がない。

さらに日本では村制度も大家族制も否定されて核家族に突き進んだので、シングルマザーはまわりからも自分の両親からも支援が受けられなくなっている。

本来であれば夫に扶養してもらわなければならないのだが、日本は「恋愛至上主義」になったので、愛が冷めたら関係をつなぎ止めるものは何もなく、3組に1組は離婚する社会になった。つまり、妻子は捨てられやすくなった。

そして、妻子を捨てた男は本来払うべき養育費を払わないで逃げることが多く、女性は取り立てることもできない。その上、男自身が格差社会の中で貧困化しており、取り立てる金もなかったりする。






2017-10-18

玉の輿。金持ちの男に次々と出会う奇妙な「職場」がある

先日、ダークネスのメルマガの中で、女性が不労所得を得るための方法として「玉の輿」があると書いた。(なぜサラリーマンの「不労所得で暮らしたい」は危険なのか?

「玉の輿」というのは、金持ちに身請けされて結婚することだ。貧困に苦しむ女性にとって、玉の輿に乗るというのは今も昔も一世一代の大逆転である。

どんな女性が玉の輿に乗れるのか。一般的には、誰もが認める絶世の美人である。

世の中には、振り返って見つめずにはおられない信じられないような美貌を持った女性が稀に存在する。

こうした女性が金持ちの御曹司にどこかで会ったりすると一目惚れされて、強引に迫られ、結婚に至ったりする。強引と言っても金持ちの男に求婚されて拒む女性はほとんどいない。

愛があろうがなかろうが、金持ちと結婚すればその後の人生は悠々自適になるからである。

しかし、財閥の御曹司はそんなに存在するわけでもないし、上流階級は上流階級と付き合うのが一般的だから、玉の輿はほとんどない。玉の輿どころか、年収1000万円の男と結婚することさえ普通は難しい。

ところが、世の中は面白いこともいろいろある。



 


2017-10-16

今後、デリヘルから出会い系の売春の闇世界に潜っていく

ブラックアジア in ジャパン
デリヘルの女たちは、確かに悲惨な境遇の女性もいる。しかし、実のところ「ごく普通の女性」の方が多いように見える。

「普通」と言っても、何を指して普通の女性と言うのかと言われれば、厳格な定義を持っているわけではない。

あえて言えば、昼職と兼業して足りない分を風俗で稼ぐタイプであったり、受け答えがしっかりして容姿もメイクも服装もきちんとしていたりする女性であれば、「普通の女性」と私は捉えている。

デリヘルの女性で「普通ではない」と感じるのは、極端な安売りをしているデリヘル嬢だ。格安デリヘルは1本で手に入る金が5000円程度であったりすることもあり、それなのに撮影やアナルセックスまで無料になっている。

格安風俗は、もはや他では雇ってもらえないような女性がそこに集まって、殺伐とした性行為で生計を立てている。

しかし、中級・高級になっていくと、女性はどんどん「普通」になり、常識をわきまえているどころか、国外の高級コールガール並みの気配りができる女性もいる。

全体的に見ると、デリヘルの女たちは多少の個性があったとしても、総じて「普通の女性」である。では「出会い系」の女性はどうなのか。それは、私もまったく知らない世界だ。



 


2017-10-14

「仕事が欲しければ俺と寝ろ」役職を持った男と性欲の闇

映画制作会社「ミラマックス」の創業者であるハーベイ・ワインスタインというハリウッドを代表する大物プロデューサーが、30年に渡って恒常的に若手女優や自社社員の女性社員に「仕事が欲しければ俺と寝ろ」式のセクハラを行っていたことが明るみに出た。

今、この「事件」はアメリカを揺るがす一大スキャンダルとなって一流紙からタブロイド紙までがこぞって取り上げるネタとなっている。

ハーベイ・ワインスタインは映画業界では圧倒的な権力を持つ男だ。自分の映画にどの女優を使うのか、どの役を与えるのか、映画にはどれくらいの金を使うのか、すべてを管理する。

業界を牛耳っている男のひとりであり、この男の要求を拒絶すると女優は業界にいられなくなる可能性もある。自分のキャリアは、この男の一存にかかっている。

そんな強大な影響力と権力を持った男が「打ち合わせはホテルの部屋でふたりきりで行う」だとか「全裸で俺をマッサージしてくれ」とか「俺がシャワーを浴びているのを見てくれ」等々を新人女優や自社の女性社員に言っていたのである。

30年という長い期間、権力者ハーベイ・ワインスタインは自由だった。この男との間に「何があったのか」を、若い女性たちは口をつぐんで何も話さなかった。



 


2017-10-13

新しいことはすぐ忘れ、古いことは忘れない現象の意味とは

個人的な体験、個人的な秘密、子供の頃の想い出……。自分自身の体験の中で印象的なものは、自分の脳裏にしっかり刻み込まれて忘れられない。

子供の頃に母親と歩いた道、父親の何気ない言葉、小学校から家までの道順、一緒に遊んだ友達、学校の教室の光景、好きだった異性、好きだった店、好きだった食事、好きだったアイドル、好きだった物語。

今となっては、思い出せなくてもいいようなものを、ひとつひとつ記憶を辿っていくと断片が静かに浮かんでくるのではないだろうか。

こういった自分自身の体験からくる記憶を心理学では「エピソード記憶」と呼ぶ。自分自身で体験したエピソード記憶は、忘れにくいという特徴がある。

何が記憶に定着するのか分からないのだが、ふとしたことで何かを思い出すと、いったい自分がどうしてこんなものまで覚えているのかと驚くことにもなる。

私は、子供の頃に住んでいた家のまわりの道を事細かに覚えていて、そこにどんな花が咲いていて、その家が飼っていた犬や鳥の姿までを、まだ覚えている。

街は再開発の連続で、もう私の記憶していた光景は完全に消え去ったのだが、今でも私は子供の頃の近所の姿をまったく忘れていない。家と家のスキマを通った時の臭いまで覚えている。






2017-10-02

ソープランド嬢の本当の地獄がこれから始まる理由とは?

2017年9月19日、西日本新聞は『危機的状況。九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多』というタイトルで記事を出している。

HIV感染者、エイズ患者の新規報告者数が2015年と比べて61%も増えて一気に計92人になっていた。この内訳については9割が日本人ということなので、日本人83人、外国人9人が新たに陽性になったということになる。

また6割が同性間性的接触、4割が異性間性的接触ということなので、55人が同性間で感染、37人が異性間で感染したという状況だ。

このニュースはアンダーグラウンドで瞬く間に拡散されて、一種の「九州パニック」のようなものが起きていた。

理由は言うまでもない。同性間性的接触と異性間性的接触のいずれも、売春や風俗が感染の現場になっていることは明白だからだ。

特に4割の異性間性的接触は、すべて「風俗嬢が関わっている」と考えて間違いない。HIV感染は不特定多数の性的接触が行われている現場で感染する。業種で言えば、膣内射精を受け入れるソープランドが最も危険だ。

しかし、「九州パニック」に落ちたほとんどのソープ嬢は、もっと大きな事実を見逃していることを私は確認していた。彼女たちは重要なことを見逃していた。



 



お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら