ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆裸になってトイレの床に座り込み便器で洗濯する娘もいた ◆神社参りは「性行為」の象徴であることを忘れた日本人 ◆メキシコは今でもヤバい国だが、今後はもっとヤバくなる ◆プライバシー、セックス、すべて完全流出する日が訪れる
◆サラ。楽しければ楽しいほど、あとで感じる寂寥感は深い ◆貧困層が増えたら、その次に増えるのはドラッグ依存者だ ◆インドでは、床に食事をよそわれて食べる貧困女性もいる ◆世界のアンダーグラウンドでは、今でもシンナー吸引が流行

BLACKASIA - www.bllackz.net


有料会員のご登録は、こちらから


ブラックアジア・記事リスト


恋人が他人のペニスを舐める風俗業を黙認する男は最低か?
社会の最底辺を野良犬のようにうろうろしているとすぐに気付くのは、最底辺は決して知的で賢明で秩序を好む...
不運の中で改心して「正しい人」になるのは意味がない判断
妙な話だが、地獄に堕ちてもそれなりに生きられる人もいる。たとえば若くしてドロップアウトして、仕事もし...
【投稿】日本人が知らない雲南省河口・ラオカイ売春地帯
(読者ガウ氏より、投稿を頂いております)ガウ氏には、以前にもこの地区のレポートを頂いております。河口...
私の人生の流浪とその時々を描写した書籍・電子書籍のこと
私は今も昼夜逆転の生活をしている。これはもう治せない。では、真夜中に起きて何をしているのか。何かを書...
フェミニストが何をしてもセックス産業が生き残る理由
日本に風俗店がどれくらいあるのか。2014年の性風俗関連特殊営業の数字を拾うと次のようになっている。...
完璧主義。やる意味のないことを完璧にやっても意味がない
完璧主義は自分を成長させる原動力になり、対外的には大きな競争力になる。有名人でもその完璧主義者である...
抜けられない真っ赤な女たちと一緒に、最底辺を這い回る
水商売や風俗で生きている母親を見て育った娘は、やはり水商売や風俗で生きるようになることが多いのはよく...
「発展の取りこぼし」が路地裏にたくさんあることの幸せ
海外に向かうと、その国の代表する都市や観光地よりも、名も知らない郊外や、何気ない普通の住宅地や、発展...
「一家を皆殺しにするのは良いこと」と思う心理状態とは
閲覧注意アメリカで、ある強盗が押し入った家で、一家を皆殺しにしたという事件があった。最初は父親だけを...
時代は個人の人生を破壊する凶暴なエネルギーを持っている
未来という言葉の中には明るい雰囲気が含まれている。しかし、未来が常に明るいと考えるのは現実的ではない...
ストレスと孤独を抱えた人がゆきずりセックスを好む理由
人は誰でも過大なストレスを抱えて、精神が破壊されそうな瞬間がある。逃れられないストレスに激しい精神的...
ネットから繊細な人の生きる場所が消えて荒廃が幅を利かす
ドナルド・トランプが大統領に立候補してから、トランプのまわりは罵詈雑言と中傷と口論の嵐となっている。...
鈴木傾城は表社会の女性の99%に嫌われ避けられて当然だ
ハイエナの夜私は数十年、数え切れないほど多くの東南アジアの女性たちの肉体に溺れてきた。「もう駄目だ、...
大勢の女性に子供を生ませても批判されない合法的な手段
現在は超格差の時代であり、経営者や企業のオーナーや大株主は1000億円、2000億円、あるいは1兆円...
母子家庭。ひとつ踏み外すと、いつでも地獄が待っている
母子家庭は日本ではどれくらい存在するのか。厚生労働省の「平成27年・国民生活基礎調査の概況」を確認す...
超重篤な自傷行為。自分を傷つけ続ける女性の衝撃の傷痕
閲覧注意2012年9月15日に刊行されている「日本公衛誌第9号」では自傷行為についての実態の貴重な統...
ヘンリー・ダーガーは部屋に閉じこもって何を生み出したか
奇妙な男がいる。物心が付くか付かないかの時期、4歳になる直前に母を亡くし、あまりにも貧しすぎて8歳の...
セックスの仕事をする女性は、それをいつまで続けるのか
セックスは肉体労働だ。肉体を動かすための動力は筋肉が担っている。その筋肉の働きを調べるには「持久力」...
表社会で生きられなくなったら、野生動物を見習って生きよ
表側の社会からドロップアウトし、そこから外れて生きるのであれば、表社会で培った常識も捨てなければなら...
現代の女性の異様な巨大ヒップは何を意味しているのか?
SNSとユーチューブの時代になり、誰もがインターネットに「自分自身」をアップできるようになった今、女...
巨大な災害は、地方を最初に荒廃させて最後に都市部を襲う
2017年7月5日から九州地方に凄まじい豪雨が襲いかかっており、河川の氾濫で43万人以上に避難指示が...
生理フェチ。奇妙な性癖を持った男と、それに応える女性
女性にとって生理は毎月の日常だが、それを男に開けっぴろげに見せることはない。生理が来ても男に悟られな...
貯金を食い潰す子供に疲れて法的な排除を望む親も増える?
2017年7月3日、兵庫県で少し奇妙な事件が起きている。無職の男が県迷惑防止条例違反で逮捕されたとい...
なぜ悪い男と別れられないのか。ある女性の血みどろの死
閲覧注意ブラジルでは女性に対する暴力は直接的かつ残虐で、特に自分の元ガールフレンドや元妻に対する報復...
普通の人は試さないが、やればできそうな30のセックス体位
セックス産業で生きている女性たちは、ベテランになると数千人の単位で新しい男たちと会い、性行為を繰り返...
2017年7月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ
7月になりました。ブラックアジアは紆余曲折を経ながら今も続いておりますが、これからも長く続けて行きた...
満員電車の痴漢では、何が男の自制心を喪失させたのか?
最近、満員電車の中での痴漢行為がいくつもの波乱を呼んでいる。女性に痴漢だと言われた時、男が「その場か...
アーリーリタイアしても、必ずしも幸せになるわけではない
マネーボイスに私の文章『身ぐるみ剥がれた日本人は「海外リタイア生活」の最期に何を見たのか?=鈴木傾城...
業者に撮られてネット上に流出した60人の女性の全裸写真
私の知っているあるAV女優は「自分からプロダクションに行った」と笑った。(AV女優(1)。スカウトで...
生活を落としても生き残る「したたかさ」を身につける方法
現在よりもダウングレードした環境で生き残らなければならない状況に、私たちはいつでも陥る可能性がある。...
コカイン娼婦。コカインで異常を呈している売春少女の姿
メキシコは狂気のドラッグ大国だ。このメキシコの凄まじい現状についてはこちらで取り上げた。(「殺戮大陸...
地獄から這い上がれない人間にも捨て身の夢の叶え方がある
「面白おかしく好きに楽しく生きたい」と誰もが考える。しかし、それでも私たちは自分自身にブレーキをかけ...
スキンヘッドの女性に、あなたは魅力を感じるだろうか?
私は髪の長い女性に惹かれるが、だからと言って髪の短い女性が嫌いなわけではない。髪の長さも女性の個性な...
インドで止まらないレイプと、頭を割られて殺された少女
閲覧注意インドではレイプが多発する危険な国なのだが、2012年12月16日にバスの中で女性がレイプさ...
「死にたい」というのは理想。「死ねない」というのが現実
イギリスのロック・グループである「The Who」のピート・タウンゼントは、大ヒットした曲「マイ・ジ...
ホリデー・ホラー。ファランが次々と死ぬパタヤのホテル
2016年5月、パタヤでひとりの男が姿を消した。スコット・バルフォーという元兵士で35歳のスコットラ...
電子書籍『デリヘル嬢と会う』アマゾン・キンドルにて発売
ブラックアジアでは2015年から「ブラックアジア・イン・ジャパン」として、日本の風俗の中心となってい...
この動画の老人が若い女性と性行為して手に入れたいもの
インドネシアで高齢の華僑の老人がビデオをセットして若いインドネシア女性の愛人との性行為を撮った粗い動...
3秒に1人を殺す細菌が性産業の女性を皆殺しにするのか?
ここ数年、医学界が強く懸念していることがあるという。それは次のような事態だ。 「もはや既存の抗生物...
ほどよい無法地帯が生まれたら、やがてハイエナも現れる
東欧の女性が放り込まれている場末の売春宿というのは、女性がアルコールとドラッグで精神を麻痺された中、...

1
2
3
4
5
6
7
8
9









お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら