ブラックアジア - 注目のランダム・トピックス
◆アフガニスタンの女性は、なぜ焼身自殺しようと思うのか ◆2000年1月に自殺した少女が欧州の売春地獄を知らしめた ◆レイプして殺した女性の死体をさらに貶める男の女性憎悪 ◆「他人の妻」と「自分の妻」では快楽のレベルは違うのか?
◆愛ある売春と、金目当ての結婚と、アンナ・ニコール・スミス ◆売春地帯パタヤ。ポルノを見ながら全裸で死亡した米国人 ◆たったひとつのセミヌードが、取り返しがつかない事態に ◆愛によって殺されるのではなく身勝手な独占欲で殺される

BLACKASIA - www.bllackz.net


有料会員のご登録は、こちらから


ブラックアジア・記事リスト


デリヘル店アルカディアの経営者逮捕と、その裏側の事情
2017年3月23日。東京都板橋区に住んでいた38歳の中国人の男が逮捕されている。孫偉偉(スン・ウェ...
時代に潰されていく者は藁でも成功哲学でもすがりつきたい
私たちは、何をしても昔よりも成功しにくい時代になって来ている。目的は果たすことができず、夢は実現でき...
ジャカルタにある「線路沿い売春宿」は生き残っていた
インドネシアは、社会派のジョコ・ウィドド大統領になってから、目に見えて経済成長するようになり、政治的...
自分の脳と人生を利用して人為的に深い陶酔を引き出す方法
ドラッグの引きずり込まれるような陶酔とは違うが、自然で心地良い、そして甘酸っぱい気分になるような陶酔...
アレックス。ヘロイン依存の売春ストリッパーの転落人生
ドナルド・トランプ大統領がアメリカとメキシコの国境に壁を作りたいと言っているのは、メキシコから大量に...
フィリピンは治安が悪いが、絶対に殺されるわけではない
国外では治安が悪い国が多いのだが、東南アジアもまた治安が悪い国としてタイやフィリピンがよく上げられる...
アダルトビデオ業界はいよいよ首が絞められていく流れに
2016年から、いよいよAV(アダルトビデオ)業界の摘発が本格的になっていることを知らない人はいない...
人間の心を破壊する危険な社会は、とっくに到来していた
世界中でワーキングプアが広がっている。この流れは日本にも浸透しており、今や若年層だけではなく中高年の...
売春地帯には大虐殺の中で両親が殺された女性さえもいる
閲覧注意インドネシアのカリマンタン島には、「人食い族」「首狩り族」と呼ばれていたジャングルの原住民が...
「ゴミ部屋にする人は単にだらしがない」は正しい見方か?
私はカンボジアでもインドでも、ゴミ捨て場に暮らしている人たちと会っている。ゴミまみれの中で暮らしてい...
スマートドラッグ。うまくやれば天才、下手をすれば廃人
眠気を吹き飛ばし、気分を高揚させ、覚醒を保ち、バリバリと仕事や勉強がこなせる。尋常でない集中力が得ら...
言いがかりでレイプ。イラン女性が道徳警察を恐れる理由
イランはイスラムの法に則って道徳に厳しい国家であるというのは誰でも知っているのだが、どれくらい厳しい...
貧困層だけが「安物」を食べて早死にしていく社会となった
私たちの給料は決まっている。毎日その決まった給料の中で生活をしなければならないので、しっかりした人ほ...
なぜ夜の世界では、嘘のつける女性が素晴らしい女性か?
ハイエナの夜人はあまり意識していないのだが、私たちは2つのまったく違う異世界を同時並行で生きている。...
圧倒的に優秀な人間が勝利を手に入れるわけではない現実
アメリカはベトナム戦争で手痛い敗北を味わったが、このベトナム戦争を率いていたのは国防長官であったロバ...
家族の誰かが女装していたら、あなたは許容するだろうか?
ところで、あなたは女装したことがあるだろうか。あるいは、家族の誰かが女装していたら、あなたは「きれい...
電子書籍『真夜中のカリマンタン島』をアマゾンにて発売中
アマゾン・キンドルで売春地帯の小説をひとつアップしました。『真夜中のカリマンタン島(誰も知らない。ヘ...
下手にアンダーグラウンドに飛び込むと人格崩壊も起きる
女性が売春ビジネスや風俗の仕事を決意するには、「罪悪感」を乗り越える必要がある。その罪悪感は、アンダ...
電子書籍プレゼント15日まで。『真夜中のカリマンタン島』
(このプレゼント企画は終了しました)今年は電子書籍をたくさん出すつもりですが、今度は数日中に書き下ろ...
自分のパートナーを「スペック」で選ぶことの落とし穴とは?
インターネットは社会の多くを変革してきたが、「出会い」についても大きなインパクトを与えてきた。人々は...
HIV感染者の道連れセックスは、日本女性が標的になる
中央ヨーロッパに位置するチェコ共和国は目立たない国だ。首都プラハもあまり目立つこともなく、世界から忘...
美少女アニメで見た「炎の妖精」になりたかった少女ソーニャ
閲覧注意(一部から、子供に関わる内容を扱っているのに記事内容と写真が強すぎて間違えて見た子供に大きな...
タイの売春地帯は、日本人にとって遠い世界になるのか?
今でもタイは物価が安いというのは事実である。だからこそ多くのバックパッカーが長旅を求めてやってくる。...
ワンマイ、美貌の21歳。今のラオス人はここまで美しくなった
2001年、シンガポールの売春地帯であるゲイランをさまよい歩いている時のことだが、今でも覚えているこ...
たった1つのゴミが、女性の死を招いたかもしれない理由
閲覧注意ゴミはどこに捨てるのか。それはゴミ箱だ。では、近くにゴミ箱がなければ、人はどこにゴミを捨てる...
壊れた家族と、取り残される母親と、貧困に苦しむ子供たち
現在、日本は子供の6人に1人が貧困であると言われているのだが、貧困に堕ちる子供たちの少なからずは「ひ...
「16歳の少女と性行為は違法」が永遠に続くとは限らない
「16歳の少女との性行為は今は違法だが、それが永遠に続くとは限らない」などと発言すればどうなるだろう...
インド女性は世界一美しいのだが太りやすいと言われている
インド女性は若い頃は非常に美しいのだが、それが三十路に入る頃になると一変していることが多い。突如とし...
サラ。楽しければ楽しいほど、あとで感じる寂寥感は深い
ハイエナの夜2017年2月26日、ひとりの読者からメールを頂いた。ブラックアジアを開始して、インドネ...
2017年3月。ブラックアジア有料メンバーの募集のお知らせ
2000年頃、貧困と言ってもまだ多くの日本人はどこか他人事のような態度がありました。「一生懸命に働い...
世界で最も腐敗汚職がひどい国トップ20。アジアではどこか?
あなたは警察に賄賂を要求されたり、賄賂を支払ったりした経験はあるだろうか。日本で警察と関わると言えば...
メキシコは今でもヤバい国だが、今後はもっとヤバくなる
閲覧注意ドナルド・トランプが大統領になったら、大混乱に落ちる国があると前もって言われていた。それはメ...
最新の日本人の国際結婚の状況はどのようになっているのか
国際結婚に関して、厚生労働省が出している統計データで最新のものは2015年のものだが、これを見ると、...
売春摘発の密着取材で、テレビに写っていたのは妻だった
ごく普通の家庭の主婦に見える女性が秘密を抱えているというのは珍しくない。夫に内緒で売春や風俗で稼ぐ女...
ダークネスDUAからブラックアジアの方に移行した記事はこちら
ダークネスDUAからほとんどの記事をダークネスTIGAの方に移しましたが、一部はブラックアジアの方が...
京本大我という芸能人二世が起こしていた風俗嬢レイプ
2017年3月7日発売号の週刊誌FLASHで、「京本大我」というジャニーズ事務所に所属する芸能人がマ...
売春都市パタヤを粛清(パージ)しろ。プラユット首相の命令
パタヤは観光都市として脱皮しようとしているが、それでもこの都市は今も売春にまみれている。そこは熱帯の...
障害者専用デリヘル嬢は自分の仕事をどう思っているのか?
ブラックアジア in ジャパン私の目の前に現れた女性は、30代を少し過ぎた「ごく普通の女性」だった。...
新宿歌舞伎町の「嬰児生み捨て事件」から社会の底辺を窺う
ここ1年、「ブラックアジア・イン・ジャパン」のために、しばしば新宿歌舞伎町をうろついている。(日本の...
「バッカスおばさん」と呼ばれる韓国の高齢売春婦の地獄
韓国には「バッカス」という名前の滋養強壮剤がある。例によって日本の滋養強壮剤「リポビタンD」のパクリ...

1
2
3
4
5
6
7
8
9









お願い

  • ブラックアジア本文の全面転載は、いかなる理由があってもお断りします。
  • 本文の舞台、参考になる写真がありましたら、提供いただければ嬉しく思います。感想やご意見も、お待ちしております。趣旨に合うものについては、積極的に反映していきたいと考えております。(メールはこちら